2021/2/25

日本記者クラブ  いろいろ


音楽とはまるで関係ないですが。
たまたま見ようとしたYouTubeの画面下に出てきたのがこれ。
磯田道史さんを迎えての、日本記者クラブでの模様です。
2018年モリカケ問題の頃。
テーマは『公文書管理を考える』
1.5時間ある動画ですが、時間を作って是非ご覧いただきたい。
こういう話を見聞きし参加することがマイナーな日本。
好きな歴史をとことん追求し、楽しそうにキラキラ輝き、その深さゆえの聡明で説得力ある意見に、思わずひきこまれてしまいます。

そして今更ですが、日本記者クラブという存在のことを調べてみました。
Wikipediaより引用-----
概要

新聞・通信・放送(在京外国メディアも含む)の報道機関による独立組織で、政府など公的な財政支援は受けていない。アメリカ・ワシントンD.C.のナショナル・プレスクラブに範をとっており、官公庁などの取材拠点としての記者クラブ(いわゆる「出先クラブ」)とはその形態、性格を異にしている。
沿革

日本新聞協会、日本民間放送連盟(民放連)、日本放送協会(NHK)が共同で提唱し日本の「ナショナル・プレスクラブ」として設立された。

戦後20年以上にわたり国・公賓など外国からの要人が来日した際には「日本外国特派員協会(FCCJ/外人記者クラブ)」に招かれて会見し、日本のプレス主催による公式会見は行われていなかった。

これに対し1970年の大阪万博での要人来日ラッシュが予想される中、「日本にもナショナル・プレスクラブを設立すべき」との声が高まった。萬直次・日本新聞協会会長(日経)を委員長として「プレスクラブ設立準備委員会」が立ち上がり、民放連やNHKも参加。これら3団体の長を設立発起人に1969年11月、任意団体として発足した。なおこの時点では諸外国の大手メディアの特派員や記者は加盟することができなかった。

その後、1973年9月に社団法人組織に移行。1976年の日本プレスセンタービル完成・移転に伴い、会員制度を拡充した。これにより在京外国メディアやそれらに所属する外国人特派員の加盟がようやく可能になったが、フリーランスの記者や雑誌記者は加盟できない閉鎖的な体制のまま現在に至っている。
-----------

そうですか、フリーランスや雑誌記者は加盟できないのですね。
閉鎖的な体制なのですね。
それでも、政府など公的な財政支援は受けていない独立的存在なのですね。
だから、こんなテーマでの率直な意見と質疑応答ができるのですね。
当然ながらどの動画も再生時間は長いけれど、テーマにしていることがとても大事なことばかり。
面白いか?だけで、動画を見るばかりではいけない、
社会に関わり、問題点を見つめ考えないといけない。
これだけの活字離れの昨今、せめて動画から始めてみたらどうでしょうか。









トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ