東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/8/8

fabulous な、thunder rockin' !!  Rock N Roll


>フタミジュンさん

サンダーバーズ最高です! 御同輩^0^
sugar coated loveのオリジナルの件、ご指摘ありがとう
ございます
たとえ中央(メインストリーム)から見れば周縁の音楽も
ローカルに戻せば「普通にある」こと
噛み締めました 自分もそういう視点を大事にしたいです
実体のない「メインストリーム」よりも
私も「直感」や「実感」を大切にしたいと思うのでした
そもそも「メイン」ってどんな概念なんだろうね?

>エル・テッチさん

貴logは毎日の習慣なので全部読ませていただいています
改めて英パブシーンがガルフコースト音楽と仲良しなこと
が確認出来ました(こういう発見もまた音楽を聞く醍醐味
ですね) 

ちなみに私の起床時間は 夏は5時 冬は6時です
それから御飯をしっかり食べてから バイトに向かい
昼に解放され 午後は書き物というパタンです
そして夕暮れからは ウォーキング
今日は疲れていたので 8,712歩と微調整を(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

写真はサンダーバーズ、堂々の8連投!
時計回りに79年のファーストから 80年、81年、
82年、(ブレイクした)86年、87年それぞれの
リリース そしてジミー ヴォーンにとって別れの挨拶に
なった89年作 次の91年作では キム以外にオリジナル
メンバーはもういなかった

ちなみに初期3枚はすべてデニー ブルーズがプロデュース
ニック ロウ制作は82年盤 エドモンズが入れ
知恵したのが86&87
89年盤はZZ Topのエンジニアで 米エンタプライズから
ソロ盤も出した(クリス ベル参加)テリー マニング
である 91年盤を手掛けたのは 売れ始めたドラマーの
スティーヴ ジョーダンだった

もっともそんな仔細に左右されない 下積み時代を思わせる
太い音が 何よりもサンダバーズの勲章だった






2010/8/8

オビンの”B級”街道その2〜チャーリー・ハートと彼の仲間たち  Rock N Roll

ありがたいことに早速の反応をいただきましたので
続けましょう オビンの”B級街道”(笑)

みなさんはチャーリー ハートという音楽家を覚えて
いらっしゃるでしょうか?
私が彼の名前を初めて知ったのは ロニー レインの
セカンドアルバム『Slimchance』(75年)のこと
そこで彼は鍵盤楽器各種を担当していました

クリックすると元のサイズで表示します

L to Rで ルアン オロックラン(元ビーズメイクハニー)
グレン デ フラ、ロニー レイン、スティーヴ シンプ
ソン(のちにミールチケット)、帽子のチャーリーハート
ブライアン ブレイショウです

次にチャーリーを見たのがジュース オン ザ ルース(
80年)のメンバーとしてでした

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

基本的にはロン カヴァナ(左から二番目)が中心となった
グループで ドラムにはフラン バーン(元ビーズ)の姿も
写っていて驚いたものでした
その音楽もバーバラ リン「You'll Lose A Good Thing」から
バスター ブラウン「Fannie Mae」までオリジナルに交える
もろルーツ ロック路線  う〜ん B級だなあ(笑)
チャーリーは写真ではベースを担当していますが 勿論ピアノ
やアコーディオンも弾いています

ちなみにロン カヴァナは以降ソロ活動をしながら
ゲライント ワトキンス率いるバラム アリゲイターズ周辺と
交流していきます チャーリーもそれに沿っている感じです

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カヴァナのソロ作から85年盤と89年盤です
カヴァーもサニー&サンライナーズ「Talk To Me」などを
思い入れたっぷりに

で 話しをチャーリー ハートに戻すと 彼はその後
ディズ&ザ ドアメンのプロデュースなどを行っていくので
すが なんとルイジアナのピアノ ロッカーである伝説的な
ウィリー イーガンが渡英した際のレコーディングに参加
していたのです!

クリックすると元のサイズで表示します

この時イーガンを支えたバンドの基本メンバーは

チャーリー ハート(ベース)
ロン カヴァナ(ギター)
フラン バーン(ドラムズ:元ビーズ)

となっています

ここら辺の英米の交流は ドクター ジョンが渡英した際に
ディズ&ザ ドアメンがバック演奏を受け持つのと
立ち位置がとても似ています

むりやりダグ サームに話しを持っていくと彼が80年代
に活路を北欧に求めていったことにも
「俺らアメリカンの音楽をヨーロッパ人は解ってるぜ!」
という意味で 共通のベクトルを感じてなりません
(ダグが英パブ シーンと交信していたら どんなに素敵
だったか!)

それでは最後にチャーリー経由でイーガンを知ったことに
敬意を表して イーガンの50年代のヴィンテージ録音を聞き
ましょう

クリックすると元のサイズで表示します

55〜58年に西海岸に渡ってのイーガン集です
ライナー担当氏もファッツ ドミノやスマイリー ルイスを
引き合いにしながら このルイジアナ出身のピアノ ロッカ
ーに惜しみない賞賛を贈っています

以上 英パブ シーンとルイジアナR&Bの地下水脈物語
でした こんな光景へと運び込んでくれた
チャーリー ハートと彼の仲間たちに 
感謝を捧げます

To Be Continued......^0^




2010/8/8

fabulous なカルテット〜オビンの”B級”街道その1  Rock N Roll

ニック ロウ、デイヴ エドモンズ両人からプロデュース
を受けたのが ファビュラス サンダーバーズだが
初期はもっと垢抜けないバンドだった

以下の7'sはすべて80年にクリサリス レーベルから発表
されたもの

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

A面がロッキン シドニー「ファイン、ファイン、ファイン」
サイドB は ご存知スリム ハーポ「俺の背中を掻きやがる」
真にガルフ コーストらしい立ち位置の選曲が素晴らしい

クリックすると元のサイズで表示します

この時点でのメンバーは 時計回りにキム ウィルソン
キース ファーガソン、マイク バックそしてジミー
ヴォーン 今回はバーバラ リン(作者はジミー ミラー)
の「シュガー コーテッド ラヴ」のナイスなカヴァーだ
サイドBは自作の「los fabulosos thunderbirds」スペイン
語によるインチキ臭さが最高!

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはギター ジュニアの「The Crawl」を原曲にほぼ近い
演奏で とにかくリフ&ブレイクが効果的に効きまくるナンバ
ーなので 私はDJでもよく回してきた
B面はオリジナルの「Last Call for Alcohol」

たとえば都内の数あるロック バーでも スティーヴ レイ
ボーンを70曲ストックした店は普通にあるだろうが
その兄弟がいたサンダーバーズを同数用意出来てるぜ!
という店は 恐らく皆無であろう

それはマニアックな悦楽というには程遠い むしろ自分は
こんなにもB級(まさにパブ ロック的)な嗜好と人生を
選んでしまったという感慨かもしれない

ちなみにバンドは のちに一瞬ブレイクするも解散という
か キムのための名前貸しのような存在となってしまった
けれど どこかのクラブで 彼が元気でハープでも吹いて
いてくれれば それでいい 

もし好評であれば この”B級”街道シリーズを連載としたい




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ