東京ローカル・ホンクの木下弦二さんから初めて電話をもらったのは もう二年ほどまえの夏だったろうか その時にどういう会話をしたのかは忘れてしまったが 僕たちのバンドを知って欲しい 聞いてみて欲しいという彼の気持ちだけはまっすぐに伝わってきた これも何かの縁(えにし)かと思いその後の僕は彼らのライヴに幾度となく足を運び またこれからも もっとライヴに行ってみようという思いは募るばかりだ 東京ローカル・ホンクの良さをどう表現すればいいのかはよく解らないのだが 今日もまた僕と同じように東京の空を眺め 同じような街並を歩き 戸惑いながらも呼吸をしていることは間違いなかった そんな風に自分の側にいるという親しみを持てるバンドに出会ったことに奇跡にも近いような感慨を抱いた まるで広告代理店が書いたような気取った歌詞や 見せかけのポーズや虚勢 あるいは英雄的な態度に終始しがちな日本の音楽シーンのなかで 彼らはいつもの商店街を行き交う人々を観察し 各駅停車の窓から流れる雲を追いかけたりしていた 彼らの織りなすサウンドスケープもまた大向こうを張るのではなく 微妙な感情や陰影そして日向の匂いをデリケートに運び込んできた ときには伊豆半島まで遠出したり草の燃える匂いを嗅ぎながら 結論を急がない心のありようみたいなものは形になりにくい でも僕は東京ローカル・ホンクの答えとか結論を求めない音楽のあり方に惹かれ続けている そうまるで池に投げられた小石のように (小尾隆 2009年6月23日:記)

2010/8/1

ハースのこと  

残念ながら先日のツアー終了を祝したパーティには行け
なかった(そもそも私は業界っぽい集まりが苦手だし
それをフカすようなクソガキも多し)けれども
ハースに初対面したのは99年の春
嬉しかったというか まさか会えるなんて思っていなかった

写真はその時のメモリアル

クリックすると元のサイズで表示します

75年のファーストと77年のセカンド アルバムはどちらも
甲乙付け難い出来 ただプロデューサーが違うと位相はこん
なにも違うんだと驚かされた記憶が残っている

1枚めはロビー ロバートソンが 2枚めはジョン サイモン
が この一筋縄ではいかないような男の
音楽を形にして示した

ドラマーの選択もファーストはラス カンケルで統一
対してセカンドでは ケルトナー、ゲリン、ガッドと使い
分けた こんなところにも肌合いの違いは くっきりと

ただしガッドの詰め込むようなドラミングに評価はくっきりと
分かれた ガッドは当時まさに売り出し中の 旬のタイコ叩き
だったが 小原礼がガッドの叩きを「上手過ぎて好きではな
い」
と発言していたことが やがて自分の審美眼とも重なっていく

ハースに戻って セカンドの表題曲をもしケルトナーではなく
ガッドが叩いていたら ニュアンスは全然違うものになってし
まっただろう(そこはジョン サイモン、きちんと解ってる)

小原はのちにリッキー ファターのしなるようなバックビート
と同期していく”ロックな人”なので 小原のガッドに
対する違和感がぼくにはすごくよくわかる(ような気がする)
ついでに言えば ハーヴィー メイソンも苦手なドラマーの
一人なんだなあ 確かに彼らはステディなビートを送り込んで
いくんだけど その先にあるsomething else がないんだ
よなあ〜

正体不明と言われたハースも 今ではチカーノであることも
判明して その音楽がますます謎を呼ぶような感じになった
(彼はブラジル音楽に多くを負っている)

余談めくが 最後にハース三題を(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

失礼しました^ー^

クリックすると元のサイズで表示します

2010/8/1

8月1日〜暑い日はルイジアナの音楽で  

明日からまた原稿に取り組みますが
今日は日曜なので休むことにして 
ルイジアナのスワンプ・ポップを楽しんでいます
田舎っぽい粗目と哀愁が溶け合っている素晴らしい音楽です
とくに三連符のバラードは いいなあ

クリックすると元のサイズで表示します

時計回りにクッキー&カップケイクス、ウォーレン 
ストーム、ジョニー アランそしてデイヴ アラン
このジャンルも掘っていくと深いものがあります

ボビー チャールズと同級生だったというストームは
50〜60年代の吹き込みがまず良いのですが
80年のこのアルバムでは 今をときめくサニー ラン
ドレスが ギターやドブロで参加していることにも
注目したいです

ガルフ コースト音楽に乾杯!

で 今聞いていて思いだしたのですが ストームの盤に
収録された「im a lover,not fighter」は 愛するデイヴ
エドモンズが71年のファースト ソロ『Rockpile』(
この表題を彼は後年グループ名にしたのだ)でカヴァー
していたのです オリジナル ヒットは誰によるものか
はまだ調べていない(情報求む!) ストーム盤での作者は
スワンプポップの大物プロデューサーであるジェイ ミラー
になっているのに対し エドモンズ盤を見るとcollierと記載
されています 

クリックすると元のサイズで表示します

小さくて解りにくいと思いますが
デイヴが誰の「Im a Lover,Not Fighter」を参考にカヴァー
したのか気になります
ちなみに彼はロックパイルでも ロッキン シドニーの
「fine,fine,fine」を取り上げてスワンプポップへの理解と
敬愛を示しました ジョニー アランがニック ロウの
「I Knew The Bride」(偶然にも昨日のDJで同曲をデイヴ
のヴァージョンで回した〜笑)を取り上げたことと併せて
英国パブ ロックとルイジアナ音楽の親和性を物語るエピ
ソードです アランはブリンズリーズ「juju man」も
歌ったほどでした

クリックすると元のサイズで表示します

ニール ヤングからウィリー ディクソン、スマイリー
ルイスにディランそしてロン ディヴィスと雑多なカヴァ
ー曲で構成された エドモンズ71年のファースト
録音はむろんデイヴやワード兄弟が根城にしていたウェー
ルズのロックフィールド スタジオ
そしてチャック ベリーを2曲取り上げたことが 
何よりもデイヴの音楽がどこから来たのかを 
指し示している

2010/7/31

welcome to 洗濯船  

今夜は高円寺の洗濯船にて DJ会があります
もしよかったら 遊びに来てください
http://sentakusen.jp/

約8名くらいで一人30〜40分単位で回します
ゆる〜く やっていますので初めての方も
ぜひ!

クリックすると元のサイズで表示します

お店は通常20時からですが 本日は19時から開店します

このDJ会は 映画監督の隅田靖さんが中心となって
その仲間が年に4〜6回開催しているイヴェントで
通称「隅田川の会」とも呼ばれています
(今夜は偶然にも隅田川の花火大会です^0^)
もうかれこれ10年くらい続けているんじゃないかな
ぼくも参加させていただいています

家にいるのもいいですが
外でデカイ音で音楽を堪能するのは最高!
お待ちしています!

クリックすると元のサイズで表示します

小尾の出番はたぶん21〜22時頃だと思いますが
その場のノリで変わりますので お早めに

クリックすると元のサイズで表示します

レオン ラッセルの最盛期を伝えるこの3枚組は
72年の8月28日にカリフォルニアのロングビーチ アリーナ
で行われたライヴをフル収録
高揚感溢れるスワンプ ロックがここに極まった


2010/7/29

遥かに、ベン・キースへ  

ペダル・スティール奏者のベン・キースが死去しました

ナッシュヴィルのファースト・コール的な演奏者であるば
かりか ボビー・チャールズの友人として ニール・ヤング
の片腕として 長年活躍してきたのがベンでした

謹んでご冥福をお祈り致します

クリックすると元のサイズで表示します


アルバム『ハーヴェスト』(72年)の裏ジャケットより
時計回りに ケニー バトレイ、ティム ドラモンド、
ジャック ニッチェ、ニール ヤング
そして中央がベン 

クリックすると元のサイズで表示します

「まるで天に向かって小便をしているみたいだ」と揶揄
されたニール74年作『On The Beach』だが 
ベンはマルチプレイヤーとして活躍し
冒頭の「walk on」ではニールとともに歌うほどだった

クリックすると元のサイズで表示します

ニール78年作『Comes A Time』は穏やかな表情を見せる
ベンはプロデュースにも加わり ルーラルで温もりのある音
作りに貢献した 風のようなスティールが頬を撫でてゆく

ニールのもうひとつの声みたいな人でした

2010/7/28

7月28日  

いわゆるメタボ診断を導入してからの効果がこんな統計にも
表れている 指導を受け 食生活を改善し運動をした人は
1年間で全国平均1,7Kg体重が減っているとの数字が
(40歳以上で調査)

クリックすると元のサイズで表示します

私は二ヶ月で5キロ減りましたが 継続が大事ですね(笑)
一度太ってしまうともう戻らないと思っている人も多いみた
いです(実は私もそうでした)が けっしてそんなことはあ
りません 

ポイントは二つ シンプルにこれだけです

1 毎日10,000歩以上のウォーキングを必ず

2 和食中心(低カロリー)の食生活

私の場合ビールをやめれば さらに効果があるのでしょうが
人生のささやかな楽しみまで奪われたくありませんから
飲んだ分を次の日に落とす 「うわあ食べたなあ〜」と
思ったら
これまた翌日に歩き込む その繰り返しです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

ニューヨーカーのゴールウェイが西海岸に渡った71年作
ダラス テイラー、ポール ハリスらCSN&Y周辺の演奏家も
親密に歌と共鳴する 録音はほとんどがサイラス ファーラー
の自宅でのライヴだった 名曲「land of music」ではジョン
セバスチャンのハーモニーも嬉しい

クリックすると元のサイズで表示します

再び西海岸でのセッションを行った72年作 
個人史的な歌を自己憐憫ではなく聞き手に届けることには
ある種の知性と音楽性が不可欠だが
そのことを彼はジェイムズとともに証明して見せた
「12日間の恋人」はまるで短編映画のようだ

2010/7/26

7月26日  

夕方やっと雨が降ってくれて 涼しくなりました
風も吹いて今日は快適にウォーキングが出来ました
二番目の記録を達成

クリックすると元のサイズで表示します

先日の鰻で500Gすぐ増になってしまいましたが
その後すぐにー500に戻しました 何となく体で
カロリー計算が出来るようになりました
今日は誘惑に負けて昼にタンメン(美味かった!)
を食べてしまったので
またがんばって歩きました

ちなみに今日はノン アルコールの日でした

クリックすると元のサイズで表示します

キング フロイドの71年作『Groove Me 』
イナたいリズムものの表題曲にはニューオーリンズ風味も
ミシシッピはジャクソンのマラコ スタジオでの録音

2010/7/25

Delbert From Labok,Texas  

エル・テッチさん

こんにちは デルバートはいいシンガーですね ぼくも
大好な人です 彼を一躍有名にしたブルーズブラザーズの
「B Movie」ですがブラザーたちがどういう経緯でデルバート
の曲を見つけたのかはぼくにも解りません ただあまたのR&
B、ブルーズに混ざってタージやデルバートを選曲したセンス
に脱帽です そういえばスペンサーディヴィス グループ
「Gimme Some Lovin」やソウル サヴァイヴァーズ「Exp
ress To Your Heart」をカヴァーするなど ブルーアイド
ソウルにも愛情を注ぐ姿は 素晴らしいものだと思います
きっと ロイ ヘッドあたりも 大好きだったのではないで
しょうか

クリックすると元のサイズで表示します


ダグ サームに取り上げられたデルバート「If You really〜」
の作者版ですが ぼくも残念ながら聞いたことがありません
恐らく時期的に見て グレン クラークとコンビを組む以前、
ロンデルズで発表したものだと思います デルバートの78年
作『Second Wind』のライナーで小倉エージさんは この曲
がウェイロン ジェニングス、バック オウエンズ、ダグに
取り上げられたことを お書きになられています そうそう
『Second』では「B級映画」を再演していましたね

クリックすると元のサイズで表示します

「Shotgun Ryder」は ぼくはブルージャグのヴァ
ージョンで初めて聞きました 「Shakey Ground」は
フランキー ミラーも歌っていました 『Live From Austin』
に収録されたデルバートの自作「Sunday Beachs」は
もう涙が出てくるような名曲ですね

では では!

クリックすると元のサイズで表示します

〜Delbert McClinton〜

デルバート マクリントンは1940年11月4日にテキサス州の
ラボックに生まれた ラボックといえばバディ ホリーの生誕
した土地でもあるが 黒人音楽に傾倒したデルバートはやがて
フォートワースに引っ越して 地元のローカル バンドで活動
し始めた ブルース チャネル62年のヒット「ヘイ ベイビ
ー」にハーモニカで参加したデルバートは チャネルとともに
ヨーロッパ巡業を開始 その際ビートルズと出会いジョン レ
ノンはデルバートにハーモニカの吹き方を乞い願ったとされる
その成果がビートルズのデビュー シングル「ラヴ ミー ド
ウ」に現れていることは あまり語られないロック神話のひと
つ その後デルバートはロン デルズを結成 70年代に入る
とロスアンジェルスに拠点を移動し エミルーハリスに曲を
取り上げられたりしたものの 鳴かず飛ばずの日々が続いた

やがてグレン クラークとデルバート&グレンというコンビを
組み 彼らは72年にクリーン レーベルからデビュー 最初
のアルバム『Delbert & Glen』は マッドドックス&イ
ングリッシュメンの全米ツアーにも参加していたダニエル 
ムーアがプロデュースしたこともあってか スワンプ ロック
の愛好家たちには 通称”牛”アルバムとして親しまれた

クリックすると元のサイズで表示します

やがてコンビを解消したデルバートは ソロ活動に入りABCと
契約 以降もキャプリコーンやマスル ショールズ レコード
でキャリアを重ね 現在もコンスタントに活動を継続している
不遇というか 最も語られないソングライター/ヴォーカリス
トの立場に甘んじてはいるが そのことは彼の音楽を損なうも
のでは決してない ブルーズ ブラザーズの"ジェイク” 
ことジョン ベルーシはデルバートへの賛辞を惜しまず「サタ
ディナイト ライヴ」で共演したり 彼の「B Movie Box Car
Blues」をレパートリーに加えた 要するに 解っている人は
解っているといったところだろう ちなみにデルバートは今秋
70歳を迎える

クリックすると元のサイズで表示します

『下着ケース一杯のブルーズ』というタイトルが付けられたブ
ルーズ ブラザーズ78年のデビューアルバム 歌手としては
シロウト同然の二人だったが 音楽が失われていく時代に逆行
するようなR&Bへの敬愛やユーモアそして本能的な知恵は 今
なお聞き手にある種の感情を呼び覚ます そう これは音楽と
いう神話を携えたジェイクとエルウッドの冒険物語なのである
むろんデルバートの「"B" Movie Box Car Blues」も収録された

クリックすると元のサイズで表示します

2010/7/24

暑気払い〜7月24日  

今朝のアルバイトは さすがに頭がクラクラしてくる
ほどの暑さで ヘタレになってしまいました

土用の丑も近いので昼は久しぶりに近所の鰻屋さんに
行きました 大好きな隠れた名店です

クリックすると元のサイズで表示します

まずはビールと枝豆を う〜ん、夏だなあ

クリックすると元のサイズで表示します

右端には二代目夫婦の愛娘が

クリックすると元のサイズで表示します

出前も大繁盛の時期です

クリックすると元のサイズで表示します

さて 本編が登場!
たまには馬鹿喰いをしないと 体が持ちません(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

☆☆☆☆☆ 焼き具合良し タレの味がくどくない
そして御飯の粒立ちにも神経が行き届いているのです

クリックすると元のサイズで表示します

たぶん26日は予約のみで満員でしょう

クリックすると元のサイズで表示します

ごちそうさまでした!

クリックすると元のサイズで表示します

鰻を食べてこの猛暑を乗り切りましょう^0^

2010/7/24

23日のプレイリストです  

クリックすると元のサイズで表示します

左から ウォマック、スカタライツ、カーティス
レーベルはミニット、トロージャン、アトコ
やっぱシングル盤は音圧がデカイ!

face one

1 king cutis/memphis soul stew

2 rolling stones/aint too proud to beg

3 mitch ryder&the detroit wheels/you get your kicks

4 staple singers/oh la de la

5 jeff beck group/jailhouse rock

6 creedence clearwater revival/travelin band

7 taj mahal /she caught the katy and left me to ride

8 jesse ed davis/natural anthem


クリックすると元のサイズで表示します

face two

1 nrbq/12 bar blues

2 q /it comes to me naturaly

3 q/music goes round and round

4 utopia/i just want touch to you

5 nick lowe/cruel to be kind

6 ian gomm/thats the way i rockn roll

7 skatalites/phenix city

8 the charms/carry,go bang come

9 archie bell&the drells/houston,texas

10 bobby womack/baby! you oughta think it over

11 augie meyers/just you and me

12 doug sahm/gene thomas medley
〜sometimes〜cryin inside

13 billy preston/higher

14 fabulos thunderbirds/crawl

15 animals/ its my life

16 lew lewis reformer/wait

17 graham parker/hold back the night

18 graham parker/ (let me get) sweet on you


クリックすると元のサイズで表示します

”ばしこ” こと小林博美と

クリックすると元のサイズで表示します


2010/7/23

いよいよ、今夜どす  

7月23日 Fri 19h〜 @中目黒 バードソング カフェ

DJs:文屋 章 新井嵩嗣 小尾 隆

猛暑の夜をさらに暑苦しい音楽で!(笑)
ぜひ遊びに来てください! 
なお諸事情により お店は今月末でいったん閉店致します

クリックすると元のサイズで表示します

73年の9月から10月にかけてローリング ストーンズの
オープニング アクトとしてプレストンが行った欧州ツ
アーの模様を収録
ミック テイラーの色艶あるギターも見事に溶け合いながら
アゲアゲの演奏が続く スライ「ハイヤー」も選曲された
なお現行のCDは 大幅に曲が増えた改訂版 こちらも聞いて
おきたい


>人見さん 
チャーの”気は心”みたいなギター、最高ですね!

>酩酊庵千鳥足さん
ビッグ アル在籍時はむろん最高ですが ギターがジョニーに
代わってからのライヴを見まくったので 個人的にはアル以降
も大好きです

>エルテッチさん
その『アラモ』アルバムは残念ながら持っていません 存在す
ら知りませんでしたが いつか聞いてみたいですね!

2010/7/21

Summer Holiday  

ブリンズリーズの同級生だったイアン ゴムは 78年に
アルビオン レコーズからファースト ソロを発表
ニック ロウのような諧謔や冷笑の代わりに ポップ音楽
への献身を自分のペースで熟成させていた
素直なメロディを書いて歌える どこまでもいい人だと思う

クリックすると元のサイズで表示します

ブリンズリーズ時代の自作曲「Hooked On Love」の再演に
始まり 「24 hour Services」「That's The Way I Rock N
Roll」など佳曲が連なる  やや下世話なマイナー キーで
の大袈裟な展開「Hold On」も許せてしまいそう
終曲のしんみりした弾き語り「Another Year」が ”夏の休日”
の余波を噛み締めていく

クリックすると元のサイズで表示します

懐かしいメロンアイス 食べてしまいました(笑)

2010/7/21

追憶のブリンズリーズ  

前掲のゴム=ニコルズ作を聞きながら 思わず棚から
引っ張り出してきたのが ブリンズリー シュウォーツ
の『Silver Pistol』でした

クリックすると元のサイズで表示します

ブリンズリーズの3作めは 五人めのメンバーとしてイアン 
ゴムが初参加 ギターパートを補強するとともにソングライ
ティングの面ではニック ロウと刺激し合うような仲となっ
た ときは71年の8月 メンバーの自宅にエイト トラック
の機材を持ち込み 合宿生活をしながら作り上げたその音楽
は ホーム レコーディングならではの揺らぎや温もりに満
たされていった

クリックすると元のサイズで表示します

時計回りにニック ロウ、イアン ゴム、ボブ アンドリュ
ース、ビリー ランキンそしてブリンズリー シュウォーツ
その容姿が彼らの”ヒッピーイヤーズ”を伝える
賛辞欄にはのちにニックと活動をともにするマーティン ベ
ルモントの名前も連なる 当時マーティンは彼らのローディ
をしていた

クリックすると元のサイズで表示します

英国オリジナル盤(UA UAS29217)に付属のポスターより
左端がニック ロウ 子供と一緒にいるのがイアン ゴム
二人とも当時まだ23歳前後だった
ちなみにロウ=ゴムのコンビは数年後に「Cruel To Be Kind」
を生み出すが この名曲が大ヒットしたのはブリンズリーズ
が解散してから ニックによる新たなヴァージョンによって
であった 歴史とはこのような運命のいたずらによって軋ん
でいくものなのかもしれない

クリックすると元のサイズで表示します

件の曲を冒頭に収録したニック  ロウ79年のセカンド 
前作のタイトルが”クールの神様” 曲も”音楽は金さ!” 
からスタートしていたが 今回も”守銭奴の労働者” と
毒気に満ちたものだった
いわばロウなりのパンク/ニューウェイヴ時代の戦術変更
の宣言だったのかもしれない

クリックすると元のサイズで表示します

インナースリーヴも鮮やかなキッチュ感覚が前面に押し出され
牧歌的だった70年代に別れを告げている
演奏陣はデイヴ エドモンズを始めとするロックパイルの面々
当時ロンドンに渡りクローヴァー(註1)という垢抜けないバ
ンドで下積みしていたヒューイ ルイスがゲスト参加している
のも興味深い ちなみに彼とニューズの80年代の大ヒット曲は
「ヒップもやがてスクエアになる」という皮肉とも開き直りと
も取れる 苦みばしったナンバーだった

註1:クローヴァー

70年代の初頭にサンフランシスコで結成され ファンタジー
レーベルからデビューするも 泣かず飛ばすの状態が続き
英国のパブ サーキットでの活動に転じた 中心メンバーは
アレックス コール のちにドゥービーズに参加するジョン
マクフィもオリジナル メンバーだった ちなみにヒューイ
ルイスは途中からこのバンドに合流 ロンドンの寒さに
震え上がりながらシスコの陽光に思いを馳せる「Streets Of
London」という名曲も このバンドのアンヴィヴァラント
な感情を指し示す
なお彼らがエルヴィス コステロのデビュー アルバムで
”覆面の” 演奏を担っていたことは ロック伝説でのさりげ
ないエピソードのひとつ

クリックすると元のサイズで表示します

盤面のb-side トータライズされ遊び心も満載なデザイン
は インディ レーベルのレイダーならではのもの
左手には煙草が差し込まれている
さすがロウといえども”禁煙の時代”までは読めなかったようだ


2010/7/18

7月18日〜 Mellow On My Mind  

本日の歩きは12,940

夕暮れの風が心地佳かった
あと2キロ減が目標です(笑)

クリックすると元のサイズで表示します


午後6時の沼袋にて

クリックすると元のサイズで表示します


道を下っていこう 寂しそうな汽笛を耳にしよう
スクール ボーイの頃のようにさ  
小銭をじゃらじゃら鳴らせながら
川面でパチャパチャやりたいなあ

(ニール・ヤング「メロー マイ マインド」)

クリックすると元のサイズで表示します

はるかに、自殺したHのために

ぼくは今日も きみが身を投げた建物で
お祈りをしてきたよ

クリックすると元のサイズで表示します

2010/7/18

7月18日  

『レコードコレクターズ』8月号が届いた
特集はデラニー(ディレイニー)&ボニー

ぼくは総論というかヒストリー的な原稿を書かせていただいた
69年から70年代へと向けて 英米のシーンをまたぎながら
歩んでいった彼らと”フレンズ”(エリック クラプトンから
レオン ラッセルまで)のダイナミズムを感じ取ってもらえれ
ば嬉しい とくにデラボニのアセテート盤までアップルに作ら
せたジョージ ハリソンの触覚は やはり鋭い

なお『オン ツアー』拡大版については青山陽一さんが
オリジナル アルバム ガイドに関しては遠藤哲夫さんが
お書きになられている
こちらもぜひ

クリックすると元のサイズで表示します

「もしロック音楽家が現代の吟遊詩人だとしたら 投宿先とは
彼らの水飲み場であり 彼らの隊商宿であり 身を横たえる
安らぎの場所なのかもしれない」

(ディレイニー&ボニー『モーテルショット』(71年)の
リリックシートより)  

2010/7/18

7月17日   

17日はライヴ イヴェント”Squeezebox Night "を見に
赤坂のcrawfishに行ってきました

クリックすると元のサイズで表示します

ロス ロボスが(メジャー)デビューした80年代以降
ヒスパニック系の音楽もすっかり浸透しましたが そんな
テックスメックスやザディコ音楽に敬意を払った3バンドを
楽しみました とくに今夜は客足も良く熱気ムンムン!

クリックすると元のサイズで表示します

まず一番手は東京を代表してザディコキックス
ワンコードで持続していくグルーヴはこの夜も圧巻でした
キックスのウネリを覚えるとクセになってしまいます(笑)

時計回りに 諸星、西田、中林そして竹内

クリックすると元のサイズで表示します

Moroこと諸星は ツーステップでも安定したビートを叩き
出しバンドを押し上げる しなやかな いいドラムスです

クリックすると元のサイズで表示します

二番手は大阪からのクレイジー清水&ハリケーンズ2010
こちらはロッキン ブルーズ色が濃厚なザディコを展開しました

クリックすると元のサイズで表示します

途中からはコーラス三人娘も加わり ソウル レヴュー的な
華やかさも!

クリックすると元のサイズで表示します

三番手はやはり大阪からのコンフントJ
ハル宮沢たちなどから噂だけは聞いていたのですが
ぼくはやっと見ることが出来ました

こちらはテックスメックスのコンフント(小編成)スタイル
を掲げ バホ セストを弾くなどの本格派ぶりを発揮します
まるでサンアントンのバーで聞いているような錯覚に襲われ
ました 素晴らしい!

クリックすると元のサイズで表示します

終盤には名曲volver,volverも飛び出し ムードも最高潮に

クリックすると元のサイズで表示します

そして最後は3つのバンドが勢揃いして ボビー チャールズ
〜ハングリー チャックのDown South New Orleansを
ルイジアナへの思いが滲むこの選曲が ほのかな余韻を残して
いきました 右端には歌詞カードを見るレッドウッズの
成田安宏の姿も

クリックすると元のサイズで表示します

左からシミズ、オノリオそしてヨシタケ
日本を代表するスクィーズボックス奏者の揃い踏みです!
ボタン式に鍵盤式とアコーディオンの音色の違いにも注目を






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ