東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2008/6/29

符合という名のファンタジー  文学

角田光代の『八日目の蝉』(中公新社)を読了
角田の小説は『空中庭園』と『対岸の彼女』
そしてオムニバスの『三面記事小説』と 読んでいて
これが4冊めだったが
僕としては これが一番良かった

第一章が犯罪者(幼児誘拐)を主役に
後半の第二章が その幼児が大人になった時点
からを主役に
話しは一気に終盤へと収束していく

背景としては 80年代の日本があって
家庭の崩壊や ”癒し”産業の怪しい台頭があり
恋愛に於ける不実が すぐ近くにある

犯罪を犯すような人間に同調するな
そんな言い草を述べることは とても簡単だ
いわゆる社会のモラルというやつね

しかし犯罪者の心を丹念に追いかけていくことは
ルポライターや小説家に与えられた使命である
彼らは 何も裁判官ではない
むしろ 善悪を区別する人間の方が傲慢ではないか?

そんな問いにしっかりと 丁寧に言葉を与えた角田
終盤に於ける あまりにも美しい符合
こればかりは 読んでみてください
角田さんは それを描き切った















2008/6/29

6月28日〜@茅ヶ崎ブランディン  

宮治さん夫妻に誘われて本日は
ご夫妻が地元で営まれているブランディン
http://members.jcom.home.ne.jp/brandin/
にて 出張DJをさせていただきました
いやあ 初めての場所でしたが とても楽しかったです
お客さんの雰囲気もサイコー! 

ちなみにプレイ リストは

第一部「ワーナーブラザーズ50周年記念」
1 フィフス アヴェニュー バンド/ナイス フォークス
2 ピーター ゴールウェイ/12日間の恋人たち
3 ジェイムズ テイラー/ノーバディ バット ユー
4 アメリカ/アイ ニード ユー
5 バーバラ キース/デトロイト オア バッファロー
6 エミルー ハリス/ヒア ゼア アンド エヴリホエア
7 ライ クーダー/イフ ウォールズ クッド トーク
8 ランディ ニューマン/サイモン スミスと踊る熊
9 ジミー ウェブ/ガルベストン
10 ヴァン モリソン/ストリート クワイア

(休憩)

第2部 「小尾の新刊記念」
(pre) ジャッキー デシャノン/スモール タウン トーク
1 スペンサー ディヴィス グループ「ギミ サム ラヴィン」
2 ヤング ラスカルズ/グッド ラヴィン
3 ヤング ラスカルズ/理由って一体何なんだ?
4 B J トーマス/フックド オン フィーリング
5 ジェイムズ テイラー/ミュージック
6 スティーヴィー ワンダー/マイ シェリー アモール
7 ストーンズ/マーシー、マーシー
8 ストーンズ/ ヒッチハイク
9 マーサ&ザ ヴァンデラス/ダンシング イン ザ ストリート
10 ジョージィ フェイム/眠たい二人
11 ディランズ ゴスペルシンガーズ/マイ バック ペイジズ(リクエスト)
12 エディ ヒントン/コンセプト ワールド
(encole)
13 アリーサ フランクリン/二人の架け橋
14 佐野”the lion " 元春/きみが気高い孤独なら


というわけで計4回の『US編』行脚は
本日をもって無事 終了しました
ありがとうございました!




















2008/6/26

G へ  

ウーマックの「ブリージン」は
Gabor Szaboとの共演盤『ハイ コントラスト』
(ブルーサム)に収録されていて
シングル カットもされている( BTA200)
たぶんCDにもなってるんじゃないかな

インストで歌が聞けないのは残念だが
ウーマックらしいギターが最高だ


2008/6/25

ロギンズ&メッシーナが好きだった  

ひとりを もうひとりが補完していくような関係性
そんな憧れを抱かせるに十分だったのが
ロギンズ&メッシーナだった

どちらが陽気で 
どちらが暗いというほどのものではなくて
そんな両方っていうものを人は持っていて
時に腕で相手をぐいぐいしたり
奴の歌の背後でテレキャスターをそっと奏でてみたり

つまり 彼らはそのような二人組だった
ロギンズが「川の流れを見つめて」を歌えば
メッシーナは「トラベリン ブルース」を弾く
そして二人とも 旅路のなかで支流が大きく
なることを知る
川の流れが必ずしも楽しいばかりではないことにも
やがて 気が付いていく

彼らの歩みとは およそこのようなものだ
単純な動機と 複雑な結末
もし僕が無邪気な高校生だったとしたら
結末なんていうことすら 考えなかっただろう

彼らが1975年に発表した『ソー ファイン』
このアルバムに 彼らが作った曲はひとつもない
しかし それ故に
どういう音楽が彼らを結びつけたのかが
僕には よく解る

































2008/6/25

ちなみに写真家では  

ジム マーシャルも時代の生き証人といったところ
トニー ジョーやリヴの写真を撮っていたりします

そして僕の場合 エリオット ランディが好き
ランディ、 説明不要の人でしょう

http://www.landyvision.com/

2008/6/23

リック グリフィンのHPです  

やや奥山さんっぽいネタですが(笑)
ロック音楽が輝いていた時代の代表デザイナー/イラストレイター
といったら やはりこの人は欠かせません

これもまたアートワークと音楽とが互いを刺激し合いながら
創造性を磨いていった時代の記録でしょう

改めて リック グリフィンにRest In Peace

http://www.rickgriffinink.com/index.php

2008/6/22

6月21日〜21世紀の子供たち  

普段は読むことのない『ミュージック マガジン』が
CDの売れ行き現状に関する特集を組んでいたので
じっくりと久しぶりに目を通してみた

ダウンロードで好きな曲だけを無料や有料で
取り込み i-podなどで聞くことがもはや主流なの
だろうか?
パッケージ商品としてのLPやCDはやがて淘汰されて
いくだけなのだろうか?
あるいは ”アルバム”の概念はどこに?

何だか実感が湧かないし
寂しく またヴァーチャルな光景だとも思う
僕が 年寄りだからそう感じるんだろうか?
いや 僕よりずっと若い人たちでも
パッケージやアルバムというコンセプトに
共鳴する人たちは 幾らでもいる

ただ 原田尊志さんが指摘されていたように
アジアやアラブ諸国の人々ほど 切迫した気持ちで
音楽そのものを享受してこなかったことや
コレクター的な一種のフェティシズムが拡大されて
しまった日本の風土に関しては
考え直してみる必要がある
(紙ジャケ マニアとか これは僕の個人的な感想
なのだが 肝心の音楽をどれだけ聞いているの? 
という感想もある=プラスティック ケースの安い
中古CDを買うビンボーな僕のヒガミもあり^0^)

ここ数週間  殆ど気分が晴れなかったので
夜は 中目黒のバードソングで梅澤くんと飲みながら
談笑した
話の内容は「ネットのようなあまりに手軽にアクセス
出来る環境を手にした一方で 勘違いをする人間や
人との距離を正確に保てない人たちがすごく増えてき
た気がする ある意味 人に対する尊厳や配慮そして夢
のようなものが失われているのかな」

そんなこと
そんな話

「人は何かを得るたびに 何かを失うのかもしれない」
これはむろん
フィリップ マーロウの至言である


















2008/6/18

最後に〜愚かな風が僕たちを通り過ぎていく  

匿名氏へ

貴HPを拝見しました
私の見解だけでなく 読者からの感想も
すべて削除されましたね

やれ民主主義だ やれ自由だと 安っぽく
手垢に塗れた言葉を並べ立てるわりには
いざ自分に不利なコメントが寄せられた場合は
消してしまう
楽になろうとする
こうした態度は少なくとも誠実とは映らないでしょう

自分が書いてきたこと
自分が思ってきたこと
自分が心掛けていること
そう これだけは譲れないと思える何か

それらに曇りがなければ
もしくは自信がおありなら
わざわざ消すことはありません

私の場合は たとえどんなコメントでも
醜いものでも いささか見当外れと思えるものでも
(余程のものでない限り)残すという姿勢を
保ってきました
むろん あなたからのものも そうしてきました
(過去 消した時もありましたが
それはあなたが別の方々のお名前を挙げていて
その方々に迷惑がかかると私が判断したためです)

要は小尾のところは自由に書き込めるからと
あなたは その自由の意味や気楽さを
はき違えて
心ない書き込みを延々と続け
私に過度のストレスを与え
胡座をかいていたっていうわけだ

ねくぬくと自分を肯定してくれる意見
ばかりを集めるから駄目なんだと
あなたは私のことを批判しましたね

それはむしろ
あなた自身に放たれた矢ではありませんか?

コメントを消された読者は
あなたの大人気のない態度や矛盾に
率直な問いかけをしていました
たとえ その表現方法に多少の問題があったとしても
その問いに 耳を傾けるべきです

絶縁

小尾 隆







2008/6/16

6月16日  

九州にお住まいのレシーブ二郎さんが
拙書をblogで取り上げてくださいました

丁寧に読み砕き また感じ取っていただき
ありがとうございます
ご自身の視点もきちんと活かされていますね

二郎さん、お会いする機会があれば
お酒でもぜひ^0^

http://blog.livedoor.jp/gentle_soul/archives/51440292.html#comments



2008/6/15

6月14日  

図書館にて初校その1のチェックを
赤岩和美氏『ブリティッシュ ロック人名辞典』などで
裏を取りながら行う

yusuf islum =ユセフ? ユサーフ?
それともユスフ? とか
ヤードバーズのアルバム リリース年の
再確認とかの作業です

途中で休憩も含めて『文学界』『群像』『新潮』と
文芸3大誌をいつもながらにパラパラとめくる
桐野の新刊『東京島』をめぐる福田和也との対話や
川上弘美『風花』の書評を読む

その後ボ ディドリーの追悼原稿のメモなどを
書き始める


2008/6/14

6月13日  

6時から中目黒のスターバックスにて
担当編集者と『UK』編のミーティングを
改めて
確認と意見交換とが激しく取り交わされ(笑)
話は なんと2時間に及びました

その後 近所のバードソング カフェで
出版〜イベントが続いたのでスタッフたちと
簡単な慰労会を
いやはや 皆さんお疲れさまでした!
思えば 僕が本を出したいと思ったとしても
実際に本を作ってくれる人たちや
営業に奔走してくれる人たちがあってのこと

J ガイルズやヤング ラスカルズ
そしてやっぱりフェイシズなどをBGMに
しこたまビールとワインを飲みました^0^
いやあ飲んだ飲んだ
音楽を堪能した堪能した!

何でも先日 同店で佐橋佳幸さんが僕の本を
お買い求めいただいたとのこと
佐橋さん、お約束の通り
僕 エディ ヒントンのこと書きました(笑)






2008/6/12

ナポレオンフィッシュと泳ぐ日  

佐野元春が89年に発表したこの『ナポレオンフィッシュ』アルバムを
初めて聞いた時の衝撃は今も忘れることが出来ない アルバム表題曲
から「陽気に行こうぜ」へと続き さらに「雨の日のバタフライ」へと
連なっていく冒頭の三曲は まるで主人公が崩れていく瓦礫を感じながら
新しい世界へと踏み込んでいくような確かな鼓動を感じさせたものだ 
                              
抽象度を増す歌詞の一方で 打ち鳴らされるビートは以前より遥かに強靭なもの
となり 一気に視界が開けていくような開放的な響きを獲得している
そして佐野のヴォーカルは ”聖者が来ないと不満を告げているエレクト
リック ギター” のような苛立ちと ”テロリストも怖くない” という
力強さとの間で 見事な振幅を描き出していく

初期の作品に顕著だったストーリーテイラーとしての語り口の
巧さや 青春群像を提示して聞き手と共振するといった手法をいったん
白紙に戻した彼は ご存知のように訪問者としてニューヨークへと
旅立ち ボヘミアンとしてパリへ向かうことで のっぴきならない
時代と よりシンクロするような歌作りを自身に課していく
そんな緊迫感が ロンドンの優れた演奏家たちの情感豊かな
な音楽と結晶したのが
まさに『ナポレオン』アルバムである

「俺は最低」や「ブルーの見解」で見せる他人との齟齬やファン
との乖離といったテーマは この時期の佐野がどうしても
乗り越えなければならなかったハードルだったのだろう
だがその一方で このアルバムには比較的明快なラヴソング
「ジュジュ」があり 今も歌われ続けるアンセム「約束の橋」
があり その揺れ幅もまた佐野の<報告>であろう
事実ライヴの場で歌われた「ジュジュ」の ”きみがいない”
という絶叫は ラヴソングの文脈を遥かに超えて聞き手に迫った
ものだった

果たして自分が89年に何をしていたのかは はなはだ心もとない
のだが この作品は見事に時空を超えている
アルバムは穏やかな収束を見せるリーディング作品「二人の理由」
で なだらかな丘陵を追いかけながら 祈りのように終わるのだが
音楽はまだずっと鳴り響いている












2008/6/12

with a little help from my friends  

しかし秋葉原の事件は大変衝撃的でした
ワイドショウ並みにもっともらしくこの事件を
語ってもいいんですが(心の闇とかニートとか)
まあ多少なりとも想像力のある人間なら
自分が25歳の時 どうだったかを考えてみる
ことでしょう

不安定な雇用環境で友達も彼女もいなかったら
そりゃ鬱屈するわなあ〜 とかね

自分は25歳の時
まさに働き始めの頃でした
給料が出るとアパートの家賃をまず払い
あとはほとんどすべてレコード代に(笑)
とにかく嬉しかったんですよ
学生時代と違って給料が出ることが

あの頃一番聞いたのが
スティーヴ ウィンウッド『アーク〜』と
ボビー ウーマック『ザ ポエット』
だったなあ

それにしても
不安定な雇用形態という問題は
本当に考えなければいけない時期に来て
いると思う
就職したくても出来なかった世代が確実にいるって
ことを忘れてはいけません

トップに引用した桐野『メタボラ』にしても
そのような背景を扱っている
(携帯端末の工場での労働環境などは
相当劣悪らしい)

過度の自由経済や
市場原理を推し進めてきた政府の責任も
当然あるでしょう

というわけで本日(11日)は
いささか落ち込んでいるところに
友達から電話あり
いやあ 嬉しかったなあ(感涙)
けっこう長く話しました(笑)

自分のことを解ってくれる人が
一人でもいるってことは
いいことだね











2008/6/10

匿名氏への公開質問状  

前略  あなたがご自身のHPで書かれた拙書『my favorite of US Records』に
関するレビューを拝見しました 個人的な受け止め方や感性の違い
あるいは互いが帰属する世代の違いはともかくとして 一点どうしても気に
なったのは ”70年代ロック幻想” という表現を用いている点です
果たして ”70年代ロック幻想” とは何なのか どういう文脈でお使い
になられたのかを なるべく具体的に教えていただけますか?

補足的に個人的な見解を述べさせていただければ
ロック音楽は60〜70年代に幾つかの実りある収穫の季節を
迎えたと私は考えています
その後は娯楽化の一途を辿って堕落したと思える一方で
パンクやラップそしてオルタナティヴ ロックなど
注目すべきムーヴメントを生み出しながら
現在も進化し続けています

ただこの本はそうした史実を ”説明” するためのもの
ではありません 前書きで触れましたように
これはひとつの世代がその時代に親しんできた音楽を
アルバム ジャケットとコラムで楽しむための書であり
いわば年代記や報告記のようなものになればいいな
という願いを込めました

あなたが私の書に何を期待されたのかは解りませんが
カントリーやブルースといったルーツ音楽はもとより
現在のシーンといったものには あえて踏み込んで
いません

そのようなことについて書く機会があればいいとも
思うのですが 私よりもっと新しい世代の書き手
の文章を読んでみたいという気持ちもあります
(ディラン好きが必ずしもジェイコブ ディランに
ついて ティム バックリーのファンが必ずしも
ジェフ バックリーについていい原稿を書けるわけ
ではないという思いが私には強くあります)

音楽体験の核となるものが異なれば
ロック音楽に対する見方や価値観が違って
くるのも当然なのですが
 ”70年代ロック幻想” に関する
貴氏の見解をお聞かせいただければと
思っています
乱文をお許しください
草々

小尾 隆








2008/6/8

mind your own business  

生活のためにレコード売っては けしからんと言われ
本を出せば ぼろくそに叩かれ
しまいには労働者の敵(笑)だと罵倒され
つくずく音楽ライターって因果な商売ですね(涙)

みなさんそんなに私のことに関心があるんでしょうか(笑)
こんなことならもうblogなんぞ閉めようかなどと
思う今日この頃

そんななか拙書に好意的なレヴューがぽつぽつと
寄せられてきました
今日ご紹介するのは渋谷で国境の南という音楽バーを
営まれている羽田野さんのダイアリーです

かつて美術関係のお仕事をされていたことは
以前からお伺いしていたのですが
そんな氏ならではの観点が新鮮でした
こりゃ私以上に担当スタッフたちが喜ぶなあ

羽田野さん ありがとうございます
レコード売ってお金が入ったら遊びに行きますね(笑)

http://www.kokkyo.net/diary/





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ