東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/4/29

グレアム ナッシュのこと  

映画『再会の街で』には
久しぶりに遭遇した男友達どうしが
街に繰り出し レコード店に入るシーン
があり 彼は棚からLPを取り出す

そのなかの一枚がグレアム ナッシュの
『ソング フォー ビギナーズ』だった
僕自身 『ワイルド テイルズ』とともに
思い詰めたような気持ちで 彼の歌を聞い
ていた時があった

少しばかり遡ってCS&N時代の「レディ
オブ ジ アイランド」も素晴らしい
ナッシュが好むのが解るような さり気
ない小品 クロスビーのコーラスはまる
で さざ波のようだ

英語がまだ理解出来なかった頃もあったし
今でもまったく覚束ないのだが
それでも 耳は成長するらしい
この歌のリリックの最後に出てくるのは
次のようなフレーズだ

「僕らが一緒に始めたことを ともに
終わらせたくない」

ラヴソングの文脈で作られた歌詞が
そのままナッシュの理想主義までの結び目
を作っている










2009/4/27

Doug Sahmが死んでから10年  

トリビュート作『Keep Your Soul』が遂に到着!

以前にもボトルロケッツによるダグ集(これまた秀逸)
があったが 今回はテキサス縁のマクリントン、ヴォ
−ン、アレン、アルヴィン、キャラスコなどが参加し
またSDQ〜トルネイドーズ仲間だったヒメネス、マイヤ
ーズまで なかなか筋が通ったメンツが揃い、気合いの
入った演奏を繰り広げている 広い意味での親戚である
ロボスが入っているのも納得
(パーソネル紹介ではないので詳細は現物を)
ちなみに1曲めのリトルGはシーミッドナイターズ出身
で ロボス『ライド』にも参加していましたね

これで日本勢から夕焼けとオレンジが入って
あとルシンダ辺りが塩辛く決めてくれたら
最高なんだけど みんな埃っぽくいい味出してる
アルバムの最後は息子ショーンによる「メンドシーノ」
これまた素晴らしい(お父さんに声が似てきたね!)

批評家の餌食になりようがない音楽
時代の産物から自然に外れてしまう音楽
そんな意味ではデッドと同じ
こういう人にこそ私は最大の賛辞を贈るのである
Sir.Doug
Keep Your Soul !!





2009/4/26

日々の営為のように  

中村まりの新作『Beneath The Buttermilk Sky』が届く

前作『Seed To Grow』から約4年
日々の続きに歌があるとでも言いたげな
その佇まいは 少しも揺らぐことがない
土臭く ブルージーで 若葉のように瑞々しい声

毎日の営為が そのまま彼女の歌になっている
毎朝  顔を洗い パンを食べるように
一日の終わりに 洗濯ものを取り込むように
あるいは 少しだけ視界を遠くに投げかけていくように

http://www.marinakamura.net/







2009/4/24

ときどきすべてがイヤになる  

昨日の「いい人」を今日の悪人に変えてしまうから
当局も報道もタチが悪いと思う
まるで善と悪が対岸にあるような言い草はどうにか
ならないものだろうか

賢明な大人というのは
自分のなかに善も悪もあることを知っていて
そこから冷静に選択するものなのだが

2009/4/23

テリーのギターは虹のようなノイズを描く  

西荻から流れて
久しぶりに新宿は西川の店(upset the apple cart)へ
(リンク参照)

私が黙っていても佐野元春やボビー ウーマックを流し
てくれる  それはとてもありがたいことだ

私のリクエストはテリー カス「フリーフォーム
ギター」に 佐野「黄金色の天使」

西川と知り合って はや20年近く

彼が父親をなくしたように
私も 父を今年失った

そんなこと 話しはしないけど







2009/4/22

記憶の守り手たちのために  

一日がとても長く感じられることがある
とくに日が伸びるこれからの季節をまえにすると
そう実感する時間が多い

昨日の続きが今日であり 今日の続きが明日だと
理屈では解っているものの その繰り返しに
ときどき耐えられなくなりそうだ

それでも 永遠というものはあり得ない
私の命に限りあるように
この球体も一億光年の彼方には
太陽に呑み込まれて ゼロとなってしまうのだ

人のことを忘れることも
人から忘れ去られることも 私は怖い
そう思いつつも
あらゆる記憶は次第に浸食されていくのだ

2009/4/21

昨夜はトーク&DJ会でした〜その2  

昨夜は御茶の水のwoodstock cafeにて
私の トーク&DJ会でした

shallowsに続いて10数名の方に来ていただき
お陰様で満員となりました
お越しいただいた皆様、店主の阿部さん
お疲れ様でした ありがとうございます

ちなみに今回のサプライズ ゲストは
大先輩の天辰保文さん
私自身びっくりしました(笑)
天辰さんにも少しトークに加わっていただき
とても楽しい時間を過ごすことが出来ました

以下プレイリストです
なお前回同様 店内のBGMは
ヴァン モリソン『アストラル ウィークス』
を流させていただきました

テーマ:「私の音楽遍歴」
(第一部)
1Crosby,Stills & Nash/ Wooden Ships
2 Nel Young& Crazy Horse/Cinamon Girl
3 Joni Mitchell/ All I Want
4 Grateful Dead / Attics Of My Life
5 Dan Hicks& His Hot Licks/ Sweetheart
6 Sir Douglas Quintet/ Mendosino
7 Mike Bloomfield& Al Kooper/The 59th Street Bridge Song
8 Youngbloods/ Donna
9 Leon Russell/ Back To The Island
10 Willis Alan Ramsey / Angel Eyes

(第二部)
1 The Band/Bessie Smith
2 The Band/Aint No More Cane 〜天辰さんリクエスト
3 Karen Dalton/In A Station
4 Eric Andersen/ Waiing For A Train
5 Jesse Winchester/Every Word You Say
6 Geoff Muldaur/Higher And Higher
7 Van Morrison/ Jackie Willson Says
(Im In Heaven When You Smile)
8 Taj Mahal/ She CaughtThe Katy And Left
Me A Mule To Ride
9 NRBQ/ I Love Her , She Loves Me
10 Lovin Spoonful/You Didnt Have To Be So Nice
11 Young Rascals/What Is The Reason
12 Arlo Guthrie/The City Of New Orleans


終わったあと 皆さんと軽く雑談
これまた 楽しいひと時でした
しかし阿部さんお薦めの山形のお酒が効いたのか?
帰宅までの記憶がまったくありません(笑)








2009/4/18

1973年のピーター ヤーロウ  

ピーター ヤーロウの73年作『Thats Enough For Me』
を久しぶりに聞いたら 思いのほか良かった

東海岸のフォークシンガーが ジャマイカのダイナミッ
ク スタジオまで足を伸ばしたという意味では そう
『ポール サイモン』(71年)に続く流れを感じる
現にサイモンは一曲を提供 そしてレゲエ関係の音楽家
ではトゥーツ ヒバートが例によって骨太で泥臭いヴォ
ーカルで貢献した メイタルズにもダイナミック録音が
あったけ ギターのハックス ブラウンは前述の『ポー
ル サイモン』にも参加しているこのスタジオの専属的
な人だ

サイモン絡みではジェシ ディクソン シンガーズも
加わっているのが 懐かしいといえば懐かしい

このヤーロウ作の録音ロケーションは他にも地元ウッド
ストックのベアズヴィルからシェフィールドのマスル
そしてニューオーリンズではトゥーサンのアレンジを得
て 果てはロンドンでデヴィッド ベッドフォードや
デル ニューマンにまでスコアを書かせている                                                      むろんヤーロウが全ての
ロケに参加したというよりは ミックス段階の”被せ”
もあるのだろうが なかなか豪華というか 分裂ぶりが
当時のヤーロウ氏の音楽的関心を伺わせている














2009/4/15

アルセニオ ロドリゲスとチャック ベリー  

プエルトリコ出身のコンガ奏者、サブーのリーダー作
『パロ コンゴ』(Blue Note 1561 ) をレコード棚か
ら引っ張り出してきた

この盤の話題といえば何といってもアルセニオ ロドリ
ゲス(トレス)との共演! 延々と繰り広げられる二人
の白熱した演奏に加え 他にもコンガ奏者が二人も参加
している

先日触れたアバネーロがキューバ音楽の優雅さを代表し
ているとしたら こちらは野性味剥き出しのワン セッ
ションといったところ パーカッション各種の混ざりや
掛け合いが圧巻で とくに「南京豆売り」でのアルセニ
オのトレスは奔放そのもの! 「エレグアに捧ぐ」での
ヴォーカルのコール&レスポンスも ゴスペル音楽のよ
うな高揚感に満たされている 

むろんアルセニオにとっては故郷キューバをあとにして
アメリカに渡ってからの 57年録音 
私はキューバ音楽を語れるほど詳しくはないのだが
こうしてアメリカに伝播していった影響力を面白く感じ


そういえばチャック ベリーのファースト アルバムに
も「ハバナ ムーン」というラテン的な曲があった
時期的には あまり変わらないんだよね












2009/4/14

ライ クーダーの彼方に  

キューバ音楽のアルバム2枚を聞く

◎セステート ボローニャ
◎セステート アバネーロ

いずれも20〜30年代の録音をクリス ストラックウィッツ
が纏めたもので ソンの原型を聞けるという意味でも大
いに価値あるアルバムだ
フォークリリックから発売されていたこの2枚
LP時代はPヴァインが輸入盤を配給していたが
今はどうなっているのやら

楽器編成はトレス ギター ベース ボンゴ クラベス
マラカスによる6人(セステート)で
オン クラーベのなか 鷹揚なヴォーカルが混ざり
トレス(複弦3対の小型ギター)の優雅な調べに
心奪われる ヨーロッパ音楽とアフリカ音楽とが混ざり
合って形成されたソン
ブエナ ビスタでキューバ音楽にきっかけを持った人
にも 原点として聞いてほしいレコーディングだ

アバネーロのライナーノーツで関谷元子さんはこう
書かれている

「夜お酒を片手に聞けば 心がリラックスし 浄化され
至福の睡眠が約束されるだろうし お天気のよい日
日向ぼっこをしながら聞いていると人生って何て素晴ら
しいんだろう 人間って何て温かいんだろう と思って
しまう セステート アバネーロはそういう音楽だ」

個人的には 長調による陽性の曲が多いことにも
親しみを覚える 




2009/4/12

リズムと理由  

一般にロック史に於ける8ビートの確立は
エディ コクランの59年曲「サムシング エルス」が
最初と言われています

4〜シャッフルで刻まれるロカビリーやR&Bに対して
初めて ”ビートの均等割り” を開拓したのが
このコクラン曲で叩くアール パーマーのdsであったと
(ボンゾ氏は「ロックンロール」でそれを忠実に再現)

しかし当時斬新だった8という概念も
次第に新鮮さを失っていき リズムやビートに意識的
な音楽家たちは 16打ちもさることながら
ポリリズムの援用(チャーリー ワッツ&オーリーE
ブラウンなど)などに活路を見出してきました

あるいはYMOのような頭脳派集団になると
機械と人力を同期させるという方法論に打って出ました
高橋ユキヒロ氏がアル ジャクソンのそれを尊敬して
いることは広く知られていますね

むろんデイヴ エドモンズのようなロックンロールの
優れた後継者は 4と8の噛み合わせや
頭と尾っぽのどちらにビートの着地を求めるのか
といったニュアンスを醸し出し続け
「おお、解っていらっしゃる!」という信頼を
勝ち得たことは  言うまでもありません

定形化したビートはやがて鮮度を失ってしまう
私が先のウィンウッドの書き込みで言いたかった
ことも もともとはそれが発端でした
私より年下でいらっしゃるalmost prayedさんが
的確な反応をしてくださったのも
嬉しかったですね

機械ビートとヒューマン ビートの超克

この一見矛盾するテーマを自らに課したのも
また ウィンウッドでした
ことさら評価が芳しくない82年作『バック イン
ザ ナイト』でも 彼はレイ チャールズのような
”揺らぎ感”を機械ビートとともに「アンド アイ
ゴー」のなかで 実践しています

リズムを主体に音楽を聞くアティチュードは
かなりの喜びをもたらしてくれます
歌詞の重要さを機会ごとに言っているような
私でさえ リズムがもたらす悦楽のまえでは
サレンダーしてしまうといったような

それにしても ”言葉の人” ではない(と思う)
ウィンウッドが リズムやビートを軸として
今までとは異なる視界を見せてくれたという
意味でも
『ナイン ライヴス』のアルバムは
多くのことを示唆していると
思っています














2009/4/11

Dear. Mr.Fantasy  

第二期トラフィック時代のウィンウッドで見逃せない
サイド プロジェクトがThird Worldの『Aiye-Keta』
(英Island 73年)だが 昨日偶然にもやっとオリジ
ナルLPを入手することが出来た

エアフォースのレミ カバカ、オシビサのアブダル
レシシ アマオそしてウィンウッドからなるこのトリオ
の音楽は ポリリズムを生かしたアフロ ファンク色
が濃密なもので ゆったりとフロウしていくウィンウッ
ドのオルガンも たまらない魅力を醸し出す

昨年の傑作『ナイン ライヴズ』*でもアフリカ的なリ
ズム アプローチが音楽に奥行きを与えていたが
やはり この時期の体験をじっくりと熟成させていった
のだろう

これまたスティーヴ ウィンウッドとは親交が深かった
故アンソニー リーバップ クワク バの『Reebop』
(英Lsland 72年)とともに 脱ロックの記念碑的な
意欲作として トラフィックのレコード棚のなかに入れ
ておきたい

*『ナイン ライヴス』
普段聞き手は漠然と「これはいい曲だね」といった感想
を言うが そんな意味ではウィンウッドは曲の人ではな
いというのが私の見解 あまり作詞に積極的ではないと
いうせいもあるのだろうが ソングライターというより
は 演奏*という行為に彼はより大きな価値を見出し
ている気がする 80年代には楽曲をコンパクトにまと
めあげるような試行錯誤もあったが やはりこの人が一
番のびのびしているのは オーガニックなグルーヴに
包まれている時 リズムのさざ波が寄せては返すような
含蓄ある演奏 各楽器の緊密な連携の究極を『ナイン
ライヴス』や『アバウト タイム』といった最近のアル
バムに聞き出すことが出来る ウィンウッドを聞いてき
て良かったと思える瞬間がここに

*「演奏」
楽譜に書かれた”曲”を再現するクラシック音楽とは
異なり ロックやジャズといったポピュラー音楽の多く
は 譜割りに還元出来ない肉体感覚(グルーヴ)に多く
を負っている 曲という枠に捕らわれず長い演奏をす
ることでウネリを生み出していくという美点は 例えば
グレイトフル デッドのジャム演奏などに見出せよう

















2009/4/9

昨夜はトーク&DJでした  

昨夜のトーク&dj@西荻shallowsは
お陰様で盛況のうちに終わりました
ウィークデイの最中 来て頂いたみなさん
ありがとうございました
感謝しています

以下プレイリストです

(第一部)
1 beatles/hey bulldog
2 the byrds/eight miles high
3 creedence crearwater revival / fortunate son
4 john sebastian / i dont want nobody else
5 flying machine/bright your night with my day
6 james taylor /blossom
7 bob dylan / youre a big girl, now
8 warren zevon / desperado under the eaves
9 steely dan / night by night

(第二部)
1 sandy denny/last thing on my mind
2 nic jones/candi-o
3 van morrison /fairpray
4 donovan/wear your love like heaven
5 richard&linda thompson/i want see the bright light tonight
6 ry cooder with earl hines/diddy wah diddy
7 david lindley / tu-ber-cu-lucas and the sinus blues
8 smiley lewis/i hear you knockin
9 bobby womack / more than i can stand
10 ronnie lane/you never can tell :ode to mr.chuck
11 chuck berry / school day

なお今月20日にも同じく”私の音楽遍歴” という
テーマでイベントを行います
場所はお茶の水のwoodstock cafe です
今回とは構成/選曲をすべて入れ替えますので
また 遊びに来てください
お待ちしています



2009/4/7

lose again  

本日 ディスクユニオンの川田さんから
メールを頂きました

いささか衝撃的なニュースであると思い
ますが ディスクユニオン新宿本館の5F
にあるルーツ&トラディショナル館が5月
下旬をめどに閉店されるとのことです

川田さんをはじめとするスタッフの皆さん
による見識ある品揃え ときには音楽家本人
とコンタクトを取りつつCDを取り寄せる
地味で熱心な努力など 多くの支持者を得てきた
この店舗 私自身もお茶の水時代から大変
お世話になってきて つい先日もヘンリー
マックロウとヨーマ コウコネンそれぞれ
の新作をここで購入したばかり  ジェシ
ウィンチェスターの新作も楽しみでした

CDの店舗(対面)販売が厳しい環境に置か
れている現実があるとはいえ 少数派の要望にも
応えてくれた愛すべきレコード屋さんが
またひとつ消えていくかと思うと 何とも
言えない感慨に襲われてしまいます

月並みではありますが 川田さんやユニオンさん
の今後の展開に 望みを託したい気持ちです
長い間お疲れ様でした
ありがとうございました

小尾






2009/4/7

doctor, my eyes  

パキスタンの宗教音楽家、ヌスラットのことは
ピーター ゲイブリエルとの交流などでロック
ファンにも広く知られたと思うが 彼の音楽が
ジェイムズ ブラウンのそれに似ているという
指摘に 思わず納得してしまった

フェラ クティにしてもそうだが JBにしても
ヌスラットにしても 曲という時間軸よりは
集団音楽としてグルーヴを持続させていくこと
を主眼としている訳で マッシヴアタックが
ヌスラットをサンプリングしたという話にも
合点が行く 私は晩年のヌスラットのライヴ
盤『スワンソング』しか持っていないが この
97年作でさえ トランス感はもの凄い!
全盛期のレコーディングも今度 聞いてみよう
正確な名前は ヌスラット フェテ アリ
カーン

  *    *     *

女性ジャズ歌手に惹かれたことは殆どないが
カサンドラ ウイルソンはブルースの素養がある
興味深いシンガーだ 幾らか知的に処理された
サウンド プロダクションが気になるのは 私が
黒人音楽愛好家だからだろうか そんなことを思い
ながら 02年作『ベリー オブ ザ サン』を
聞いた

 *     *     *

キューバ音楽の日溜まりのような匂いが好きで
ときどき聞くのが イブライム フェレールの
ワールド サーキット盤 ちなみに制作はライ クー
ダーで すぐ彼と解るギターも聞こえてくる
ライのキューバ音楽へのアプローチに文句を言う
人もいるようだが まずは彼がキューバへと向かった
柔らかな心の流れを考えてみるべきではないだろうか?

 *     *      *

ロック音楽への教条的な言説にうんざりさせられるのは
今日に始まったことではないが 自分や時代を検証する
こともなく 空疎な言葉ばかりを振りかざしている人に
は さすがに 気分が悪くなってしまう 「こいつ、
言っていることと やっていることが全然違うじゃん!」
と 書店である本を見て 思わず苦笑されられた













teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ