東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/7/10

他人と比べない人生を 淡々と  

最近は読売ジャイアンツのオビスポ投手の活躍で
オビという名前もようやく知られてきました 
一応私も明後日の都議選には革新系無所属で立候補
していますので 良識ある都民の皆さんはぜひオビ
に清き一票を!  実はこの前新興宗教系の党が
池袋の駅で荒唐無稽な演説をしていたので思わず
苦笑してしまったのですが まあ真剣に聞いている
人もいるわけで何だか異星人のようです やはり
幸福のオーラでしょうか(笑)

とまあ冗談はともかく 昨日は少しばかり嬉しいこ
とがありました いや単にとある方と電話で話しを
しただけなんですけど お互いを認め合い 話しを
汲んでくれる人の存在っていうのはありがたいです

もともとこの人 気立てが上品というか爽やかな方な
のですが 会ったばかりの頃は感覚的なことばかり言
っていた記憶があり トラフィックの音楽のような
掴みどころのなさを感じてもいたのですが 面白いも
ので人の良い面というのは次第に染みてくるようです
また感覚的という側面も もっともらしい言説を
注意深く避けている証拠かもしれません トラフィック
がだんだん輪郭を描いていくのと同じような匂いが
この人にはするんですね

思えば昨年の今頃 僕が言われなきことでここで批判
されていたとき 真っ先に電話をくれたのがこの人でし
た それは単純に知り合いだから味方するとか 友達
だからフォローするといったことではなく ネットとい
う匿名性がきわめて強いツールを悪用することへの嫌悪
や 尻馬に乗ってものを言う無責任な集団性の怖さなど
を話されていました 考えてみれば僕が「オビタカシ」
と名乗っているのに対し 連中はみんな匿名でした
まったくフェアではない展開でしたね(他にも電話やこ
こでフォローしてくれた方々、ありがとうございました)

話しをその人に戻して 僕と共通する部分を探すとすれ
ば淡々と 自分の歩調で歩いているといったところで
しょうか 逆に言えば欲がないのですが 面の皮が厚い
よりはましかもしれません そしてベタベタした付き合
いがあまり好きではない 徒党を組んだり群れたりする
のが嫌い 生理的に合わないというのも似て
いるかもしれませんね でも僕がこの人を一番いいな
あと思うのは自分の人生を他人のそれと比べたりするこ
とが一切ないから 自分の幸せを他人のそれと比べて
どうこう言ったりすることが微塵もないから

また手持ちのカードを見せないのが大人の論理だとすれ
ば すべてではないにせよ持ち札を差し出すことを躊躇
しないようなところも僕は好きです そんな意味では
僕とは子供どうしの関係かもしれません(笑) 

ちょっと自分でも思っていなかったところで見守ってく
れていたんだなあ という感慨もあって この人は裏切
れないなあとか 僕のこのポンコツ人生をもうちょっと
がんばってみんべえ〜とか もう少し文章が上手くなれ
たらいいなとか思ったりしています 夏が終わらないう
ちにビールでも飲みましょうか、御同輩









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ