東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2008/3/2

ありがとうございます  

almost prayedさま

はじめまして 拝読ありがとうございます
また旧版/新版ともに拙書をお買い上げいただき
とても感謝しております

おっしゃる通り ブルース界に於けるギター偏向は
昔からずっと変わっていないですね
確かに重要な楽器であることは間違いないのですが
歌と”対話” 出来るギタリストこそ優れた表現者なのだという
結論に私は達しました

たとえば90年代のヴァン モリソンは
自らリード ギターを弾く機会が多くなりました
あまり語られることのない事実ですが
これが実に味のあるギターなのであります
まさに” ヴォーカリストが弾くギター” らしいというか
ぎこちない故に真実味が宿る そんな素晴らしいギターです
(「ビッグ タイム オペレイター」や「テイク ミー バック」など)

一方 ”ギタリストが歌う” といった風情もまた良いですね
ヘンリー マックローの何ともいい加減な歌が
グリース バンドの偉大なる真実を支えております(笑)
アルバート リーやニルス ロフグレンの素晴らしさもまた
その ”歌” にあるような気がします

ありきたりの「名盤ガイド」もつまらんですなあ〜
私が音楽を沢山聴き過ぎたせいもあるでしょうが
何だか カタログ人間を助長しているようです

拙者の新刊 楽しみに待っていてください










2008/3/2

hard luck and trubled  

コメント欄に書き込み出来ず、、、気を付けていってらっしゃいませ
>booneyさま
ここ数日弊blogの調子悪し(宣伝リンクの空欄や掲示板の目録消えなど)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ