東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/11/5

第20回  Rock N Roll

☆カーペンターズ/動物と子供たちの歌☆

カーペンターズの歌には思い切り能天気なものと
哲学的な熟考を聞き手に促すものがあり
今回は後者のタイプの典型である
蛇足ながら 私のblogの新しいサブ短歌(笑)は
同曲からインスパイアされたものだ

この曲を歌うカレン カーペンターの主張とは
子供や動物を弱者として徹底的に見つめ祝福するものだ
「彼らは声を発することが出来ない 彼らには選択肢がない」
という認識は
「どうか彼らに隠れ場を教えてあげて」という
目線へと転化していく

森絵都さんは実際に犬やネコの屠殺場を取材したことが
あるのだという
最も残酷な光景をあえて見ることが
作家としての無限なる想像力に結びついていくという例であろう

そう言えばevery dog has each daysというブルース音楽の
常套的な訓告、寓話もある
路傍の石さんが言うところの
アフォイズム(註1)である
こうした世界観を持つと持たぬのでは
見えてくる光景がまったく異なるはずだ

まるで深い霧のようなコーラスと重なりながら
故カレンが歌うのは
give them shelter from stormという
小さな願いである


註1「アフォイズム」
一種の哲学用語 簡素な形式のなかに物事の真理や佳き行い
あるいは人生への光明を忍ばせた訓話や警告のこと








teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ