2020/8/17

かたちあるものの価値(楽器)  音楽


かたちあるものとして作られたものを私は簡単に捨てることができない。
きっとケチでひねくれものなのだろう。
ある物体が活躍する時間があまりに短かったりすると、『ごめんね』と言ってしまう。
食品を包む外袋さえそうだし、ましてやぬいぐるみなどとてもとても捨てられない。
我が家には優しかった亡き父が拾ってきたり、かつて戴いたぬいぐるみたちが鎮座している。段ボールなどに入れっぱなしでは苦しいだろうと思うから。
これがさらに楽器となると、たとえどんなに安価なものであったとしてもなんとか有効に使いたい。常にそう考えている。

私にとって1万円は大金。
フリーランスで1万円を稼ぐこと、稼ぎ続けることがどれだけ大変かよくわかる。
教室を始めて約25年。
様々な生徒さんにご縁をいただいてきたが、おひとりおひとりそれぞれの事情を抱えながらも音楽を、サックスに挑戦しようとされるのだ。
物の価値が費用対効果だというおおよその前提は置いておいて。
それぞれのご事情にあわせて、一番良い方法は何かを考え提案することも個人教室ならではの大切な仕事だと思う。
その提案は、(大変だけれど)それでも無理をして良い楽器を買ってくださいもあり、ここだけはお金を遣いましょう、新品にこだわらず中古品で最適なものを見つけましょう、最初ですから安価だけれど充分使えるのでまずはこの機種でいきましょう、、とか。
既によくわからずに安価な初心者モデルを買ってしまわれた場合もある。それでもやはり2、3万円の出費をしている。
ご両親が一生懸命働いて、サックスをやりたいというお子さんに精一杯のプレゼントの2、3万円はどれだけ貴重なものか。
どう頑張ってもこれはちょっとね、の物もあるのかもしれないが、私はこれまでその状況にノーと言ったことはない。
それには、信頼するリペアの方の存在はかかせない。
安価な楽器の場合、リペア代のほうが高くつくからお断りされることもあるのだから。それも当然のことでもある。
どちらかというと、サックスにおいて昔のモデルはのりしろが多い作りになっている。
変な言い方だが、作りが完璧ではない。ホールとキーパッドのはまり具合も良い感じでおおらかなものも多いから、吹き手の実力が問われる部分もあると思う。
対して最近のものは、ホールにぴったりパッドがフィットする作りになっているから吹奏感の安定度は飛躍的に高まったように思う。
ただ、その分もしかしたら個性が発揮できにくくなってきたのか?と感じることもある。
クルマ等も同じなのかもしれない。親切、安全、使いやすい。

縁あって、教室に安価なモデルが回ってきた。
使わないから(全然使えないから)、という理由のようだ。
確かに最初に吹くにはそうかもしれない。
しかし全然吹ける。手を入れればまだまだ吹ける。
ちゃんと手を入れたら、体験レッスンにきてもらったり、しばしの最初の1台となっての役割も充分果たせるはず。
マウスピースやリードの組み合わせを、吹き手の状態にあわせて見極めることももちろん重要な点だ。
いい楽器はそれはそれは素晴らしい。
自分が上手くなるにつれ、またいい音楽を、いい演奏を聴けば聴くほどそう思うだろう。
だが、いろいろな楽しみ方があっても良い。
特に今はコロナ禍、災害、様々なビハインドを乗り越えていくことが、多くの方々にとって大事なことでもある。
そんな中で、何か少しでもお役に立てるなら嬉しい。


2020/8/12

京王線北野駅前スタジオで平日レッスン生を募集しています。  ミュージックスクール


来年2月、主宰するサックス教室は25周年を迎えます。
現在の組織名であるアレイアミュージックのスクール部門、アレイアミュージックカウンシルでは、八王子方面にお住いのレッスン受講生を募集致します。
八王子は広いですが、レッスン場所は、最寄駅京王線北野です。(駅すぐ)
メイン教室は東京都港区三田(最寄駅 大江戸線赤羽橋駅・南北線麻布十番駅)にあり、
現在、週末のレッスンはすべてそちらで行っておりますが、平日開講中です。
お子さんがいらして午前中なら、とか、午後の早い時間なら、仕事帰りになど対応可能です。

レッスンシステム概要は、本サイトトップページの
School Tabをクリックしてご覧ください。↓
https://www.areiamusic.com/services/school/
レッスン日等、できる限りご相談の上、長く続けていただけるよう努力致します。
お気軽にお問合せください。
support@areiamusic.com 河口まで
または、本サイト問い合わせフォーム
https://www.areiamusic.com/contact/
をご利用ください。


2020/8/11

なんとかできないのか?なにかできないのか?  音楽


香港が大変だ。
大変なことになっている。
言論の自由がないなど、これが現代なのだろうか。
周庭(アグネス・チョウ)氏、
黎智英(ジミー・ライ)氏らが次々と逮捕されている。
後ろ手に縛られ連行されていく姿は、涙なくして見られない。
人を殺めたとか、そういうことでは全くないではないか。
主張することで一方的に逮捕されるなど、不条理極まりない。

なんとかできないのだろうか?何かできないのだろうか?
武力ではない方法で。恣意的、政治的策略のない真の支援の方法で。
明日、自分たちの身に本当におこってしまう可能性だってある。
現にそうして甚大な犠牲を強いた戦争というものにさえ突き進んでしまったではないか。
日本人にとって特に重要な8月にこのような状況を目の当たりにし、心が動かない人はいないだろう。
苦しんでいる人々のために何か少しでもできないか。



タグ: 香港

2020/8/5

味付け  


7月31日まで、4ケ月ちょっと。
週3回母の家に通い、最初のふた月近くは昼、夕、翌日の夕食を作り、
後半ふた月は当日と翌日の2夕食を作って食べて片付けて帰宅という生活をしていた。
母にこうして、と頼まれてやったわけではまったくない。
そもそも、うちの母はそういうことを頼むタイプではない。
といった状況を時々書いていたから、『お母さん、具合悪いの?』と各所で訊かれたのだった。
母には悪いことをしたような。(笑)でも、なぜそうなっていたかを説明するのがちょっとややこしいこともあったので省略。
親孝行したとも全く思っていない。
ただ、人生にはひとつでもやり遂げることがあったほうがいいし、また今最優先でやるべきことをやり遂げるということがとーっても大事だと思っているから協力しただけ。
母は89歳。巡行でいけば、私より残された時間は圧倒的に少ない。
完成を待たずに、その結果がどうあれそのことを観ずにこの世を去るなど、できればやめてほしかった。
何としても最後までやり遂げてほしかった。
コロナ禍を言い訳にしつつ半年近くだが、私の教室は生徒さんも着々と戻って来て、多くの方々にチャンスもいただき助けてももらったから、もうそんな言い訳は自分には通用しなくなった。
8月の到来と共に、自分のことが一気に忙しくなった。
最初はひと月、途中でうーん、6月までかなあ、いやいや7月までだな。
と、笑って日々を過ごせてきたのは、たぶん来春くらいまで、いやもっとかな?の覚悟もあったし、『急いては事を仕損じる』が座右の銘でもあるから、なんて。
89歳の母のスピードは自分とは違う。
7月中にとにかく手伝える最後のところまでができて本当によかった。
そして、母が元気に過ごしてくれて本当によかった。
都心に仕事に通っている自分との接触も多いので、感染させるリスクは常にある。今日までひとまず本当によかった。

過ごしてきた間、気づけば120食以上の夕飯を作った。
毎日の夕飯づくりなど当たり前ではあるけれど。
その日々が終わり、今度は自分のためにまたちゃんと作り続けなくては。
気が付くと、定番のお惣菜の味付けが思うゾーンにはまるようになった。
特に料理が上手いわけではないが、自分の以前のゾーンより向上したようだ。
何の調味料が足りないかとか、このときはここが大事とか。
料理は日々やるのだから手早さも、時に手抜きも大事。
でも楽しい気持ちでやれば、美味しいものができるのだ!ということを皆さんにもお伝えしたいのです。


2020/8/1

雨なら濡れる  いろいろ


いつ頃からだろう。
雨の日は配達される新聞に、薄いビニール袋パウチされている。
紙媒体の新聞購読者が減少の一途、販売店さんのサービス努力のひとつだろう。
雨なら紙は濡れる。
当たり前。
しかし、ずっとずっと昔からそのことは不変の事象。
昔はどうだっけ?
グッショリ濡れて、あ〜あの日もあったし、
配達員の方が新聞受けやポストの奥に突っ込んでくれていた。
子供の頃は田舎だったから、時には玄関先に置いてくれたり。

集合住宅が多くなり、小さい郵便受けが多くなってきたこともあるだろう。
それと。
雨に濡れないように、という商品を大事にする精神は尊い。
現に紙が濡れてはちょっと困る。
それとは別にクレームの対応という面もあるのではないだろうか。

昔から、留守にするときは取り置きをしてもらったり、本を買ったり、新聞販売店さんとの付き合いは案外深い。
以前の配達店が廃業されるとき、お疲れ様でしたの電話をしたら奥さんに泣かれてしまった。切なかった。

そもそも配達してもらっている。
客であることは確かなのだが、そもそも雨なら濡れる。
このサービスの手間賃は発生しないし、本当に感謝しかない。

雨なら濡れる。人に託すならいろいろ託す。
雨なら濡れる。


2020/7/28

54歳のイチナナ新人ライバー  ライブ


8月7日(金)20時より、イチナナライブアプリで、音楽番組『もしかして、メイシコ?』をスタートします。
ありそでない、オンリーワンの音楽番組。
隔週(おおよそ第1、第3金曜日)で配信します。
番組相方は、パーカッショニストのぺー原口さん。
初回のテーマは『も○○○』
しかしそもそも、なぜぺーなのか。すごい芸名。
基本スマホアプリで、ダウンロードしてアカウントをとってわたくしMaysicoのアカウントをフォローしてください!!
わたくしのアカウントからのライブ配信で、視聴は無料。アプリ内のコインでの投げ銭式です。
わたしをはじめ、中年族には最初手強い(笑)アプリですかも。
私のページはこちら。
https://17appv2.onelink.me/D7OH?pid=InappShare&af_c_id=post&af_dp=media17://v2/post/3dbbb117-819d-4456-841c-82ba7443d385&af_web_dp=https://17.live/post/3dbbb117-819d-4456-841c-82ba7443d385?lang=ja

そして、ブラウザーにURLを直接入力するかたちで、パソコン等からもお使いいただけます。

https://17.live
是非是非よろしくお願いします 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ