東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/11/7

第21回  Rock N Roll

☆ブルース スプリングスティーン「ウォーク ライク ア マン」☆

敬愛すべき作家、中島京子の新刊は「冠 婚 葬 祭」だという
それらの儀式がもたらす交歓を
私はけっして疎ましくは思っていない
歳柄だろうか  結婚よりも離婚が 
あるいは
生誕よりも葬式が増えてきたことがあるにせよ
儀式というものは大切だ

ブルースのこの曲は
男らしく 信念を持って生きることの
困難さについての歌で
両親の代から続く家族の言い伝えを結婚式という設定に託している
そう、”男らしく歩みなさい”といった訓話の輪廻の歌である

”僕の結婚式に握ったあなた(父だろうか)の手は荒れていました”
という歌詞を挿入することで
歳月という残酷をそっと浮かび上がらせ
祝福と老いを残酷なまでに対比させていく
















2007/11/7

愛しのレイ  

少し以前に公開されたレイ チャールズの評伝映画「レイ」は
ご覧になっただろうか?
3時間の長場が やや辛かったものの
60年代のアメリカ社会とレイとの関わりや
トム ダウドとのNYでの録音風景など
僕は楽しめた

でも音だけの方が ずっといろいろなことを
考えさせてくれる
音楽に「絵」は むしろ邪魔なくらいである

レイといえば黄金時代はアトランティック エラということが
半ば通説となっているが
ABC-パラマウントに移籍してからのレイも
最近やっと 僕は良さが解るようになった

先日の天辰さんとのイヴェントでは
レイとベティ カーターとのデュエット盤を
流させてもらったし
それ以上に僕が愛聴するのは
「In Country And Western Music」(62年)なのだ
いわば ”レイ、カントリー&ウェスタウンを歌う”という
企画盤なのだが これが実に素晴らしい

グラム パーソンズが参考にしたという話があったり
本作での「ユー ドント ノウ ミー」に刺激されて
リチャード マニュエルが同曲を歌ったことや
これまた本作での「愛さずにはいられない」を下敷きに
ヴァン モリソンが同曲を発表したことなど
元ネタ的な関心も認めるにやぶさかではないのだが、、、

肝はやはり レイのコクがあってグルーミーな歌いっぷり
ゆったりとしたカントリー曲がまずあり
そこに流麗なストリングスやコーラスが被さってくるのだが
語尾を伸ばすようなレイの歌声が まさにソウルフルで
一見平凡な曲にも 起伏を与えている

レイ チャールズ
ジュニア パーカー
そしてボビー” ブルー” ブランド


この三人のイノベイターを聴いていると
本当に リチャード マニュエルの核心へと
触れる思いがします













teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ