東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/11/5

奇妙な染みを残していくような音楽〜ビッグ・スターのボックスセットのために  Rock N Roll

ビートルズが最も有名なポップ アイコンだとしたら
このビッグ スターはさしずめ最も知られていないロ
ーカル バンドの一つだろう そんな彼ら念願のボッ
クスセット『keep an eye on the sky』が遂にライノ
レコーズから発売された
売れなかったことに彼らの責任はない 運命とはいつ
の時代もそういうものであり それを人々は後にな
ってから伝説などと呼ぶのだ 

CD 1

ビッグ スター結成以前のクリス ベルやアレックス
チルトンのソロ またはアイスウォーターやロックシ
ティといった前身バンド名義の録音に始まる  黒幕
ではテリー マニング(エンタープライズにソロ作
あり)がベルとチルトンを繋ぐキーマンだったはず
72年のファースト アルバム『#1 Records』からは
ミックス違いヴァージョンやシングル ヴァージョン
を含めながら全曲を収録 他にデモ吹き込みが終盤に
3曲 そこではラウドン ウェインライト3世の「モ
ーテル ブルーズ」も興味深い
60年代にチルトンが在籍していたボックストップスが
白人R&Bバンドであったことや このビッグスターも
ブラック ミュージックの震源地であったメンフィス
出身だったことが 彼らのイメージを絞りにくくして
しまったのだろうか? むろんここに聞けるのは黒さ
が微塵もないギターロック 人々はそれを後から”パワ
ー ポップ” と呼んだ 今から40年近くも昔の音楽と
はとても信じられない瑞々しい情感が溢れ 躍動する
若々しさに満ちている

CD 2

早くもベルが脱退しトリオとなった彼らだが チルトン
が健闘し よりポップな色彩の『radio city』を74年に
リリース バングルズが取り上げた「セプテンバー ガ
ールズ」くらいは御存知の方も少なくないだろう その
アルバムを核として ここでも別ヴァージョン デモ
そしてベルのソロ作品などが満載だ 『radio city』の
最後を締めくくっていたチルトンの弾き語り「アイム 
イン ラヴ ウィズ ア ガール」は その何気なさゆ
え心に残る 

CD 3

問題作『3rd』もしくはその改訂版『sister lovers』
といった75年前後の作品を収録 問題作と書いたのは
当時 レコード会社があまりのダウナーな内容に驚き
発売を見送ったためだ しかしこの録音があったから
こそビッグ スター及びチルトンはカルト ヒーロー
となり 新世代から惜しみないリスペクトを受けてい
ったのだと確信する まるで青白い光のなかを松明を
掲げて俯きながら歩いているようなチルトンの歌が
時代を超える共鳴を得た ヴェルヴェッツ「宿命の女」
のカヴァーも見事に嵌っている 何でも録音当時のチ
ルトンはドラッグの乱用で大変だったらしいが 「ジ
ーザス キリスト」や「ホロコースト」といった曲は
聞き手を捉えて離さない もはやチルトンのソロ作品
と言ったほうが適切だろう まるで蜉蝣のように孤独
な魂がここに

CD 4

地元メンフィスはラファイエット ミュージック ルー
ムに於けるライヴを収録 メンバーが三人になってから
のステージで 73年1月の録音と記されている 以前に
もライコディスクからライヴ盤が出ていたが むろん
それとは異なる未発表の貴重な発掘で 全20曲がワンシ
ョウの如く楽しめる 代表曲のほかにはブリトーズの
「ホット ブリトー#2」Tレックス「ベイビー ストレ
ンジ」トッド ラングレン「スラット」などをカヴァー
している

〜最後に〜

誓って言うが 72年当時ビッグ スターのレコードを聞
いていたロック ファンは皆無だった そこら辺りの状
況はやはりラズベリーズやバッドフィンガーとは違って
いたのだ 私も例にもれずチルトンのソロから彼のキャ
リアを溯っていったのだが 彼のゴツゴツとした歌声
や無頼の匂いは 以降も私の彼に対する信頼を繋ぎ止め
てきた ビッグ スターにしても その音楽は奇妙な染
みのような何かを残してゆく それこそが私が前回書い
た”守られるべき聖域”であり 未完成なものが運び込
んでくるリアルであるのかもしれない
ちなみに今回のボックスセットのタイトルには
keep an eye on the sky とある
これはチルトンの75年作「ストローク イット ノ
エル」の歌詞から引かれたものだ










teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ