東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/6/18

6月18日  

午後6時 渋谷にて書籍の打ち合わせ
初校のイージーミスから デザイン 紙質 ロゴ レイアウトのことまで
細かいところまで詰めていく
僕の発案によるちょっと気の利いた「撮影」は
僕が携帯に撮っておいたイメージから採用させてもらった

その後 彼らと軽く飲みに






2007/6/18

素晴らしき也、ニック ロウ  

ニック ロウの実に久しぶりのアルバム at my age が素晴らしい仕上がり!
「インポッシブル バード」以降の 枯れて落ち着いた路線をまさに極めたという
感じ at my age というアルバムタイトルが まさに内容を物語っている

アメリカ音楽への憧れからキャリアをスタートさせ
パブ ロックの時代を生き
パンク/ニューウェイヴのシーンにも微妙な影響力を与えたロウが
まるで世捨て人のように
自分や 今という時代にじっくりと向き合っている
その歩調が なんだかすごくいい

旧友クリッシー ハインド(姉御、いい感じっす!)と邂逅した曲もあれば
ジョニー キャッシュ気取りの2ビート カントリーもある
メンフィス ソウル〜ハイ サウンドを思いっきり引き寄せた曲もいい

なかには「ローマは一日にしてならず」なんていうタイトルの曲も、、、

かつては自虐と毒に満たされた音楽を作っていた彼だが
本作でのニック ロウは  近作同様にとても慎ましい
サウンドに関しても 一切の無駄がなく
最小限の音が 最高に結晶していく様子を見事に映し出している

このアルバムがなくても 明日という日はきっとやってくるだろうが
このアルバムとともに明日を歩める人は
ひょっとしたら幸せかもしれない













2007/6/17

ネット環境、復旧しました!  

長らくご迷惑をお掛けしました
本日午後 無事ネット環境が再度整いました
その間 メールを頂いた方のデータを
バックアップし 拝見することも出来ましたので
ご安心ください!

これでネットカフェや図書館から書き込みやチェックを
しなくてもいいかと思うと、、、 嬉しいですね!
それにしても4月に新しいMac Bookを購入したばかりだというのに
この失態は「どうするんねん?」^ー^
今日 マッキントッシュのカスタマーセンターと電話しながら
復旧に向けての一連の作業をいたんだけど
なんと2時間40分もの長電話になってしまった
ああ 疲れた

ところで「ロック クラシック入門」(河出書房新社)が
もうすぐ書店に並びます
僕も少しだけ書かせて頂きました
僕の大先輩でいらっしゃる天辰保文さん、増渕英紀さん、
宇田和弘さんも健筆されていますので(以上単なる飲み仲間? 
という説もあり)
ぜひご一読を!

単なる(ありがちな)名盤ガイドではなく
その時代にどういう音楽があってどういう流れを形作っていったのか
そんなことを鳥瞰出来る一冊に仕上がっていると自負しております

あと「プログレッシヴ ロック入門」(河出)や
小松崎健郎さん監修の「ブリティッシュ ビート」(シンコー)も
来月発刊予定でして
僕も関わっていますので
どうか楽しみに待っていてください!

月刊誌では対面取材記事が続いています

6月15日発売「レコードコレクターズ」
       〜トニー ジョー ホワイト
6月20日発売「ストレンジデイズ」
       〜エイモス ギャレット
       〜佐野元春

佐野の新作「COYOTE」(傑作です!)に関する僕の評論は
他の方々の文章とともに
佐野のオフィシャル ペイジに近日upされますので
こちらも ぜひご覧になってくださいね

なお秋口に向けて
また別の書籍も企画を練っているところです
(これはまだ内緒っす)








2007/6/16

リンク集を更新しました  

出版社スタジオ セロのホームページをリンク集に追加
しました!

まだ若い版元さんですが スタッフの皆さんのやる気は
大変なものです

あなたもお気に入りの一冊を見つけてみては?

2007/6/16

6月15日〜ズミズミ、上等  

池袋リブロにて
桐野夏生さんのサイン会に列を連ねる

僕よりずっと先輩の方だが
その凛とした佇まいが 圧倒的に素晴らしい

彼女の目を見て
今日どうしても言いたかったフレーズを僕は口にした

「ズミズミ、上等」

ありきたりの賛辞ではないことを言われた
桐野さんの顔が 一瞬にして柔らかくなるのがわかる
作家とはそういうものであり
その素直さにおいて僕らとの距離はない

彼女の最新小説「メタボラ」を読めば
「ズミズミ、上等」という一言の
切なさも 尊厳も解る

誰かが自分を肯定してくれることほど
この世の中で美しいことはない

小説のなかで 死にかける彼は
旧友に言うのだ
「ズミズミ、上等」

僕も誰かに
「ズミズミ、上等」と言える男になりたい



2007/6/14

緊急連絡  

関係各位

現在PC故障中にて すべての機能が麻痺しています
頂くメールも受信出来ない状態です

お手数をお掛けしますが
私への連絡は電話 携帯電話 ファクスにて
お願い致します(8時〜23時)

なるべく早く復旧させますのでご理解頂ければ幸いです
非常に重要な時期にもかかわらず
申し訳ありません

          小尾 隆

2007/6/12

6月12日  

午前中にトラヴェリング ウィルベリーズの原稿
を仕上げて送信
7月に出る彼らの2CD&DVDパッケージに関する
短い記事だったが
結局ロック音楽というものは 温故知新というか
古きを訪ねて新しきを知るというか
そうした円循運動<サークル>を描きながら
人生のように日々新しくなっていくものだという旨を
書いた

トム ペティやジョージ ハリソンが
あるいはディランが
ロイ オービソンに関して敬意を払いながら
このプロジェクトを推し進めていった様子は
きちんとドキュメント映像に映し出されている

先日 新たなる旅立ちをする友人のために酒杯を冠した
その方が店でリクエストしたのが
ディランの「マイ バック ペイジズ〜昨日よりも若く」
よほど胸に期するものがあったのだろう
カウンター越しに覗いたら 大きな目が潤んでいる

「マイ バック ペイジズ」の凄さとは
歳を重ねていくのとは真逆に
人間というのは日々新しい視線を宿していくということ
そんな命題にきちんと立ち向かっているからに他ならない

いずれにせよ さよならは始まりだ
空を見上げたら
夏らしい雲が見え始めた


2007/6/11

出版記念パーティのお知らせ  Rock N Roll

拙書「Songs〜70年代アメリカンロックの風景」の
増補改訂版が7月に発売されます
97年に刊行され好評を得ることが出来たこの本は
諸事情によって長らく絶版となっていましたが
再刊に向けて名乗りを上げて頂いた出版社があり
ちょうど10年ぶり 再度書店に並ぶ運びとなりました


私が信頼を寄せる音楽家、佐野元春さんが 帯文として
以下の推薦コメントを寄せてくださいました

「とかく騒々しい声の中にあって、小尾隆さんの
ロック評論は悠然としている。控えめだが
力強いまなざしがある。
その潔さに触れる時、僕はロック音楽がもっと好きになる。
ー佐野元春」


ささやかではありますが その記念パーティを行ないます


7月14日(土)19時〜@狭山フィガロ

宴の表題:”はじめ僕は一人だった ロック音楽が好きでここまで歩いてきた”

内容:読者との交流 歓談
   小尾その他によるDJ、スポークンワーズ
   新装版「Songs」の販売
   サイン会
   本をめぐるトーク(予定)
     ゲスト:山本智志氏(音楽評論・編集)
         水木まり氏(音楽評論・翻訳)
         川村恭子氏(音楽評論・放送)
         小林博美氏(拙書担当編集)

料金:各自飲食代のみご負担ください

お問い合わせ:ロック・レストラン&バー「フィガロ」
      (弊blogのリンク集からアクセス!)

メモ:50名ほどで定員とさせて頂きますので
   ご予約はお早めに

以上 よろしくお願い致します

                   小尾 隆

      
   

    

   




2007/6/10

ティム バックリーは挨拶をし別れを告げる  文学

まるで大河のように壮大な長編「メタボラ」を読んだあとは
短編集をということで
桐野夏生の「ジオラマ」(全9話)を本日読了

桐野さん自らがあとがきで語っているように
小説家の仕事とは 石の下に蠢いているものを探しだすために
石をまずはひっくり返してみる作業なのかもしれない
そしてひっくりされた(石の裏の)世界はまず怯え 行き場を見失い
すがるもの すがることの出来ないものを峻別する

そう ティム バックリーの音楽のように
そこには計り知れないほど深い井戸があり
混乱があり 
行く宛のない峨のように「孤独」が宙を彷徨う
そうした事項に関心を向けるのが
文学という領域の仕事なのかもしれない







2007/6/10

Playmates, Soullist  

満員御礼! 昨日はUe&デニー奥山のギターユニット、Sugarnailのライヴに
お越し頂きありがとうございました@狭山フィガロ
控えめながらも素晴らしいギター交歓を堪能出来たと思っています
「ユア サマー ドリーム」が秀逸でした!

私の第一部Djタイムは以下の通り

Rico / I Caught You
Carol Thompson/Happy Song
Alton Ellis/Shu Boom
Ramsey Lwis/Sun Godeess
Robert Parmer/Every Kinda People
Steve Miller Band/Fly Like A Eagle
Stealy Dan/Night By Night
Doobies/8th Avenue Shuffle
Kokomo/Anytime
Otis Clay/Slow&Easy
Brian Auger/魔女の季節
Maliina Show/Feel Like Makin Love
Marvin Gaye/Lets Get It On〜Whats Going On
Sly &Family Stone/一緒にいたいなら
Ronnie Wood / Far East Man
Billy Preston/Let Get Stoned
Aretha Franklin/二人の架け橋
Jeff Beck Group/ Going Down
Hamming Bird/Music Flowing
Timmy Thomas/ Why Cant We Live Together?
Dan Hicks With Rickie Lee / Driftin
Mitch Ryder&The Detoroit Wheels/ Sock It To Me!
鈴木茂/砂の女
Jackie Deshanon/Small Town Talk

Byron Lee& The Dragonaires/ Ram Jam



最初と最後を愛するレゲエ音楽で
むろん途中の曲連鎖にも理由がある

「この歳になっても小説を読み きちんと”感想文”をblogに書いている
こと 素晴らしいです」と言って頂いたオサムさん、
ありがとうございます

さて、みなさん ここでいつもの唱和を! ^0^

 僕にビールを奢ってくれる人はいい人だ
 僕をヨイショしてくれる人はいい人だ


 ↑ タカシ、そんな子に育てたつもりはありませんのに、、、
 by 母 (涙)


 
  



















2007/6/9

6月8日  

午前中に一本雑誌用の原稿を仕上げる
各社の紙ジャケ リリースに関する内容で
応援しつつも苦言を少し書かせて頂く

それはロッド スチュワートやスティーヴ ウインウッドの
紙ジャケ化に際してバラ売りをせずにボックスのみで販売した件について
これほど音楽ファンを馬鹿にした態度はないわけで、、、
それから 初回限定生産と謳って消費者を煽るような態度も
好ましいとはいえまい
本来であればプラケース版を廉価盤として末長くカタログに残す
ことの方が(とくに若い音楽ファンには)ずっと良いことだと
思うのだが、、、

夕方はmiss-bashikoと池袋で
今週2度めの打ち合わせを 約1時間ほど
初校のチェックを含め いよいよ大詰めの段階になってきた
それにしても 熱意ある編集者と接していると
こちらも頑張ろうという気になる



2007/6/7

洋楽少年とジム クロウチ  

遅ればせながら
牧野良幸さんの「僕の音盤青春記」を
ニコニコしながら読んでいる

氏は71年から76年までがちょうど中学〜高校時代に
当てはまるという点で 僕とまったく同じ58年生まれなのだが
そんな牧野さんの音楽遍歴がじんわりとほのぼのと
描かれていく

サイモンとガーファンクル、エルトンジョン、
シカゴ、ビートルズの赤盤青盤など
当時の洋楽との体験を 自分ならではのエピソード
そしてユーモアのセンスを交えて

地方での暮らし オーディオブームの到来
カセットテープの普及、、、そんな時代背景も
牧野さんの音楽への思いをより強いものにしたはずだ

ビートルズに夢中になって学力が一気に低下
進学校を諦め 新設された高校に入学した、、、
などというお話はまったく僕と同じだ(苦笑)

秀逸だったのはジム クロウチに対する温かい眼差し
人間には誰にも「死という扉」が用意されている
クロウチの死を通して
そのことを初めて中学生が知る
このくだりだけで いかに牧野さんが優れた
イマジネイティヴな聞き手かが
手に取るように伝わってくる

岡崎市に住む音楽少年に
きっとジム クロウチは遠い空から微笑んだことだろう









2007/6/6

エムズファクトリーからの手紙  Rock N Roll

7月に出す拙書の帯コメントを
佐野元春に書いて貰えないだろうかと考えたのが
およそ一ヶ月まえのこと
ダメモトで構わないという覚悟だったけれども
新しく書いた原稿のゲラを送付したり
その後たまたま偶然にも取材の機会を得たりと
僕なりに努力をした

昨日 佐野の直筆とともにファクスが流れてきた
シンプルながらも的確に内容を捉えた
申し分のない文章だった
淀みなく流れる文章だった

言うまでもなく
佐野元春は高い理想を掲げながら
ロック音楽に取り組んできた音楽家である
ものすごくシンプルに言ってしまえば
彼の音楽は「僕」と「きみ」との関係性を築くことに
注がれてきた
個人的な事項に溺れない潔さは
その初期から一貫して流れている

そしてファースト アルバムの”主人公たち”が
今果たしてどうしているかという問いを
新しい歌のなかで聞き手に想像の余地を与えるような
ソングライティングの手法をずっと採用してきた

ほとんど広告屋のコピーの押し売りではないかと
疑ってしまうような「日本語のロック」が蔓延しているなかで
一過性のものではなく
曲と曲とが連鎖し 新たな物語を導いていくような佐野の歌は
多くの信頼を勝ち得てきたし
奇跡的なことでもあるだろう

自分の音楽がどういう場所から生まれて
どういう地平に向かうのか
そのことに誠実な態度と言い換えても構わない

そんな彼からもらった「手紙」
ありがとう、佐野元春
僕は近年これほど嬉しかったことはない

脆弱な批判や中傷を跳ね飛ばすものは
結局 自分が信じている音楽家の作品と丁寧に
向き合うことで生まれる
僕はそんな風に思っている







2007/6/5

メタボラ〜再生への意志  文学

圧倒的な590ページだった
桐野夏生の新刊長編小説「メタボラ」を溢れるような思いとともに
読み終えた
耳を塞ぎたくなるような過酷な現代社会で
二人の青年がある日偶然出会い 別れ 自問や煩悶を繰り返しながら
再会する物語
これは素晴らしい

あくまで自分の物差しでいえば
村上春樹の「羊をめぐる冒険」や
奥田英朗の「サウスバウンド」級の面白さ
むろん共通するテーマは<冒険>であり
<再生>への自発性だ

荒れ果てた光景や死のメタファーには震えがくるほどだが
これが日本の現実だと知るためにも必読だろう
一人の青年は集団自殺の生き残り
もう一人の青年は金持ちの家から脱走者
この二人の主人公が出会うことから
物語は始まっている

桐野さんのHPはhttp://www.kirino-natsuo.com/

2007/6/4

音楽批評についてのメモ#1  Rock N Roll

ある時点から他の同業者のことを気にしなくなった
むろん僕にも 料理がそうであるように嗜好というものがあり
尊敬する先輩や同世代の批評家やライターがいる一方で
「ちょっと どうよ〜」と感じざるを得ない方も少なからずいらっしゃる
でも 結局重要なのは 自分がもっといい原稿を書くことだと思っている

グリール マーカスやポール ウィリアムスを目指して
あるいはレスター バンクスやジョニー ローガンのように
一度でいいから 彼らのような文章を書いてみたい
僕はそんなことを未だに思っているくらいだ

ロック批評は効率を競うビジネスではない
ロック批評は芸能を報告するリポーターではない
ロック批評は空疎なディレッタントであってはならない
ロック批評はレトリックの奴隷であってはいけない
ロック批評は言葉を尽くさなければいけない
そう もっともっと言葉を尽くさなければ

むろん僕の原稿にも出来不出来はあるだろう
それはいつも必ずしも美味しいご飯を炊けるわけではないことや
いつも必ずしもいいパスタを茹でることが出来るわけではないことと
似ている
僕は今日もゆる〜い焼きそばを作ってしまい反省したばかりである

それでも僕は「自分がどう感じているのか」ということを
大事にしながらワープロに向き合ってきた
データや情報を求める読者にはいささか不親切であったかもしれないが
僕は僕という印が刻まれた文章を書きたかったのだ

吉田俊一という僕の良き(恐らくは最初の)理解者は
「小尾さんのは単なる感想文だよね〜」と冷やかすけれども
これは彼特有の照れ隠しやユーモアであって
まあ当然ながら 僕の本質を屈指の編集者としてきちんと把握しているのである
彼にはキンタマを握られてしまったようなものである
そう、僕は高校生の感想文のようにロックを書くことを
何よりも どんなことよりも 大事にしたい

空疎なスモール タウン トークよりも
無駄に費やされていく同窓会よりも
夢見る瞳の女の子とカレーを食べている方がずっと素敵だ
汗臭いシャツを着た男とボブ テンチのことを語り合うほうが
ずっと素敵だ
きみは昨日何をしていた?
僕は僕の好きなギタリストと一緒にビールを飲んでいたよ

そして つまらないロック記事よりも
桐野夏生や森絵都あるいは中島京子といった現代作家による
(女ばっかりやねん ^0^)小説のほうが
ずっと魅力的だ
とても刺戟的だ

クリッシー ハインドはとても素敵だ
馬鹿みたいに黒シャドウなんか塗ったお姉さん
そんな彼女はこう歌っている
learn to the crawel
私は赤ちゃんのように はいはいを覚えたばかり、と

僕は「ロック音楽という寓話」という新しい文章を書き下ろした
その原稿はたぶん7月に活字となっているはずだ
読んでほしいと思っていた一人は
とても残念なことに亡くなってしまったけれど
僕には彼女の声が聞こえる
「大丈夫」と言う声が
遠くから夜空を澄ますように聞こえてくる

みんなが美味しい料理を作れますように















teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ