東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/10/4

Traffic/On The Road〜デヴィッド フッド来日記念!  

ドニー フリッツ&ザ ディーコイズの興奮さめやまぬ
なか 折りにふれて聞いてるのがトラフィック73年の
ライヴアルバム『オン ザ ロード』のリマスターCD

ウィンウッドにとってマスル ショールズとの出会いは
前二作(『ロウ スパーク』と『シュート アウト』)
に溯るけれども マスルのバリー(kbd) フッド(b)
ホウキンス(ds)のリズム セクションを率いて実際のヨ
ーロッパ ツアーに出向き そのなかの西ドイツ公演を
収録したのが『オン ザ ロード』だ

思えばビートルズのビリー プレストンとの出会い
ストーンズのライ クーダーとのセッション
ジョー コッカーのレオン ラッセルとのツアーなど
60年代末から70年代にかけては英米の音楽家による
異種交配がもっとも積極的に行われた時代かもしれない
それだけの野心というか音楽的な裾野の広がりを自らの
手で手繰り寄せようとする熱意が迸っている作品は数知
れない

『オン ザ ロード』も まさにそんなスリリングな
”ミクスチュア ロック”の悠然とした記録だろう
トラフィックの長尺でインプロヴァイズしていく自由度
の高い世界を マスルの懐の深いリズム隊が包み込むよ
うにサポートしていく様が とにかく素晴らしい
とくにこの時期のトラフィックは ナイジェリア出身の
パーカッション奏者であるリーボップ クワバがメン
バーに加わっていただけに よりリズムに対して関心を
払っていたことは確信出来る

恐らく細かい約束ごとはなかったのだろう コンパクト
な決めで曲を構成していくのとはまるで逆の 自由気ま
ままにフロウしていくその音楽は マスルの柔軟なビー
トを背にして じわりじわりと 波のように押し寄せて
くる
圧巻はやはり「グラッド」〜「フリーダム ライダー」
の流れや「ロウ スパーク」だろうか

あと一枚のスタジオ アルバムを最後に解散してしまう
トラフィックだったが それからウィンウッドは感動的
な名作『スティーヴ ウィンウッド』(77年)へと
突き進んでいった

そして僕のなかで その流れはウィンウッドの大傑作
『ナイン ライヴス』(08年)へと しっかりと繋が
っていく









teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ