東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2009/11/10

素晴らしきチカーノR&B、Thee Midniters !  Rock N Roll

DJであればオープニングをゴキゲンなインスト曲で
持っていきたいと考える人は少なくないだろう

スモール フェイシズ「own up time」
マンフレッド マン「spirit feel」
スペンサー ディヴィス グループ「blues in F」
といったグルーヴィーなオルガン曲が すぐに
思い浮かぶ
私のようなひねくれたオヤジはニック ロウの
「awesome」などを引っ張ってきたがるが
健全なる男子女子であれば
むろんMGsで堂々と勝負するのも構わないはず

ふと 思い起こしたのは
昨年の夏 ブランディンに呼ばれて回させて頂いた時
宮治淳一さんが瞬時に「blues in F」を言い当てたこと
流石は耳の達人!

ストーンズの「2120 south michigan ave.」なども
そんな意味で愛すべきインスト ナンバーだ
LP時代は西独編集盤でしか聞けなかった同曲のロング
ヴァージョンも 02年以降の現行アブコ盤CDの
『12×5』では このロング ヴァージョンを収録
かつての苦労を知る者としては いい時代になったも
んだと 何だか溜息が出てきます

ところでこの「2120」にそっくりなインスト曲
「whiter bivd.」を演奏しているのが
60年代のチカーノ(註1)R&Bグループである
thee midnitersである
同じ65年の作品 果たしてどちらが真似したのかは
定かではないが イーストLAのクラブ バンドで鳴
らしたthee midnitersらしいと言えるかもしれない
私 このバンドのLPを探すのに昔 非常に苦労を重
ねました^0^

そのthee midnitersの4枚組ボックス『songs of
love,rhythm & psychedelia! 』が米micro werksか
らリリースされた ガレージ バンドらしいチープ
なオルガンや クリス ケナー「ダンス天国」など
の定番R&Bのカヴァー マッキンレー ミチェルの
ワンダーフル吹き込みで有名になった名バラード
「the town i live in 」などで見せる情熱など
やはりヤング ラスカルズと同じ匂いがするのは
非アングロ サクソンという出自故だろうか?

ちなみにこのグループの素晴らしいヴォーカリスト
であるLittle Willie Gは 今なお現役であり
ロス ロボスの『the ride』(04年)や今年発売
されて話題を集めたダグ サームへのトリビュート
作『keep your soul』にも参加している


(註1) 「チカーノ」chicano

メキシコ系アメリカ人の総称 テキサス州はもとより
ロスアンジェルスにもイーストLAと呼ばれるチカーノ
の居住区(バリノ)があり 今をときめくロス ロボ
スもそこで育った ブルース スプリングスティーン
のメガ ヒット「ボーン イン ザ USA」をパロディ
にしたチーチ&チョンの「ボーン イン ザ イースト
LA」という曲もあった ちなみに熱心で殉教的な音楽
評論家のレスター バングス(註2)は リッチー バ
レンスの「ラ バンバ」をパンク ロックの元祖として
位置付けていた ロックンロールの初期の古典曲「
ルイ ルイ」(註3)との相関性を考える時 バングス
の見解は俄然説得力を増してくる

(註2)レスター バングス leicester bangs

クリーム誌出身の音楽評論家/DJ  MC5やストゥージ
ズなどパンキッシュでハードなロックを支持した
キャメロン クロウ監督の映画『あの頃、ペニーレイン
と』(00年)では
時代の波に翻弄されるバングスの姿が いささか滑稽に
それでも優しく確かな眼差しとともに映し出されている
くたびれた中年男のバングスが 若く勇ましい少年と
会話を交わすシーンは ほろ苦くも美しく 人生に於け
る態度決定というものを観る者に促す

(註3)ルイ ルイ louie louie

キングス メンによるヴァージョンが一般的かもしれな
いが ロスアンジェルスの黒人歌手リチャード ベリー
による55年版がオリジナルとされている そのベリーが
メキシコのグループであるリッキー リヴェラ&リズム
ロッカーズと活動していたという事実も興味深い
バディ ホリーの「ノット フェイド アウェイ」は
今なお多くの音楽家がライヴ ステージの終盤に選ぶ
”なかなか終わらない”曲のひとつだが その循環コー
ドにも「ラ バンバ」や「ルイ ルイ」との共通点が見
い出せる なおサンタモニカ発のライノ レコーズによ
る『the best of louie louie vol.1』(83年)と『同
vol.2』(89年)は ソニックスからキンクスそして
モンゴ サンタマリアまで 文字通りあらゆる「ルイ 
ルイ」を集めたコンピレーションLPだ  その馬鹿馬鹿
しさとユーモアも ロック音楽の忘れてはならない側面
だろう





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ