東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/4/9

昨夜はトーク&DJでした  

昨夜のトーク&dj@西荻shallowsは
お陰様で盛況のうちに終わりました
ウィークデイの最中 来て頂いたみなさん
ありがとうございました
感謝しています

以下プレイリストです

(第一部)
1 beatles/hey bulldog
2 the byrds/eight miles high
3 creedence crearwater revival / fortunate son
4 john sebastian / i dont want nobody else
5 flying machine/bright your night with my day
6 james taylor /blossom
7 bob dylan / youre a big girl, now
8 warren zevon / desperado under the eaves
9 steely dan / night by night

(第二部)
1 sandy denny/last thing on my mind
2 nic jones/candi-o
3 van morrison /fairpray
4 donovan/wear your love like heaven
5 richard&linda thompson/i want see the bright light tonight
6 ry cooder with earl hines/diddy wah diddy
7 david lindley / tu-ber-cu-lucas and the sinus blues
8 smiley lewis/i hear you knockin
9 bobby womack / more than i can stand
10 ronnie lane/you never can tell :ode to mr.chuck
11 chuck berry / school day

なお今月20日にも同じく”私の音楽遍歴” という
テーマでイベントを行います
場所はお茶の水のwoodstock cafe です
今回とは構成/選曲をすべて入れ替えますので
また 遊びに来てください
お待ちしています





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ