東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/12/27

ありふれた言葉を取り戻していく音楽家たち  

ありふれた言葉や
手垢に塗れてしまった言葉を
自分の掌へと取り戻していく営為
それもまた 音楽が担う大事なことのように
思います

普通の言葉を輝かせていくこと
一度死んでしまった言葉を
生きる動詞へと静かに導いていこうとする
心の流れのようなもの

彼らは今日も
背筋をきちんと伸ばして
歌っています




2009/12/27

12月26日〜ラファイエットのような一夜  

ザディコキックスの演奏を 池袋のフリーフロウ
ランチで楽しみました

このフリーフロウはおもてなしの基本に忠実で
ソウルフードなど南部系の料理も美味いハコ
(というか普段はバーです)なので ぼくも
愛用しているのですが こういう気さくな場所
は キックスの演奏にとても似合っています
彼らの演奏に触れるのは ぼくはこれで三回め
になりました 早めに行ってビールで喉を潤し
好物のスパゲティなど食していると 馴染みの
方々も次第に集まってきました

ザディコ音楽を演奏すると言っても 彼らは
何も学術的なアプローチをするのではなく
まさにリヴィング(生きた)ミュージックや
ダンス音楽としてのそれを 楽しく賑やかに
伝えてくれます  ルイジアナ州のラファイエッ
トやシェリヴポート地区で今なお週末に繰り広
げられているザディコと彼らの音楽に齟齬は
あまりないような気がします

ボタン式アコーディオンとフィドル(曲によっ
てはツイン フィドルに)の使用は ザディコ
と親戚関係になるケイジャン音楽の匂いも運ん
でくるもので クリフトン シェニエのような
よりブルージーなザディコとは若干表情が異な
る点も面白いところです そして何といっても
ラブボードが二台でビートの波を作っていく様
はクセになります(笑)

同じ店での少しだけ以前の彼らです

height="344">

こんな商店街での演奏も楽しいですね



終演後 客として遊びに来ていたコスモポリ
タン カウボーイズのハル宮沢と また飲み
ながら話したのですが ザディコキックスの
演奏にスペシャルズやマッドネスのような裏拍
を感じるとか ループ音楽との親近性を覚える
とか 非常に興味深い展開のハナシになりまし
た 彼自身の根っ子がやはりロックという雑食
音楽なので こういう話の流れにはぼく自身
とてもシンパシーを覚えます キックスの演奏
のあとにクラフトワークの会話が出来るなんて
なかなか愉快ですよね そういえば彼とは
『メタルマシーン ミュージック』

に関する会話も きちんと交わすことが出来る
ぼくらの感性が柔軟な証拠です(笑)

イマジネイション豊かなカヴァーもあります


それはそうと ザディコキックスの音楽は
研究の痕跡を感じさせない音楽の本懐ともいう
べきもの 今度は「ウーリー ブーリー」の
彼らヴァージョンを聞いてみたいな などと
ふと思った一夜でした


2009/12/27

野ウサギのような人、野ウサギのような音楽  


まずは ぼくが最も敬愛する人です 



次は 近年最も心を動かされた人です

http://silver.ap.teacup.com/1958/864.html







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ