東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/6/10

ティム バックリーは挨拶をし別れを告げる  文学

まるで大河のように壮大な長編「メタボラ」を読んだあとは
短編集をということで
桐野夏生の「ジオラマ」(全9話)を本日読了

桐野さん自らがあとがきで語っているように
小説家の仕事とは 石の下に蠢いているものを探しだすために
石をまずはひっくり返してみる作業なのかもしれない
そしてひっくりされた(石の裏の)世界はまず怯え 行き場を見失い
すがるもの すがることの出来ないものを峻別する

そう ティム バックリーの音楽のように
そこには計り知れないほど深い井戸があり
混乱があり 
行く宛のない峨のように「孤独」が宙を彷徨う
そうした事項に関心を向けるのが
文学という領域の仕事なのかもしれない







2007/6/10

Playmates, Soullist  

満員御礼! 昨日はUe&デニー奥山のギターユニット、Sugarnailのライヴに
お越し頂きありがとうございました@狭山フィガロ
控えめながらも素晴らしいギター交歓を堪能出来たと思っています
「ユア サマー ドリーム」が秀逸でした!

私の第一部Djタイムは以下の通り

Rico / I Caught You
Carol Thompson/Happy Song
Alton Ellis/Shu Boom
Ramsey Lwis/Sun Godeess
Robert Parmer/Every Kinda People
Steve Miller Band/Fly Like A Eagle
Stealy Dan/Night By Night
Doobies/8th Avenue Shuffle
Kokomo/Anytime
Otis Clay/Slow&Easy
Brian Auger/魔女の季節
Maliina Show/Feel Like Makin Love
Marvin Gaye/Lets Get It On〜Whats Going On
Sly &Family Stone/一緒にいたいなら
Ronnie Wood / Far East Man
Billy Preston/Let Get Stoned
Aretha Franklin/二人の架け橋
Jeff Beck Group/ Going Down
Hamming Bird/Music Flowing
Timmy Thomas/ Why Cant We Live Together?
Dan Hicks With Rickie Lee / Driftin
Mitch Ryder&The Detoroit Wheels/ Sock It To Me!
鈴木茂/砂の女
Jackie Deshanon/Small Town Talk

Byron Lee& The Dragonaires/ Ram Jam



最初と最後を愛するレゲエ音楽で
むろん途中の曲連鎖にも理由がある

「この歳になっても小説を読み きちんと”感想文”をblogに書いている
こと 素晴らしいです」と言って頂いたオサムさん、
ありがとうございます

さて、みなさん ここでいつもの唱和を! ^0^

 僕にビールを奢ってくれる人はいい人だ
 僕をヨイショしてくれる人はいい人だ


 ↑ タカシ、そんな子に育てたつもりはありませんのに、、、
 by 母 (涙)


 
  





















teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ