東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/4/5

もうすぐトーク会が始まります  

トップ欄にも書いていますが 今週から私の
トーク会が都内の2ケ所で始まります
お時間がある方は ぜひ遊びに来てください
お酒でも飲みながら のんびりやりましょう
(内容は重複をなるべく避けますね)

今回はいずれも私(小尾)が音楽遍歴を振り返りながら
レコードやCDを流そうという内容です
漠然とロック音楽に惹かれるようになってから
思えば はや半生記近くになります  
何らかの機会に 自分が積み重ねてきた音楽体験を
整理してみるのも そう悪いことではあるまい
と思ったのが そもそものきっかけでした

時間的にはそれぞれ2時間強
むろんすべてを凝縮させることは不可能でしょうが
私と同じような音楽体験をされてきた方も
また そうではない方も
楽しんで頂ければ幸いです
ご要望があれば 質問などにも
お答えしたいと思っています

「人はある時点で過去を振り返り その価値を認め
ある種の敬意を払うことになる」とは
ジャクソン ブラウンの発言ですが
そのような循環の繰り返しが
人の営為なのかもしれません

会場の場所や時間などは
shallows cafe   woodstock cafeそれぞれの
ウェブサイトをご覧ください

それでは 会場でお会いしましょう
お待ちしています!

小尾 隆









2009/4/5

me and my guitar  

今夜は狭山のふぃがろでDJ会でした
ギター特集ということだったので
私の好きな歌い手(とギターの響き)を回してみました

1 paul geremia/holly
2 caetano veloso/get out of town
3 gillian welch/orphan girl
4 los lobos/ sabor a mi
5 ellen mcilwaine/cant find my way home
( ode to stevie winwood)
6 jesse winchester/little grass of wine
7 livingston taylor/isnt she lovely
8 dave van ronk/samson & delilah
9 chet atkins/china town, my chinatown
10 doobie bros./black water
11 lucinda williams/ jackson
12 chris smither/every mothers son


珍しくアコースティック中心の選曲でした











teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ