東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/7/16

終わらないグレイトフル デッド  Rock N Roll

うとうと居眠りして  また目覚めても
まだdarkstar〜st.stephan を演奏している
一風呂浴びてきても
まだthe other one 〜iamを演奏している
この前なんか 夕方に
近所の八百屋にアスパラを買いに行き
家に帰ってきたら 
まだchina cat sunflower〜i know you rider
を演奏していた

つまり そういう人たちなのである
時間軸が異なるのだ
ある意味 ひとつの雄大な組曲を様々なヴァリエイ
ションで組み替え聞かせているともいえる

よく言われることだが
ビート文学を継承した
ロバート ハンターの歌詞には
旅や思索は書かれているけれども
ロックンロールにありがちな暴力がない
それがガルシアの虹のような曲線を描く
ギターとも共鳴し合っていく

思えば僕が世間の流行とやらにまったく頓着
しなくなったのも デッドの”音楽のあり方”
に羨望した故だったのかもしれない

昨日と同じように太陽がそこにあり
明日と同じように月が夜空を照らし出す
それだけで 十分な贅沢な時間の流れ
それの共有
そして今日もまた陽が落ちていく

春の伝説的なヨーロッパ ツアーを終えた
デッドはアメリカに戻り
72年9月17日 ボルチモア市民会館で
以下の曲を演奏している
(dicks picks vol.23より)

promised land
sugaree
black throated wind
friend of the devil
el paso
bird song
big river
tennessiee jed
mexicali blues
china cat sunflower> i know you rider

playing in the band
casey jones
truckin
loser
jack straw
mississippi half-step uptown toodeloo
>me and my uncle

hes gone>the other one>
sing me back home
sugar magnolia
uncle johns band








トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ