東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/7/15

フランク ザッパが教えてくれた〜政局あって政治なし  Rock N Roll

東京新聞はローカルなニュースペーパーだけに鷹揚な
記事が多く私は好きなのですが 今日の夕刊一面のキャ
プションは最高でした いわく

『そのまんま麻生解散』

これが「本紙が勝手に命名」というサブタイトルととも
に冠されているのだから気が利いています(笑)
言うまでもなく 知事として大した実績を残していない
にもかかわらず東国原の人気にあやかろうとした自民党
の凋落ぶりと 首相交代なしで解散を企む麻生の魂胆を
掛け合わせたものですが 洒落ていますね

もともと現在の政局は語るにも値しないもので 今回の
都議選も私はよっぽど棄権(も立派な意思表明だ)しよ
うかと思ったくらい
テレビも政治を語らず政局を面白がるといったエンタメ
のような要素が強く そんなゲームに乗るのは愚の骨頂
だとさえ私は思っています 夕方になって批判票を投じ
るためだけに投票所に行ったのですが 実際はカミさん
と「外食でもするかあ〜」と出掛けたついでです(笑)

だいたい候補者の名前を見ても特にピンと来る人はいな
く じゃあ比較的まともな党にでも入れるかあといった
極めて消極的な参加ですが これが一般人の普通の感情
ではないでしょうか? 都市型の無党派〜浮動票層とよ
く表現されるように 私などはその典型でしょう

こう書いていると「お前は政治をおちょくっているのか
?」とか言われそうですが はい、おちょくってます
(笑) というのもあまりに青筋立ててもっともらしい
こと言われると もう生理的に引いてしまいますし
一つの党なり一人の人物の言うことを全面的に依存する
っていうことが もう駄目なんですね 少なくとも
「日本もChange! 」などというお題目を信じるほどおめ
でたくはありません

いつも言っていることですが 私は根本的に群れをなす
ことや徒党を組むことが 大嫌いです それは集団の
怖さや無批判故の暴走を警戒しているからかもしれ
ません フランク ザッパのジョークやユーモアはとき
に毒が強過ぎるところもあるのですが ザッパのような
「おちょくり」は こんな時代だからこそ対象からきち
んと距離を取り”自分で考える”という意味でも必要
なのかもしれません

ところで永田町の番記者でよく麻生や古賀を追いかけて
いるなかで 一人すげえ美人がいますね 私は「政局」
はともかく 思わずそっちを惚けたように見てしまい
ます(笑) いやあ 目が可愛いんです










2009/7/15

祝! 東京ローカル ホンク  

すでにご存知の方も多いと思いますが
昨日 佐野元春さんのラジオ番組『元春レディオ
ショウ』で 東京ローカル ホンクの「お手紙」
が 何と佐野さん本人のリクエストでオンエア
されました!

嬉しいなあ! 佐野さん、ありがとう!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ