東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/4/11

Dear. Mr.Fantasy  

第二期トラフィック時代のウィンウッドで見逃せない
サイド プロジェクトがThird Worldの『Aiye-Keta』
(英Island 73年)だが 昨日偶然にもやっとオリジ
ナルLPを入手することが出来た

エアフォースのレミ カバカ、オシビサのアブダル
レシシ アマオそしてウィンウッドからなるこのトリオ
の音楽は ポリリズムを生かしたアフロ ファンク色
が濃密なもので ゆったりとフロウしていくウィンウッ
ドのオルガンも たまらない魅力を醸し出す

昨年の傑作『ナイン ライヴズ』*でもアフリカ的なリ
ズム アプローチが音楽に奥行きを与えていたが
やはり この時期の体験をじっくりと熟成させていった
のだろう

これまたスティーヴ ウィンウッドとは親交が深かった
故アンソニー リーバップ クワク バの『Reebop』
(英Lsland 72年)とともに 脱ロックの記念碑的な
意欲作として トラフィックのレコード棚のなかに入れ
ておきたい

*『ナイン ライヴス』
普段聞き手は漠然と「これはいい曲だね」といった感想
を言うが そんな意味ではウィンウッドは曲の人ではな
いというのが私の見解 あまり作詞に積極的ではないと
いうせいもあるのだろうが ソングライターというより
は 演奏*という行為に彼はより大きな価値を見出し
ている気がする 80年代には楽曲をコンパクトにまと
めあげるような試行錯誤もあったが やはりこの人が一
番のびのびしているのは オーガニックなグルーヴに
包まれている時 リズムのさざ波が寄せては返すような
含蓄ある演奏 各楽器の緊密な連携の究極を『ナイン
ライヴス』や『アバウト タイム』といった最近のアル
バムに聞き出すことが出来る ウィンウッドを聞いてき
て良かったと思える瞬間がここに

*「演奏」
楽譜に書かれた”曲”を再現するクラシック音楽とは
異なり ロックやジャズといったポピュラー音楽の多く
は 譜割りに還元出来ない肉体感覚(グルーヴ)に多く
を負っている 曲という枠に捕らわれず長い演奏をす
ることでウネリを生み出していくという美点は 例えば
グレイトフル デッドのジャム演奏などに見出せよう



















teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ