東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/6/6

エムズファクトリーからの手紙  Rock N Roll

7月に出す拙書の帯コメントを
佐野元春に書いて貰えないだろうかと考えたのが
およそ一ヶ月まえのこと
ダメモトで構わないという覚悟だったけれども
新しく書いた原稿のゲラを送付したり
その後たまたま偶然にも取材の機会を得たりと
僕なりに努力をした

昨日 佐野の直筆とともにファクスが流れてきた
シンプルながらも的確に内容を捉えた
申し分のない文章だった
淀みなく流れる文章だった

言うまでもなく
佐野元春は高い理想を掲げながら
ロック音楽に取り組んできた音楽家である
ものすごくシンプルに言ってしまえば
彼の音楽は「僕」と「きみ」との関係性を築くことに
注がれてきた
個人的な事項に溺れない潔さは
その初期から一貫して流れている

そしてファースト アルバムの”主人公たち”が
今果たしてどうしているかという問いを
新しい歌のなかで聞き手に想像の余地を与えるような
ソングライティングの手法をずっと採用してきた

ほとんど広告屋のコピーの押し売りではないかと
疑ってしまうような「日本語のロック」が蔓延しているなかで
一過性のものではなく
曲と曲とが連鎖し 新たな物語を導いていくような佐野の歌は
多くの信頼を勝ち得てきたし
奇跡的なことでもあるだろう

自分の音楽がどういう場所から生まれて
どういう地平に向かうのか
そのことに誠実な態度と言い換えても構わない

そんな彼からもらった「手紙」
ありがとう、佐野元春
僕は近年これほど嬉しかったことはない

脆弱な批判や中傷を跳ね飛ばすものは
結局 自分が信じている音楽家の作品と丁寧に
向き合うことで生まれる
僕はそんな風に思っている









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ