東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/8/3

8月3日   Rock N Roll

心から敬愛してやまない さる音楽家が新しいベストアルバム
を9月にリリースする
そのためのライナーノーツを書き始めたところだ
光栄なことに ぼくは彼から指名を受けたのだった

名前を呼ばれれば たとえいささかの不安があったとしても
バッターは打席に立たなければならない
球をしっかりと見定めて バットを振り切らなければいけない
それはホームランになるのだろうか
それともファウル フライで捕球されてしまうのだろうか
いずれにしても途中退場はあり得ない

度重なる選曲の変更に ヴァージョンの選択
そしてパッケージ デザインへの目配り
レコーディング アーティストとしての彼のポテンシャルの
高さを思えば当然の帰結なのかもしれないが
音楽家が自らを律していくとは こういうことなのである

ヒットを打ちたいと思っている
砂漠の底から沸き上がってくる水脈を探しながら
枯れてしまった言葉たちに 雨を注ぎながら

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2010/8/3

John Cameron Fogerty  

今日は来日記念という訳でもないんですが
ジョン キャメロン フォガティの7'sを少しばかり
紹介しましょう

大地の匂い 逞しいヴォイス 南部音楽のミクスチュア
まさにアメリカンの息子というに相応しい
クリーデンスの昔からずっと 私の偶像であり続けています

クリックすると元のサイズで表示します

75年のセカンド ソロからのシングル カット
今やロック アンセムの標準となった感もある デイヴ 
エドモンズも録音を残した B面はフランキー フォード
のニューオーリンズR&B「シー クルーズ」
こちらはグレン フライがフッド=ホーキンズのリズム
隊で吹き込んでもいる

クリックすると元のサイズで表示します

84年の『センターフィールド』からの粘り腰のブルージー
なロック カップリングされた「Big Train From Memphis」
も人気が高い佳曲で さながらキャメロンの南部への挨拶
といった風情がある

クリックすると元のサイズで表示します

スリーヴの裏写真も ファンには嬉しいものだった

クリックすると元のサイズで表示します

やはり84年のアルバムからのシングル カット
アッパーなメロディは悪くないのだが チープな演奏がやや
残念 シモンズなんて使うな

クリックすると元のサイズで表示します

裏面は永遠のベースボール讃歌 ディマジオ選手の名前も
歌い込まれた なおここまで紹介した6曲はキャメロン
が一人で多重録音をしたものだった 
だから シモンズなんて使ってくれるなって(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

86年の『ゾンビ』アルバムからのシングル「Changing
The Weather」
ジョン ロビンソン(Ds)などのしっかりした演奏が加わり
キャメロンは宅録趣味から解放されることになった
ボビー キングやテリー エヴァンズなどライ クーダーの
コーラス隊も加わり ゴスペル風味を醸し出す

クリックすると元のサイズで表示します

B面はロッキン シドニーの「My Toot,Toot」で
アルバム未収録
当時チトリン サーキットを賑わせていた「Toot」旋風の
余波はこんなところまで押し寄せていたのだ
確かオーギー マイヤーズも録音したと記憶する(シングル
盤が見つかりません)
なお”Toot”現象に関しては エル テッチさんのlog
http://fanblogs.jp/eltetti1/
を参照にしてみてください

版権問題が揉めて 一時はクリーデンス時代の自作曲
を演奏出来ないという苦渋を舐めたキャメロンですが
その裁判もクリアになり いいバンド仲間にも恵まれ
盗まれたギターも戻ってきたと伝え聞きます

09年の最新作はむろん素晴らしい出来映え
私の昨年のベスト アルバムでした

クリックすると元のサイズで表示します




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ