東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/4/29

4月29日〜そこにあった そこにいた  Rock N Roll

昨日実家に帰った
父親の遺影にお線香を灯し
母親と一緒にラーメンを食べた

ついでにかつての自分の部屋を整理していたら
こんなLPが出てきた
懐かしいという感想しか思い浮かびません
家に持ち帰って 全部聞き直しましたが
それでもやはり素晴らしい!

月に一枚も買えなかったから
買ったものはとにかく必死で聞いていた高校時代
この頃買った音楽は ほとんど覚えています

クリックすると元のサイズで表示します

ロギンス&メッシーナ初のライヴ アルバムは
72〜73年の全米公演から選りすぐった2枚組で
彼らの音楽性をあますことなく伝えた
メッシーナが退役軍人の心情を描き出していく
「ゴールデン リボン」が とりわけ心に残る    

2010/4/29

神話なき時代のファンタジー  文学

として『1Q84』Book 3 を読んだ
全602ページ 今年23冊めの読書
(22冊めはとくにここで紹介する価値を感じなかった)

Book 1 と2をおさらいしながら進められる3だが
ここでもまたあぶり出されていくのは”奇妙な時代”に暮らす
私たちそのものである

より具体的に作者にのしかかっているのは宗教のことであり
明らかにオウム真理教を仄めかすカルト宗教が登場する
そうした手強い誘惑なり世界観から いかに正気を保つか

答えを書に探せば シンプルな着地点だとは思う
しかし ここには村上らしいクールな修辞があり
諦観めいた物言いがあり 何よりも初期作品から一貫する
生と死への真摯な眼差しと 権力への抗いがある

「移動」しながら彷徨っていく物語という意味では
あの懐かしい『羊をめぐる冒険』とも
最近では『海辺のカフカ』とも共通するだろう
(一人称の可能性を探ってきた村上が 三人称で推進する
ことの意味も考慮されたし)

かつて”羊”という権力のメタファーを使いながら壮大な物語
を作った作者だが
その目線が少しも失われていないことに気がつくとき
『1Q84』は やっと”まともな世界”で
微笑みを投げかけてくるだろう

そう 神話なき時代のファンタジーとして

クリックすると元のサイズで表示します

恐らく”読んでいない”コメンテイターがテレビでもっとも
なことを語っていました
思わず殺意を感じてしまいました(苦笑)


クリックすると元のサイズで表示します

気になる箇所に付箋をするのが私の習慣 あとあと便利です

2010/4/25

4月25日 晴れ  

72年のトラフィック 
このゆったりとフロウしていく風合いがたまりません



単純な8ビートやバスドラの4つ打ち(註)のような音楽に馴れて
しまった耳には このグルーヴ感は驚異というか なかなか
理解してもらえないかもしれませんが リズムの波が幾多に
もじわじわと広がっていくようなこの世界は 何ともクセに
なります マスル ショールズの面々を加えたこの時期の演奏
は 早過ぎたミクスチュアーだったのかもしれません
自分がイギリスのロックとかアメリカのロックとかを分類する
ことにあまり意味を見出せなくなった背景は 間違いなくここ
ら辺にあると思います 音楽的にもジャズとロックの混合だし

註:いわゆるfour on the floorのこと ディスコ音楽で多用
され ストーンズも78年の「ミス ユー」で採用した


クリックすると元のサイズで表示します


後期トラフィックに参加したリーボップ、72年のソロ
ウィンウッドも参加し ”脱ロック”のアンサンブル
を聞かせる 73年4月の西ドイツ公演を収録したライヴ作『
オン ザ ロード』は上記映像と同じメンバーによる演奏
英米の混成チームそしてガーナ出身のリーボップ クゥアク 
バハを迎えながら 素晴らしいジャムを延々と繰り広げた

*   *   *
ジミー ミラーのことを調べていくうちに 最後はやはり
ウィンウッドで締めになるのが何とも自分らしい(笑)
5500字の原稿を書き上げた達成感が こうした余韻ととも
に残る もの書きのハシクレとして喜びを感じずにはいられ
ません(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

21世紀になった最初の10年で たぶん最高の部類のアルバム
幾多にも重なり合っていくリズムの波にもう一体何百回酔った
ことだろう ”フォーマット”や”マーケッティング”という
空疎な論理ではけっして生まれてこない音楽が 溢れ出る
美しい  



2010/4/24

4月24日 晴れ  

Stumble Bumは井上民雄と笠原敏幸による
新しいデュオ
そんな彼らのデビュー アルバムがもうすぐ
発売されます
『FOLK ROCKER』という簡素なアルバム表題が
そのまま見事に音楽世界を言い当てている

今の時代 音を沢山重ねることは簡単かもしれない
しかし音を吟味し 選び取り 少なくするのは
案外難しいし ある種の勇気がいる

そんな心持ちに寄り添った
素晴らしいデュオの登場です

http://www.folkrockers.com


クリックすると元のサイズで表示します

2010/4/23

4月23日 雨  Rock N Roll

あの「カンザズ シティ」のオリジネイターであり
他にものちにブライアン フェリーが(例によって
変態っぽく)カヴァーした「レッツ スティック
トゥゲザー」のオリジネイターといえば そうです
この人 ウィルバート ハリソンです!

クリックすると元のサイズで表示します

実は70年代に入ってからのハリソンのアルバムは
そのレイドバックした風合いが最高! R&Bファン
というよりは スワンプ愛好家に受けがいい^0^

時計回りに 草むらジャケがマーシャル シーホン
のニューオーリンズ プロダクト 次が50〜60年代
の初期集 そして紫がまたシーホーン〜トゥーサンの
プロダクトで ギロ? ラブボード?が効果を上げる
最後の茶色が69年10月録音のSUE吹き込みで
これまた 何とも隙間だらけの心地好さ!

以前も書いたけど どれもポール『ラム』
にも通じ合う家内業的な味わいです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

さあ 今晩のおかずはなんでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2010/4/22

4月22日〜bringing it all back home  

キャロル キング&ジェイムズ テイラーの
「トルヴァドール リユニオン 2010」コンサートから
もうすぐ一週間経ちますが    
とんでもなく大きいものを見てしまった
そんな余韻は ますます深まるばかり

結局 自分が言いたいことは
演奏が終わって音楽が止まるんじゃなくて
ライヴが終わり 家に戻り
それぞれの音楽がまた始まる
そんなことだったりする

bringing it all back home
とは けだし本当のことだと思う

すべてを家に持ち帰って

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2010/4/21

4月21日 晴れ  

原稿まだまだ鋭意執筆中
ぼくと担当編集者とで昼と夜が真逆になっているので
タイムラグが もの凄いことになっている^ー^

クリックすると元のサイズで表示します

今日はポトフを作ってみました
材料、このまえと同じですね(笑)


2010/4/20

4月20日  文学

高村薫の大河小説『レディ・ジョーカー』上・中・下巻
(初出は98年 新潮社 今春に文庫化)を
読了しました 今年19 ,20, 21冊めの読書でした
計1535ページ  こんなに長いのを読んだのは
『沈まぬ太陽』以来のことです(あれはもっと長いですが)

一流企業の社長が誘拐されることから物語は滑り出しますが
それをきっかけに会社の差別問題 総会屋や暴力団 あるい
は政治家や証券会社との利権をめぐる構造が 次第に暴かれ
ていきます 

一人の人間が企業で生き抜いていくためには 様々な毒を抱
え込み ときにどす黒いものさえ飼い慣らさざるを得ませんが
<事件>をきっかけに揺れ動いていく 会社経営者たちの心
の闇や 派閥の駆け引きもまた 何ともリアルなのです

一方 犯罪を企てたレディ ジョーカーなる集団はどうでしょ
う 完全犯罪に成功した彼らとて 事件後の達成感とは裏腹に
奇妙な虚脱感に苛まれていくのです いわば資本主義や
市場原理の陰であぶれてしまった人々ですが 思わずゾクッと
してしまうのは 今という時代を映し出しているからに他なり
ません

被害を受けた会社 犯罪者 警察 検察 新聞記者など
立場立場を入れ替えつつ物語はどんどん動き出していきますが
そこに出入りする個人の過去や 周辺の家族までが伏線となり
ストーリーに 何とも人間らしい陰影を与えているのも読みど
ころ

ある程度 企業人としてキャリアを積まれた方であれば
組織と個人との齟齬 あるいは良心の呵責なり つまり個人の
生き方 身の下し方に思いを馳せざるを得ない局面というもの
があると思いますが それらも問いながら90年代前半の日本
経済の闇へと畳み掛けていく樣は まさに圧巻!です

作者の高村薫さんは 新聞などでの社会的な発言でも知られる
方ですが この作品を「21世紀への遺言にしたかった」
という旨のコメントをされています

企業小説であり 警察小説でもあり スリリングなミステリー
でもある しかし最後には人間という存在の業について考えざ
るを得ない そんな壮大な大河小説です
余談ですが 本書は98年 毎日出版文化賞に輝いています

クリックすると元のサイズで表示します

「こうして権力の裏側で人ひとりの命が消えてゆくのを この
国では誰も止められないんだ 市井の目に見えないところで
不正な金と権力が当たり前のように動いてゆく 事実が表に出
そうになったとたん 事実を知っている関係者が当たり前のよ
うに消えてゆくんだ」(本書より)

2010/4/19

4月19日 晴れ  料理

好評?の『男の料理教室』 今日は肉じゃが編です
これもごく基本的なものですが(笑)
新じゃがの香ばしさが たまりません

クリックすると元のサイズで表示します


玉葱 人参 じゃがいもを
大きめに刻むのがポイントです

クリックすると元のサイズで表示します


そして
煮干しの出汁を取り じっくりと煮込むのです

さあ 美味しく出来るかな?

クリックすると元のサイズで表示します


スーパーで買った鰹のたたきとともに
いただきます!

2010/4/18

4月18日  

音楽的な志の高さといえば スティーヴ・ウィンウッドも
また ぼくにとって特別の人
08年の『ナイン ライヴス』には心底感動したなあ
この人が長い歳月をかけて試みてきたリズムへの取り組み
が こんなにも美しく結晶するなんて!

音楽する心に関して 迷った時期も悩んだ日々もあったと
思う(実際失敗だと思える作品もあった)けれど
卑屈にならず 天狗にもならず
こういう人の音楽は形になりにくい(笑)

言葉の人ではない
あえて言うならメロディの人でもない
じゃあ何かって?
ビートの含蓄 リズムのさざ波の人です

もう一体何百回聞いたことだろう
彼の音楽をずっと聞いてきて本当に良かった
そう思える瞬間が このアルバムには鮮やかに刻印
されている

空疎なスローガンでもなく
退屈なフォーマットでもなく
ましてマーケッティングであるはずがない

ウィンウッドは きちんと自分の音楽を奏でる
そのことが 愛おしい
そのことが 誇らしい

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2010/4/17

4月17日〜小さな発見の大きな響き  

キャロル・キング『タペストリー』

本作のプロデューサーであるルー アドラーは
「彼女がすぐ近くで歌い ピアノを弾いている
ような録音を心掛けた」と回想しているが 実際
アルバムの主人公もカーリーヘアにセーター 
ジーンズに素足という飾らないいでたち 顔には
まだソバカスが残っているくらいだ

その音楽はそっと語り掛けてくるような親密さが
あり R&Bに根ざしたコクのあるビートがあり
不器用な歌いっぷりは 歌にかえって切迫感を与
えている

またこのアルバムはキャロル・キングの成長物語
と言えるかもしれない 天才少女作曲家としてデ
ビューした1950年代末の頃の如才なさに代わって
大人の視点が備わっていることに驚かされる

かつてシュレルズに提供した無邪気な「ウィル 
ユー ラヴ ミー トゥモロウ?」は祈りの歌へと
生まれ変わり 「ナチュラル ウーマン」にはウ
−マン リヴ的な主義主張ではなく 男性との関わり
のなかで自分を発見していこうとするしなやかさが
溢れている そして「きみの友だち」で差し伸べら
れた手に気が付く時 聞き手は自分のなかに温かい
川が流れていることを知るだろう

本作を思いつめたような気持ちで聞く女性がいたら
ぼくはその人に恋をしてしまうかもしれない

小尾 隆

(初出記事は『ロック栄光の50年』vol.10  05年8月
講談社 今回少しだけ文章を新たにしました)

クリックすると元のサイズで表示します

補足:高過ぎるチケット代や聞き手の保守化にこのlogでは
疑問を投げかけてきました その気持ちは今も変わりません                         
しかしその問題とはまた別に 昨日武道館で行われたジェイム
ズ・テイラーとキャロル・キングの『トゥルバドール リユ
ニオン』コンサートは 音楽的な志の高さに於いて予想を遥か
に超える圧倒的な素晴らしさでした 二人とも今もなお成長し
ていることが 懐かしい曲に込められた新しい息吹きが 
そして何よりも音楽を信じていることが尊い そんなことを噛
み締めた夜でした 何かすごく大きいものを貰ったなあ
帰りに会場で流れたのが ジョージ ハリソンの「ビハインド
ザット ロックド ドア」 そのことも覚えておきたい


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

勝ったり負けたりと まるでバカみたいな世界
そのあいだにも きみの心はボロボロに壊れてしまった
こんなにひどくなるなんて思っていたの?

ならば私が 宇宙の足跡のように
あなたをきっと連れ出してゆく
あなたを きっと連れ出してゆく

「スペースシップ レイシズ」より


クリックすると元のサイズで表示します

くたびれ切ったバーで身を沈める老人が言う
「お若いの こんな場所は初めてかな  
あんたに聞かせたい話があるんだ
そう 親と子の物語なんだが 私はいつしか家を
出てしまった」

まるであなたと僕のような 喪失と発見
どうかそこに照らし出すような光が
ありますように

「オンリー フォー ミー」より

クリックすると元のサイズで表示します

武道館から九段下方面を臨むの図
当日は雨が降っていました
葉桜もなかなかいいですね

2010/4/16

4月16日〜work to do  

ただいま鋭意執筆中です
何となく流れが掴めてきました^0^

クリックすると元のサイズで表示します




2010/4/15

4月15日〜吉村さんのこと  Rock N Roll

少しだけ前の日記に20数年ぶりにお会いしたミック吉村さん
の上京ライヴのことを書きましたが その吉村さんがblogで
ぼくのことを取り上げてくださいました
http://d.hatena.ne.jp/bearsmick/
いやあ 嬉しいなあ(笑)

出会いは彼が以前経営されていた青山のサル パラダイスと
いう伝説的なお店でのことで そこで初めて山名昇さんにお
会いしたり ぼくもDJをさせていただいたり(当時は若気の
至りでご迷惑をお掛けしたかも、、、)したのですが 個人
的に話したり 飲んだりすることは 残念なことについぞな
いままに終わってしまいました

吉村さんは現在 熊本の人吉で「ベアーズ カフェ」とい
うロック バーを営まれています 彼の人柄も手伝って
多くのミュージシャンたちがそこを訪れてライヴをしていま
す また地元の人たちとのバンド活動や交流などにも積極的
であり その地に根を張ったその活動ぶりが ブログからも
何とも温かく肯定的に伝わってきます 東京から離れても
こうした活動をされていることが 実に素敵なことだと
思わずにはいられません

時と場所を経て ミックさんと再会することが出来ました
ありがとう、ミックさん!

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2010/4/14

4月14日 うす晴れ  

音を聞きつつ 資料を整えつつ
昼から依頼された原稿の構想を練っていました

夕方になったので小休止
近所の西友に行き 鯖の刺身を買いました
冷奴とともに 今晩のアテにします

ひらめけ アイディア!
う〜ん もうすぐなんだけどなあ(笑)
何年経っても書くことは大変ですが
けっして嫌いではないのです

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

2010/4/13

4月13日 快晴  

レコード コレクターズ誌の別冊のアーカイヴ
シリーズで『Singer Songwriters』が発売されました

雑誌という性格上今はもう絶版となっている90年代の
レココレ記事から ジェイムズ テイラー キャロル
キング ジャクソン ブラウン ランディ ニューマン
ジョニ ミッチェル ニルソン ポール ウィリアムズ
ローラ ニーロの特集を復刻しています

編集部の浅野さんとも相談したのですが アーカイヴと
いう主旨を尊重し ぼくが書かせていただいた幾つかの
記事も 当時のままに留めました 今ならもう少し上手
く書けるような気持ちもありますが これが若さなので
しょうね 文のリズム感がいまひとつだったりしますし
何より書いていることが青臭い(笑) しかし きっと
それが”記録”なのでしょう 自分の記事ではジェイムズ
の『関係者名鑑』など 資料性の高い原稿も収録されて
います

自作自演歌手 自分の書いた曲を自分で歌う
今では当たり前のスタイルですが 70年代前半はそんな
音楽展開自体が新鮮に受け止められていました
作詞・作曲と歌が分業制になっていた50〜60年代前半
に作曲家としてキャリアをスタートさせたキャロル 
キングが 新しい時代の風に吹かれて 自分の声で歌い
始めた そんな意味でも彼女は象徴的な存在だったのか
もしれませんね

これらの音楽を”新譜”として接する新しい世代の人たち
の感想も聞いてみたいです 勿論ベテランの聞き手たち
がときに振り返ることも けっして無為なことではない
と信じています

クリックすると元のサイズで表示します

ジェイムズの『One Man Dog』(73年)は ぼくが中三
のとき リアルタイムで買った思い出深いアルバムで
このblogのタイトルも 実はこれに由来します^ー^

ワーナー期の彼の作品が今回新たに再発売されました
ライナーはどれも07年に書き下ろされたもので ぼくは
『ワン マン』と『ウォーキング マン』の二枚を
担当させていただきました

クリックすると元のサイズで表示します

今晩はミートソースのスパゲティを作りました
湯気が出ていて臨場感溢れています(笑)
相変わらずカンタンな料理ばっかりですが、、、



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ