東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/7/5

7月5日、普通の言葉の豊かな連なり  Rock N Roll

昨夜に続いてツアー2日めの佐野&コヨーテ バンド
を横浜ブリッツにて見る
昨日は僕の方がすべての音を聞き逃さないぞ といっ
た気負いが強く出てしまったが 今夜はもっとリラッ
クスして接したぶん 逆にトータルなバンドのグルー
ヴを より楽しむことが出来た

終盤には佐野が「今日は僕の古くからの友人が来てい
るんだ」と2F席にいた古田”mighty " たかしを紹介し
「どうしてきみはそっちにいるの?」と呼びかけ
聴衆にユーモアを運び込む場面もあった

PAのせいか あるいは僕が立っていた場所のせいか
リズム ギターの鳴り自体がクリアに聞こえたのを
はじめ 各楽器が鮮やかに際立つ
そして特定のイメージに限定されることを注意深く
避けた歌詞が 聞き手へと委ねられていく
抽象度の高いリリックが 時間のなかで風化しない
ことを 初期からずっと佐野はよく心得ているのだ

土地の限定はしない することの意味もない
特定の街を言い含めることもしない
何故なら それが佐野の矜持ともいうべきものだから
それがロック音楽の生命線であることを
彼は直感的に理解しているのだ

自分でも ときどき不思議に思うのだが
僕が佐野の音楽をこれまで聞いてきて
彼がやってきた音楽や
これからやろうとしていることに対して
少しでも懐疑的になったり
ネガティヴな要素が紛れ込んできたりしたことは
たった一度もありはしない

その気持ちは たとえば僕が
ロネッツの「ビー マイ ベイビー」を体験した時の
一見平たい言葉が持つ とてつもない広がりを知った
ことに 似ているのかもしれない















teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ