東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/7/1

語られてきた偉大な物語〜淀むことのない演奏  Rock N Roll

最初にデッドを知ったのは中3の頃だった
当時の新譜として彼らの『ウェイク オブ フラッド』
(73年)が発表され それを流すFM番組で私は初めて
「天気予報組曲」を聞いたのだった

それからすぐ一直線にデッドへと向かうことはなかった
(何しろ 他に聞くものが多過ぎた)けれども
このバンドに大いなる大地のような匂いを
感じていたのかもしれない
ただ 相手はあまりにも巨大過ぎた 偉大過ぎた

そんな漠然とした気持ちが氷解していったのは
素晴らしいライヴアルバム『デッド セット』(81年)
を たまたま聞き 彼らと再会したからだった
何だ ちっとも変わっていないじゃないか
『テラピン』からの引用で ウサギと亀の寓話を引けば
彼らは相も変わらず亀であり続けていた
そのことに羨望すら覚えた

もし人生が ”選択” の連続だとするならば
私は何も迷うことなく 亀の立場を選ぶことだろう
そう  グレイトフル デッドのように
そして まるで大河のような彼らの淀みない演奏は
大いなる基準であり続けている


71年4月25〜29日@フィルモア イースト公演
『Ladies and Gentleman』(rhino 04)

CD1

truckin
bertha
next time you see me
beat it on down the line
bird song
dark hollow
second that emotion
me and my uncle
cumberland blues
good lovin>
drums>
good lovin


CD 2

sugar magnoria
loser
aint that crazy
el paso
im a king bee
ripple
me and bobby mcgee
uncle johns band>
turn on your lovelight


CD 3

china cat sunflower>
i know you rider
it hurts me too
sing me back home
hard to handle
dark star>
st.stephan>
not fade away>
going down the road felling bad>
not fade away>


CD 4

morning dew
new minglewood blues
whatrf rat
alligator>
drums>
jam>
going down the road felling bad>
cold rain and snow
casey jones
in the midnight hour>
we bit you goodnight










teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ