東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/7/6

メディア及び読者各位  

拙書「Songs」(97年)の増補改訂版がいよいよ14日(土)全国書店にて発売されます
メディアをお持ちの方には ぜひ紹介 書評 批評などをお願い致します
また一般読者の方も ご自身のHPやBlogで感想を書いて頂ければ幸いです
むろん弊blogや系列BBSであるsay it loud 3への書き込みも歓迎します

なお97年判は「レコード・コレクターズ」(北中正和氏)や「The Dig」
(遠藤哲夫氏)をはじめ 「CDジャーナル」や「ギターマガジン」などの
書評で 一定の評価をいただきました
また「みんなの書店」http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28318627
でも 成果を得ることが出来ましたので
ご参照ください

それでは よろしくお願いします

 
                         小尾 隆







2007/7/6

久しぶりの武蔵小山は再開発の只中だった  

イヴェントの打ち合わせの為 昨日は
ほんとうに久しぶりに武蔵小山に行ってきた
JRの目黒駅から不動前を通り次が武蔵小山なのだが
地下化になった駅を含め 周りの景色の激変ぶりにびっくり

そんななかで 新しいビルにありました!
懐かしきペットサウンズ レコードが!
1fが森さんの経営されるレコード店
b1が姉妹店として石川さんが店主となるカフェ「Live Cafe Again」
となっていて
森さんを含めて2時間ほど会話させていただきました

カフェ アゲインはまだ開店して3か月という新しいお店ですが
鈴木博文 クジラ 青山陽一といった湾岸派(というのも変ですが)
村田和人や落語会など 独自のコネクションでいいライヴが目白押しです
今度は中野督夫&湯川トーベンも!(池袋ポルカドッツでもまた8月に)

僕はといえば お店にも来られるという渚十吾さんとのイヴェントなども
将来的にはやりましょうとのお話をいただきました
家から遠いので常連というわけにはいかないだろうが
僕としては往復の交通費くらいがイベントでペイ出来るくらいには
頑張ります!(おお、慎ましい もといビンボーな志よ〜涙)

再開発はあったけど 森さんは森さんだった
そのことを確かめられただけでも いい一日だった
レアな中古シングル(キング カーティスやフォンテラ バスのR&Bなど)も
Cafeで4枚ほど購入した





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ