東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2007/5/18

テレビの伝道師たち  Rock N Roll

テレビの伝道師に祈ってみれば
問題が解決するそうな
彼の講釈を聞けば
俺も350円以上のハンバーガーを食べた気分になるよ
う〜ん 素晴らしき テレビの伝道師

砂糖がないコーヒーも
あの娘が去った毎朝のハートブレイクも
俺には同じようなもの
だから テレビを見て 
ごもっともな言説に頷いてみるんだ
う〜ん 素晴らしき テレビの伝道師

あんたは教育問題について話す
あんたは殺人事件について話す
あんたは中東情勢に言及するし
まあ ご説もっともなのだが
あんたのタクシーには護衛が付いているんだってな

毎朝祈ろう テレビの伝道師たちのために
おお 毎朝祈るぜ コマーシャルなテレビのために
芸能人のゴシップに笑おう
交通事故で死んだ娘さんのために 涙を流そう
話題に事欠かない 我が素晴らしきテレビ!


あんたは美味しいラーメン屋について話す
あんたは昔の吉祥寺は良かったと話し
あんたはワールドミュージックの豊かさについて語る
あんたに出来ることは せめてそんなこと

それが共通言語だとしたら 悲しくはないか?
それで了解される世界なら 悔しくはないか?

とにかく あの娘は去ってしまったし
毎朝 ベッドで涙にくれているんだ
だから 頼りにしているぜ
テレビの伝道師さん
あんたのことを
俺は すごく頼りにしているぜ
う〜ん 素晴らしきは テレビの伝道師たち

(屑ロックの住人、アレックス チルトンのために)
























トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ