----- カ テ ゴ リ ー --------------------------------------------

お知らせ

お仕事

日常
----------------------------------------------------- **----------
2013/4/30 | 投稿者: CrossK

初めての上海は、人のお世話になってばかりだった

宿泊は親戚のところ
空港までの行き帰りは別の友人がつき添ってくれ
ツアーバス観光には友人の兄弟が…
クリックすると元のサイズで表示します
着いた当日は
友人の同僚が集ってくださり、
食事と夜の上海ぶらり 

クリックすると元のサイズで表示します


  翌日は
   親戚のもてなし(はしご)夜会

親戚の同僚の方とライブハウスを巡り

友人の部下の方と市内観光(通訳)してくれて
クリックすると元のサイズで表示します
再び親戚のお友達と会い、
上海キラキラ街で食事 

クリックすると元のサイズで表示します

 
 最終日は感謝しきれぬ思いで、
 上海料理屋の円卓を皆さんと囲み…

一週間の日程中、4日目は丸1日寝込みました
-------------------------- **---

フードコートの様な所でいただいた、名物甘辛ザリガニ
クリックすると元のサイズで表示します

上海キラキラ街の山椒たっぷりザリガニ料理
クリックすると元のサイズで表示します

チェーンのカフェレストラン風香港料理屋にて
甘塩っぱい煮ソーセージ丼と餡子とココナッツミルクのデザート
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 おしゃれなビルの菓子屋で買った、
 菓子と思ったのが間違いの饅頭(包子)

 あのショーケースは何だったのか


バスツアーに参加した「烏鎮」で昼食に入った食堂にて
 …食器を消毒!?した後のジャスミン茶
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

上海の行商果物
斤(500g)で3.8元とか5.8元とか * 当時は1元=12円
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
果物は大概マズイらしいけど、スモモは美味しかった

外資系スーパー「カルフール」の野菜売り場
キノコ類は200g 6.8元〜9.5元 …露地と比べたら随分高い
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
中国でも金額(元)の表示に「\」マークを使う

タグ: 旅行 中国 

2013/4/26 | 投稿者: CrossK

上海の元倉庫だったのを貸しアートスペースとした
  【莫千路50号】
外回りはほとんど手を加えてない様で、
個人的には好きな場所

個展・展示会、ギャラリー、パフォーマンス、工房…事務所

どこまで行けて、どこまで見学できるのか
わからず歩きまわると、工房兼らしき居住空間も現れる

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
敷地内の“アート”と川辺の“落書き”

  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  いかがわしいエリアっぽいが、工房や会社が並ぶ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
きにいった水墨画

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
きにいった磁器

ここでは、どこも誰でも、撮影OK
コピーを危惧するより名を売る方が先…ということかな?

そして下の2点は、キャンバス地に油絵風プリント
人物は気持ち悪がられ、扉は…も少し大きかったら使えたかな
残念ながら今でも丸めてしまってある 1枚約1000円で購入
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

左は骨董屋のもの、右はインテリア屋で売られていた機械刺繍
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

中国にいると、模造の何が悪いのか
わからなくなってくる…
タグ: アート 海外 旅行

2009/6/21 | 投稿者: Cross K

どこにも撮影禁止の表記は無いし(読めなかったワケではなく)、皆 作者の間近でどうどうと写真撮ったりしているので、私も少し遠慮がちにカメラを構え、コレ!を作品を収めてきました。

 ↓ これは友人に送るつもりの葉書クリックすると元のサイズで表示します

見てきたギャラリーは莫千山路50号だけですが、ブースや建物数が多くて、奥に行けば建物は縦横斜めに伸びて迷路のよう、かなり見甲斐有りました。
北京に行くともっともっと広いらしく…ヘンな所で中国の広さに感心、です。…敷地内に宿泊施設でもつくったらいいね、un...

  北京が軍事工場跡地利用で、
  上海は工場跡地利用。

彫刻ではなく焼き物(磁器)だと思うのですが、何とも艶めかしい奇妙な像に伝統工芸的で手の込んだ彩色。伝統の革新?…なんて関心持ったのですが、帰ってから探してみても、中国の伝統工芸にはこういった絵柄は有りませんでした(^^ ;
簡単な検索からですが…多色の焼き付けは「五彩磁器」がありましたが、それは柄というよりも絵のものが多く、模様ものもの「埋め尽くす」描き方ではありません。
この作品はどちらかと云えばタイのベンジャロン焼きに近いようです。

…としたら、私の関心も急に冷めちゃったり。

上海在住1年の従兄弟が「中国でこんな落書きがあるなんて!」とやたらと繰り返していたので、ご紹介。莫千路50号へ行く途中の堤防です。
クリックすると元のサイズで表示します



…まだ途中なんだけど、随時更新していきますのでどうぞ宜しく♪(これじゃブログじゃないな)
タグ: オリジナル

2009/6/21 | 投稿者: Cross K

中国四度目にして 初めての上海。
クリックすると元のサイズで表示します


6月13日から21日の7泊8日「ゴールデンウィークの振り替えです」と、アレもコレも無理くりくっ付けこじつけての渡航。

旅行といえば旅行、仕事といえば仕事のネタ探り。

そうして向かった上海は、梅雨入り間際で蒸し暑く、万博前で「今が一番汚れてる」解体ホコリまみれの街でした。

中国イメージ…偽物、コピー品、品質不信、汚染、試し合い

中語も英語も全然話せない私がひとりぷらぷら物色してると、偽物だコピーだと、目くじら立てる事にだんだん意味無いように思えてくる。

聞いてはいたけど、当たり前に本物でないものが有り過ぎ。
いちいち見極めようとするは…正しいけど、でもいい加減で嫌になってくるわけで、三日後には本物偽物関係なくホントに欲しい物だけ買えばいいやと理解する。勿論、値段交渉して。

クリックすると元のサイズで表示します街を歩けば穴だらけ、竹組の足場だらけ、ホコリだらけ。
多少の人が通るなら道でも歩道橋でも、果物売り、携帯用プリペートカード売りだらけ。

クラクションだらけ、保安官だらけ、人だらけ、ホコリだらけ。

車道を歩けば命の危険(当然!)、歩道を歩けば落下物の危険。

水滴は実によく落ちてくる。クーラー室外機からのものらしい。
目を疑ったのは、三階の人が窓枠に腰掛け、木の棒をギコギコ切り落とした時。
「アレって、下に人が居ないのを確認したから落としたのよね!?」と誰かに無性に確認したいけど、その日はひとりで行動中。自分にそう言い聞かせるしか落下物の不安は消せない。

中国人の知人だって竹組足場の下は通らなかったもん…。

水のペットボトルの価格は、その大きさに比例しない。サイズの小さい方が高かったりする。

また、コンビニで「この空ペットボトルを捨ててくれませんか」のジェスチャーをすると、湯を入れ熱でボコボコになったペットボトルを返してくれる。

クリックすると元のサイズで表示しますあちこちで煉瓦積みで洒落た造りの建物が壊されてて、こんなもの写真撮ってどうするんだ!?な視線に耐え、保安の腕章が近付いて来ないかドキドキしながら、高台に上ったりてカメラに納めた。
絶対に勿体ないよ。
この手の込んだ建物から、「ノッペリ」か「ギラギラ」なビルにしちゃうんだよ、たぶん。
どこだったかの「弄」だって、全ての建物の壁を、大地を感じる土の色から人工・コンクリ的なブルーグレーに変えちゃってて、アジアらしい生活感と生命力みたいの、無くなってたよ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
弄は日本だと「辻」とか「ワンブロック」って感じかな。門を潜るようにして入る脇道だから少し躊躇したけど、抜け道にも便利だったりするし、怪しい行動さえしなければ何も気兼ねしなくていい、って聞いてからはチョクチョク入った。

ご近所サン向けの商売があったり、マッサージとか何かの教室とか。紹介がなければまず知ることも頼る気にもならない、ホントに狭いアパートの間口を上がった二階とかにあるから、逆に自分だけが知る秘密の扉な感じでドキドキするの。

この向こうには何が…!?

でも、ブルーグレーの壁じゃねぇ、冷めちゃうなぁ。

なんて通して愚痴っているようだけど、実はやるなぁ中国、ってことも多かった。結構エコロジー精神あるんじゃん、って。

例えば弄では、交差する通路に人一人入るゴミ箱が置かれてて、そこに生ゴミだけを捨てに来る。
連日30度超えの蒸し暑い日中側を通っても臭わないんだから、頻繁に回収してるんじゃないかな。
通りにもゴミは見掛けない。
清掃する人がたくさん居るからなんだろうな。だからって「仕事を無くしちゃ」わないから、ポイ捨てしちゃダメだよ、Japanese!!

地下鉄列車のシートも合理的!汚れたら水吹き付けて洗えるもんね、ベンチそのままのベンチシート。

乗車は大抵ICチップ搭載カードを使うみたい。バス、電車、タクシーで使えとか。買い物は…どうなんだろ。
一回きりの乗車券は、タッチ式パネルの発券機で降りる駅を選択して購入。初乗りは多分2元(34円くらい)。安い!
ちなみにタクシーは…20元くらい…も少し安いかな?

電車の乗車券は日本のテレフォンカードみたので、乗るときはタッチ、出るときは日本みたいに改札機に回収させる。
あの切符はきっと何度も使うだろうし、一枚ずつに広告が印刷されてて、なかなか無駄なくできてんじゃん、と感心。

ある時電車が、停車位置から乗車口半分分ズレて停車。位置修正をすると思いきや…そのままドアが開き皆も乗り込む。
乗り降り出来ればいい、停車位置修正でダイヤ乱すよりいいじゃん…て考えかどうかはわからないけど、なるほどねぇとひとりでまた感心する。

車内でも町中でも、咳やクシャミする人が全くいない。

クリックすると元のサイズで表示します通勤では咳を避ける毎日。
日本と中国(上海)、どちらが衛星的だろう…。





AutoPage最新お知らせ