東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/10/6

帆アフリカ主義の結晶〜I'll Take You There 物語  

almost prayedさんが紹介してくださったように
ロブ ボウマンの『スタックス レコード物語』
には ステイプル シンガーズの”Respect You
rself " と並ぶ最高傑作“I'll Take You There "の
誕生秘話が語られているので いくつか要約して
みよう

1 トラフィック在籍中のディヴィッド フッド
  が ウェイラーズ『キャッチ ア ファイア』
  を聞き そのレゲエビートをI'll Take You Th
  ereに援用した

2 アイランド レーベルの社長であるクリス ブ
  ラックウェルは マスルのギタリストであるジ
  ミー ジョンソンをジャマイカ旅行に案内した
  同地でレゲエのレコードを買い込んだジョンソン
  は 帰国後マスルのメンバー全員にそれを渡した

3 スタックスの社主 アルベルは”帆アフリカ主義”
  という理念を掲げており 北米とカリブ海の黒人
  音楽の融合という夢を抱いていた もっともスタ
  ックスの倒産によって挫折してしまうのだが、、、

4 I'll Take You There は69年のジャマイカ ヒット
  であるハリー J オールスターズ「ザ リクイデ
  ーター」のベースラインとリックをほとんどその
  まま借用している(同曲はレゲエのコンピレイショ
  ン アルバムなどで容易に聞ける)

5 マスルでI'll Take You There" を録音していた際に
  メイヴィス ステイプルはギターソロの部分でエ
  ディ ヒントンの名を呼んだとフッドは回想してい
  るが アーデント スタジオでヴォーカルが差し替
  えられた時に この掛け声は「Daddy」に改められ
  た これはライヴで実際にギターを弾くのが パッ
  プス ステイプルだから( 私たちが 現在聞けるのも
  勿論”Daddy" の掛け声テイクである)

6  ボウマン自身I'll Take You Thereに関して ジミ
  ーのミュートが効いたイントロから ホウキンス
  が全体を通すリムショット エディのリック そ
  して3/2部分でのフッドのベースまで べた惚
  れ状態であり 同曲をステイプルズ マスルショ
  ールズ アル ベルの総力戦だと位置付けている

エリック クラプトンがマーリー「俺はサツを撃っち
まった」をカヴァーするおよそ2年まえ アラバマ州
シェフィールドでは このようなミクスチャーが実践
されていたのである 

〜5に関する個人的な追想〜

もしメイヴィスが「エディ!」と呼ぶ初期テイクが採用
されていたとしたら この不遇なギタリストの運命も変
わっただろうか? 歴史とはいつもそういう見えない連
続線の上に成り立っているのだ
ちなみにI'll Take You There (stax 0125)は72年の4月
15日に全米ポップチャートで第一位へと昇り詰め その
座を二週間保った むろん「私はあなたを連れてゆく」
という肯定的なメッセージも 大ヒットした要因だろう



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ