インストミュージカル燃えがら姫制作日記-7 新作(オリジナル)

2021/5/24 | 投稿者: Maysico



音楽、演劇、絵画、舞踏....あらゆる世界で、日々「新作(オリジナル)」が生み出されている。
有名、無名に関わらず。
そもそも全てのものは、存在した最初は新作であり、オリジナルである

それでも、実際に目に触れたり耳にしたりするもので、新作の比重ってどのくらいなのだろう。
新作を1回やるだけでは、その後の存在継続力を得ることはできない。
それを叶えるには、例えば演劇なら「再演になりました」ってこととか。

このトシになって、ようやく心からクラシックに興味を持つようになったが、気づけばそれらは当然のように古典ばかり。
古典さえたいして知らないのだから、たくさん聴かなくてはいけないが、では現代作品を積極的に聴くことがあるか?と自問する。
答えはAlmost Noだ。

例えば、大好きなジャズのECMレーベル。
Facebookでも頻繁に新作の宣伝を目にする。
が、自分がそれを追う気持ちは以前と比べてどうか?

世界は、ものを作ることをまったく放棄などしていない!
しかし、その舞台や市場は矮小化しているかもしれない。
貪欲なほうだと思う自分でさえ、興味はそうなのだから。

それだけは手放してはいけない。
そんな数か月の制作だった。

しゃべるのは楽器!


映像つき予告編


有料配信窓口↓
アレイアミュージックショップ




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ