東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2008/10/27

its raining  

アーマ トーマスの新作『シンプリー グランド』が素晴らしいです
私が尊敬する情熱の音楽ライターであり 友達でもある文屋章さんが
以前話題にしていたので気になっていたのですが 本日ジェイムズ 
テイラーの新作『カバーズ』と一緒にやっと購入しました

CDの書き出しは「アーマの音楽にはいつもピアノの心が寄り添って
いた」と始まりますが ドクター ジョン マーシャ ボール 先日
初来日を果たしたばかりのジョン クリアリー あるいは普通のOLさん
にもおなじみのノラ ジョーンズといったピアニストたちをそれぞれの
曲に配しながら じっくりと噛み締めるようにニューオーリンズの歌姫
アーマは歌っていきます 

で 音楽から離れますが この頃はなかなか不調です 
友達の一人は会社を辞めてからの最初の2年で自分の本を3冊も出すなん
て恵まれているよ と言ってくれますが それはたまたまであって
音楽ライターなんて言ってみても私の場合毎日仕事があるわけではありません
(そもそも ですます文体が不調の証拠? )

柄本明さんは「俳優と言っても仕事がない時は潜在的な失業者みたいな
ものです」と語っていますし あのルー リードでさえ「ツアーをして
いる音楽家に家はないんだ ひょっとしたらホームレスの気持ちが解る
のはミュージシャンかもしれない」との発言をしたことがあります

僭越過ぎますが それらと似た感情です

なんだか暗い話題になってしまい申し訳ありません
このところずっとずっと
心が弱っているものですから
今日も中古レコード屋さんで「まあお互い 贅沢は言わないから
飯が喰えて音楽が聞ければいいね」なんていう内容のハナシにな
りました

些細な現実や煩わしい人間関係にくじけないこと
お金のことに頓着しない大らかな気持ちのこと
あるいは各駅停車に乗って窓の外を見上げてみること

そんなことを気高く 辛抱強く持ち合わせていれば
いいのではないでしょうか

そうそう アーマ トーマスの話しでしたね
すみません
アルバムの最後はランディ ニューマンのピアノに導かれながら
彼の「今にも雨が降り始めそうだ」で締めくくられます
近所の西友に夕方の買い出しに行ったら
偶然にも 雨が降り始めました




2008/10/27

音楽をめぐる喜びと悲しみ もしくは価値と滑稽  

http://www.bookjapan.jp/search/review/200810/obi_takashi_02/review.html



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ