東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/6/30

エイティーズ  

80年代をずばり分析すると
パンクとヒップホップが聞き手を二分化し
クラブDJが過去と現在を交差させた時代、ということになる
単なる趣味や嗜好で「音楽を語る」のが意味を持たなくなった時代、
といい換えても構わないだろう
だが 今偉そうなこと言ってる連中もフワフワしているような
時代だったのだ

私にとって80年代の重要なアルバムは以下である(順不同)
私の「覚悟」を感じ取って頂きたい

ロックパイル「セカンド オブ プレジャー」☆☆☆☆☆
クラッシュ「サンディニスタ!!」☆☆☆☆☆
ジョン レノン&ヨーコ オノ「ミルク アンド ハニー」☆☆☆
ウォーレン ジヴォン「センチメンタル ハイジーン」☆☆☆☆
ヒンズー ラヴ ゴッド ☆☆☆
スタイル カウンシル「カフェ ブルー」☆☆☆
プレファブ スプラウト「フロム ラングレイ パーク」☆☆☆☆☆
デヴィッド リンドレー「化けもの」☆☆☆☆☆
佐野元春「バック トゥ ザ ストリート」☆☆☆☆
佐野元春「ヴィジターズ」☆☆☆☆☆
ソニック ユース「デイドリーム ネイション」☆☆☆☆☆
ジェイムズ テイラー「ダッド ラヴス ヒズ ワーク」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「ストレイ キャッツ登場」☆☆☆☆☆
ルー リード「ニューヨーク」☆☆☆☆☆
ジョン ハイアット「スロー ターニング」☆☆☆☆☆
ジョン ハイアット「ブリング ア ファミリー」☆☆☆☆☆
イアン マクレガン「バンプ イン ザ ナイト」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
NRBQ「グルーヴ イン オービット」☆☆☆☆
NRBQ「ワイルド ウィークエンド」☆☆☆
ロス ロボス「ハウ ウィル ザ ウルフ サヴァイヴ?」☆☆☆
リコ ロドリゲス「ザット マン イズ フォワード」☆☆☆☆
エルヴィス コステロ「オールモスト ブルー」☆☆☆☆☆
ダグ サーム「ジュークボックス ミュージック」☆☆☆☆☆
ディズ&ドアメン「ブルーコート マン」☆☆☆☆☆
レッド ビーンズ&ライス☆☆☆☆☆
リチャード トンプソン「アムネーシア」☆☆☆
ダニー アドラー☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ジョージア サテライツ「キープ ザ フェイス」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






2007/6/30

7月のお薦めライヴ  

レッドウッド ブラザーズ

   15(日) 荻窪ルースターノースサイド
       With  藤田洋麻

   24(火) 高円寺Missions

コスモポリタン カウボーイズ

    1(日) 代々木マイバックページズ
          対バン:ジェシ江戸シラスバンド

    7(土) 池袋フリーフロウランチ

   20(金)荻窪ルースターノースサイド


時間とか場所は書くのがめんどーなんでテキトーに検索してください
僕も全部は行けませんが どっかの会場で お会いしましょう!
両バンドのデビューアルバムのCDライナーを書いている身で言うのもナンですが
ライヴの内容は保証します!
    
   

   

    

   



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ