ベースのセンセ

2021/5/29 | 投稿者: Maysico


一昨年はウクレレ。
昨年は短期間だったがパンデイロ。
そして今年に入ってからベース(エレキ)を始めた。

どれも中途半端極まりないけれども、都度都度のタイミングをキャッチしてきたらそうなった。

なぜベースか?

それは、楽器大好きなサックスの生徒さんが、
”たまたま通りがかりにベースを見つけて買ったのですが、状態がいいのか悪いのか、どこのメンテに出せばいいのか、とりあえず見てください。それより見せびらかしたい!”だったから。

”ポール・(マッカートニー)が弾いているみたいな、ほらバイオリン型のベースですよ”
→バイオリン・ベース、Hofner(ヘフナー)だった。

メンテ先を友人に尋ねたりしたが(丁寧な回答をありがとう)
その時閃いた。

”Iさん。そこまでの気持ちはなかったかもしれないけれど、とりあえず、せっかく楽器も買ったことだから、1、2回だけ習ってみません?
それで、状態をみてもらってメンテも考えませんか?
1、2回なら、私は今、ベースは持っていないけれど、付き合いますよ!”

そんなこんなで、他のことにお財布を開ける余裕はまったくないのだが、根性で探して、初心者モデルを1台購入、Iさんとふたりレッスンが始まった。

センセは、彼が大学時代からの縁で、私の演奏活動に欠かせないベーシスト、愛称「デッド」テッドじゃない!
まだ20代の若い若いセンセだ。
プロとして活動し始めてから、まだ3年ほど。
教えるのも初めて。Iさんと私は、デッドにとって初めての生徒だ。

今日で3回目のレッスンだが、内容はお任せ。
しかし、あきらかにデッドのレッスンの鮮明なカラーがでてきた。
習うこちらがあまりに素人だから、まだその必要がない、ともいうが、デッドは譜面を用意しない。教室のホワイトボードも、今日になって初めて使ったがそれもメモ的な。
”はーい、一緒にやってみましょー”なんて言葉、まだ聞いていないし(笑)
基礎練習の例とか、すごくまともで(笑)一般的なことを尋ねると、やってみせてくれるのだが、それで終わり。
おそらく、”それは自分でやってよ”ということで、この先も具体的な例が図面化されたりすることは、ほとんどないはず。(違うか!(笑))

音の相関関係、つまりポジション関係ということなのだが、その説明をしたら、曲のコード進行で、その関係を利用して弾いていく。
たいしてお手本もやってくれないから(笑)自分でたどたどしく考えながらやるしかない。
お手本というのは、もちろん何よりの指針でもあるが、依存もする。
譜面は、その通りにやればいいのでありがたいが、一方で応用が効かないし依存する。
約2時間。トシのせいもあるが、最後はアタマが回らなくなったり。

デッドは、そもそも理系。音楽に憑りつかれなければ、技術系の仕事に就いただろう。今まで”お里”ということを考えたことはなかったが、この人は理系だ!とレッスンを受けていてしみじみ思う。
Iさんも理系出身。自分とはアタマの構造が違う。

私も教室を始めて25年。
他者がどう教えるかにはとても興味があり、また学ぶことも多い。
デッドは、考えさせて自らやらせる。
それを温かく(まさに温かく)見守る。
年上の私たち初心者に遠慮はあるだろうが、しかし、その距離の取り方がとても上手い。まだ20代だというのに。

そんなわけで、1、2回のつもりのレッスンはまた来月も。
もうひとりなら一緒に受講できますよ。
センセは、田代卓(たしろたかし)さん。検索してみてください。





トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ