----- カ テ ゴ リ ー --------------------------------------------

お知らせ

お仕事

日常
----------------------------------------------------- **----------
2007/12/20 | 投稿者: Cross K

渋谷のクロスタワーには、尾崎豊の詞を刻んだ石碑(←モニュメント!)がある。

自由というワードで尾崎豊を連想するなんて、
随分シンプルだなと自分でも呆れるwa(^o^;)
ま、そんな"○○の叫びー"でなく、
もっと軽〜く…「自由」を考えた。

きっかけは人の髪の毛。
女の人の髪一本一本がピョンピョン立っちゃってて
「この髪の毛、随分自由に生えてるな」って(笑)。

人目を気にしなきゃコレでもいいのか。
この髪みたく、自由に、好きなよーにいられたら楽よなぁ。

ん?尾崎の自由って何?
自由を奪っているものは、何?
校則とか? 決まり事?
大人の目?

思うような行動が出来ないから?
したい事が邪魔されるから?

んーそりゃ不自由かも。

でも…
不自由の反対が自由ではない…よねぇ(-.- ;

なんて事は、
きっとアチコチで語られているんだろうな。
タグ:  教え

2007/12/6 | 投稿者: Cross K

理事会、というものが1日の土曜日に終った。
事務局なので当日は雑用をこなすだけで、チョット楽ちん。

しかぁし…
議事録作るのに10時〜23時で丸3日(;-;)。
デザインフェスタの準備より大変…レコーダーから言葉を拾って。

今日完成した12枚を内容確認で長に見せたら、
途中で読むのが嫌になったらしく
「この4/1くらいに要約しちゃっていいんだよ」なんて、
泣けるお言葉。

あぁ(ToT)
あんなに毎晩、繰り返しお声を聞いていたのに。

「それでは…そ…ンれで…」
時にはビギナーDJのように、間の悪いリピートしたり。

理事は私に仕事をくれる、師走の師です。


2007/8/27 | 投稿者: Cross K

耳の肥えた人はCDを聞くとき、
CD録音で切り取られた音域(!?)を
生で聞いてるのと同じように自動復元してるんだって。

私なんか、人にCDを貸す時はいつも
「生で聞くともっと奥行きがあって、もっと素敵なんだよぉ」
と断ってる。CDと生音が「違う」と感じてるんだな。

ストラデイバリもそう。
テレビでストラディバリ〜(ヴァイオリン)♪の演奏を聴いた時、
なんて線が細くて、弦をギーギー鳴らしているような音なんだろう(`´#
って、不愉快になったんだよね。
「ブランドや珍物ってだけなんじゃないの?」なんてね。

でも2年に1度のストラディ(だけ)・コンサートで聴いた時、
その繊細でスゥーー、って深く澄んだ音に
吸い込まれていくようで心地良かった(*~-~*)po〜♪

そう、経験値のせいかセンスのせいか、
私は音の復元が出来ないみたい(^^;

そんな私ですが、
先日のLIVEに出ていたMenの生演奏を聞きながら
聴こえていないメロディを復元してたんだよね。

多分、だけどね。
多分 そのMenの意図ではなく、音程が無くなってたと思う。

歌詞と空調とアルコール(ロック)で、身体も随分冷えたけど、
一生懸命聴いてるとメロディが聴こえてきたんだよね。

「ここを輪唱に」「大所帯で大袈裟なアレンジに」…
勝手に音が膨らんで、結構楽しめた(-o- )。
あれは可能性有る楽曲…という類のものなのかな!?

それとも…逃避だったかな^_^;)
タグ:  教え

2007/8/14 | 投稿者: Cross K

「ヒグラシ」がタイトルの2曲を続けて聴いたのは、昨日のライブ。
聴きながらまたも余計な事を…
「蝉の一生って…」哀れだかどうかを考えたんだけど、
逆じゃないかなって思った。どぉだろう。

地中で10年耐えて地上で1年(1シーズン)の儚さを哀れむじゃん。
でもさ、地中が本来の姿・本来の環境なら、
例えば人が空飛ぶことを夢見るように蝉も夢見てるとしたら、
亡くなる前の成人と老後の期間にその夢を叶えて自由になるのよ!?

…そんな人生に、成功に、夢の叶え方に、すこし憧れるなぁ
タグ:  教え

2007/8/2 | 投稿者: Cross K

明日は学制発布記念日なんだって。
「学びましょう」の日かな。

ある本に載ってたアメリカの経営コンサルタントの
ジョゼフ・バジールの言葉は、
「昨日までの文盲は読み書きのできない人、
今日の文盲は学ぶことを知らない人、
明日の文盲は創造することを忘れた人」と。

…なぁるほど。

誰かさんに聞かせたいねェ(-_-゛)
…σ(^-^;)?


ところで、メッセージはどうしたら人に届くのだろう…
と、夏ばて頭は考えました。

行動  眼  言葉  造形  音 …

 *** - *** - *** - *** - ***

今 流行の「集中トレーニング」のビリーには、
その眼の奥に優しさを感じるから頑張れる、
という人がいる。

また人の活動を見て、動きを、物を、絵を みて、
視覚から何かを感じる人もいる。

…メロディー、音色、声、警鐘…

余談だけど、日本人は聴覚が優れてるんだって。

小さな音までも聞こえる、というより…
川のせせらぎや風の音、木々のざわめき、
蝉の声、等を楽しめる感性を持っているのだとか。

これは西洋系では「うるさい」雑音だそうな。


言葉は…そうか、眼にも耳にも アプローチできるんだ。
声という音、文字の大きさや行という 間。


 *** - *** - *** - *** - ***

「思い」を表して
 それを人が「受け取った」とき
  メッセージとして残るのかもしれない。


…などと、夏ばての頭は考えている。

その頭は、とあるイベントに便乗して
イベント(遊び)をしてみようかとも、企てている。
タグ:  教え

2007/4/11 | 投稿者: Cross K

やさしい人

【回りから優しと言われる人は、優しのだと思う。

人に優しいねって言える人は、がホントは優しいと思う。

けれど、人に優しいねって声を掛けられて、しかし自身は言われる事のない人程、ホントは一番優しいのだと思う。】
タグ:  教え

2007/1/12 | 投稿者: Cross K

落合信彦著の「ジョークで時代をふっとばせ!」で、笑った中のいちジョーク。

「あなたがた資本主義者は、物を豊富に持ってはいるが、
それを世界と分かち合おうとしないで、
ただ高く売りつけるだけだ」とブレジネフ。
これに対してレーガンが、
「あなたがた共産主義者は、何も持っていないが、
その"無"を世界と分かち合おうとする。
そこに無理があるんじゃないかな」
タグ:  ジョーク

2007/1/5 | 投稿者: Cross K

日本には、弥生の時代から朝鮮(の)人が移って来ているらしい(以下「らしい」略・笑)。

日韓同じ内容の民話があり、「朝鮮半島の地名を表す」姓や地名が日本にある。
日本内に神話の興りが少なくとも2箇所、どちらも神が降りて来た地。
またエビスとは外来者を指し、先民が神と崇めたとも、神と呼ばせたとも。

つまり大昔から現代までいろんな理由での移住があり、子孫を考えればその人数は少なくない。

さてチマチョゴリ。
チマチョゴリには基本となる5原色がある。華やかで、私はつい見入ってしまう。

先の書籍(スカートの風)によると、若さやイキイキとした表わしを良とする韓国では、
着る物やネクタイ、布団も鮮やか。ワビサビで彩色された日本で目にすれば、
注目を集めるか、…無視は出来ないと思う。

「地味な色彩の小さな民芸風の柄を一面に散りばめた美」は
 「五原色が放つ光」にかき消され、また脅かされる。

…そんな相手を前にして、どういった対応をすべきなんだろう。
今までの生活(文化)を守るために、
私はそれらを排除しようとしやしないだろうか。
何が善、何が悪と、言えるのだろうか…φ(.. )。
タグ:  教え




AutoPage最新お知らせ