Information  ライブ

アレイアミュージックオフィシャルサイト内の
イベントページに掲載しています。
アレイアミュージックオフィシャルサイト
http://www.areiamusic.com/



2020/7/28

54歳のイチナナ新人ライバー  ライブ


8月7日(金)20時より、イチナナライブアプリで、音楽番組『もしかして、メイシコ?』をスタートします。
ありそでない、オンリーワンの音楽番組。
隔週(おおよそ第1、第3金曜日)で配信します。
番組相方は、パーカッショニストのぺー原口さん。
初回のテーマは『も○○○』
しかしそもそも、なぜぺーなのか。すごい芸名。
基本スマホアプリで、ダウンロードしてアカウントをとってわたくしMaysicoのアカウントをフォローしてください!!
わたくしのアカウントからのライブ配信で、視聴は無料。アプリ内のコインでの投げ銭式です。
わたしをはじめ、中年族には最初手強い(笑)アプリですかも。
私のページはこちら。
https://17appv2.onelink.me/D7OH?pid=InappShare&af_c_id=post&af_dp=media17://v2/post/3dbbb117-819d-4456-841c-82ba7443d385&af_web_dp=https://17.live/post/3dbbb117-819d-4456-841c-82ba7443d385?lang=ja

そして、ブラウザーにURLを直接入力するかたちで、パソコン等からもお使いいただけます。

https://17.live
是非是非よろしくお願いします 


2019/12/25

目指せ、球場でライブ!!  ライブ


クリックすると元のサイズで表示します

メリークリスマス!!

早いもので一年が終ろうとしている。
やろうと思っていたこと、どのくらいできたか?と反芻してみる。
そうだ、教材を2冊出した。スケール教本の Vol.1とVol.2
じゃーん!!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


こちらで発売中です!!!!!
アレイアミュージックショップ

来年はあることを最大の目標にしているのだが、
そんな中で年間、いろいろ予定していることもある。
今年、キヨシローさんの命日5月2日に、
キヨシローさんトリビュート、ではなくて
世の中のことをちと考えてみる、的ライブをやった。
キヨシローさんのトリビュートライブはいろいろ行われている。
キヨシローさんのことは大好きだけれど、
トリビュートされるより、
なんか、もっと世の中のこととかについて、
うまいことやってくれよ、ベイベーって言いそうな気がするから
そうすることにしている。
まあ、そんなことがみんなに会えて、楽しかったりする中でやれれば
いい感じだし。

ということで、どうしようかなと、それなりにずっとあれこれ考えている。
知人という距離感とは程遠いが、1度ステージでサックスを吹かせてもらった
某自動車業界の方は、只今、武道館コンサートを目指していらっしゃる。
有言実行で、Facebookでその様子を書きはじめていらっしゃる。
すごいなと思う。
武道館!!

ところで私はもう13年くらいキヨシローさんの地元の市に住んでいる。
ついでに、名曲「スローバラード」に出てくる八王子市民球場も、実際に何度も行った。
市営グラウンドは案外いい広さ。
現在は球場名が変わっているけれど。
来年も5月2日にやれればいいなって思っていると同時に、
歌のとーり、球場でやれたりなんかしないのかな?なんて
ひとり面白がっている。
音響、どうするんだ?とか、問題は果てしない。
第一、資金はどうするんだ?
知らんわ(笑)

ところで東京ドームは、オールナイト(23:30−5:00)で
借りたら85万円!!!
電光掲示板(オーロラビジョン)アナウンス付き代金が14万円

スタンド使用料
100名様まで 30,000円
200名様まで 50,000円
500名様まで 100,000円

※グラウンドに降りることのできる人数は50名様までとなりますので、
50名様以上でご使用の場合はスタンドをご使用いただくことになります。
※上記料金は、1スパンの料金です。
オールナイトでご使用の場合は2倍となります。
※500名様以上の場合は別途ご相談ください。

場所代だけなら100万円プラスアルファ。
しかし音響はどうする?
でもグラウンドのそのあたりくらいにきこえればいいくらいの
音響ならなんとか、、、ならないか(笑)

とかなんとか考えているのが面白く、
ついでに、口に出しているうちになんとかなるんじゃないか??

ということでまもなく一日が終るけど
再びメリークリスマス!!


2019/5/28

ちゃんと歌えなかった賛美歌  ライブ

昨年末、ある場所で演奏の機会があった。
クリスマスコンサートだった。
1部は子供向け、2部は大人向け。
その場所での演奏は、そのとき4回目。
半年にわたりお世話になったし、
演目の設定、内容など、自分としても力の限りを尽くしたと思う。
子供向けのコーナーがあまりにも受け!?
盛り上がった分、二部はお客様も少しひけてしまい、静かな演奏となった。
ザ・クリスマスと題し、細部にわたるまでクリスマスにこだわり、
トレンドとは無縁の内容を貫いた。
特にこだわったのは、賛美歌。
自分の趣味と言ってしまえばそれまでだが、私は賛美歌が大好き。
クリスチャンでもないが、神の存在は信じている。
賛美歌は、歌うことで清々しい気持ちになり、心癒され、穏やかな気持ちになる。
音楽としても和声豊かで素晴らしい。
確か、「あら野のはて」にと「神の御子は今宵しも」だったか。
その日、プロとしてあるまじきことだが、私は喉を潰し、全く声が出なかった。
薬を飲んだりあらゆることを試みたがダメだった。
この日しかリハーサルができず、控え室でバンドメンバー全員と、シンガーひとりで声を合わせた。
もともと、歌えるメンバーだったからこそ思いついた賛美歌だった。
天井の高いラウンジ。私はほとんど声にはならなかったけれど、
こんな美しい賛美歌は聴いたことがない、と涙ぐんでくださった方もいらっしゃった。
上手いとかそんなことではなく、力をあわせた共鳴がかなった瞬間だった。
このメンバーでどこかで是非再演を果たしたい。

このコンサートの話を、半年以上経って初めて書いたかもしれない。
ある理由があってどうしても書けなかった。
せっかく撮っていただいた写真は見ることはないかもしれない。
寒さ、潮の香り。長い帰り道。
その日から2週間近く声を失っていたっけ。
今こうして思い出している。
8月にそんな機会を再び予定している。
今度はちゃんと歌えるかな。


2019/5/28

ちゃんと歌えなかった賛美歌  ライブ

昨年末、ある場所で演奏の機会があった。
クリスマスコンサートだった。
1部は子供向け、2部は大人向け。
その場所での演奏は、そのときで4回目。
半年にわたりお世話になったし、
演目の設定、内容など、自分としても力の限りを尽くしたと思う。
子供向けのコーナーがあまりにもウケ!?盛り上がった分、
2部はお客様も少しひけてしまい、静かな演奏となった。
ザ・クリスマスというテーマで、細部までクリスマスにこだわり、
トレンドとは無縁の内容を貫いた。
特にこだわったのは、賛美歌。
自分の趣味と言ってしまえばそれまでだが、私は賛美歌が大好き。
クリスチャンでもないが、神の存在は信じている。
賛美歌は、歌うことで清々しい気持ちになり、心癒され、穏やかな気持ちになる。
音楽としても和声豊かで素晴らしい。
確か、「あら野のはてに」と「神の御子は今宵しも」だったか。
その日、プロとしてあるまじきことだが、私は喉を潰し、全く声が出なかった。
薬を飲んだりあらゆることを試みたがダメだった。
サックスは吹けるが、MCもつとまらず。
この日しかリハーサルができず、控え室でバンドメンバー全員と、シンガーひとりで声を合わせた。
もともと、歌えるメンバーだったからこそ思いついた賛美歌だった。
天井が高いラウンジ。
都心のイルミネーション。
私はほとんど声にはならなかったけれど、
こんな美しい賛美歌は聴いたことがない、と涙ぐんでくれた方もいたらしい。
上手いとかそんなことではなく、力をあわせた共鳴がかなった瞬間だった。
あのメンバーで是非再演を果たしたい。

このコンサートの話を、半年以上経ってここに初めて書いたかもしれない。
どうしても書けない理由があったから。
あの日の寒さ、潮の香り。長い帰り道。
その日から2週間近く声を失っていたっけ。
今、時の流れとともに思いだしている。
8月にそんな機会を再び予定している。
今度はちゃんと歌えるかな。


2019/1/24

【見切り発車お知らせ】和話ライブ復活   ライブ

アレイアミュージックで全体をまとめてから、もうすぐ5年半、
アレイアサックスカウンシルの名前でサックス教室を始めてから、来月で23周年を迎えます。
長い歴史の中で、終始一貫続けてきたことは、自作によるサックス演奏、またはサックスアンサンブル演奏です。
何と言ってもわたくしの宝、サックス教室。
有り難いことに、私の良き理解者、そして振り向けばいつも傍らにいてくれる人たちがいます。
そんな人たちと、2013年以来、なんと6年ぶりに『和話』(wawa)ライブを復活します。
和話の説明として、アレイアミュージイクサイトでは、
2009年から和話(Wawa)というタイトルで、日本人である自分の中から自然に出てくる音楽を作り、様々な曲をアレンジし、企画〜演出〜演奏を行うライブイベントを行っています。
和をテーマにしたイベントは数多くありますが、日本の音楽にこだわる”オリエンタリズムではなく、独特の間合いや色合い、タッチをもち、洗練され尽くした日本の文化をイメージした音楽と映像によるライブイベントです。

と紹介しています。
要するにほとんどオリジナルです。

場所がまだ訳あって正式に決まっていないという、年末のナントカのライブと一緒の状態での公開ですが、でもやります。やるのです。
正式なクレジットもまだなのでとりあえず・・・
3月9日(土)和話(wawa)Vol.5
Maysico(Sax)
柳津雅子(Ts) 緒方美保(As)from 色鯉沙汰
と、素晴らしいギタリスト、素晴らしいベーシスト、素晴らしいパーカッショニスト
18時30分くらいから。
都内便利な場所。

この日、ウチの母の米寿の誕生日なのです。聴かせたいのですがね!

懐かしい、和話の写真シリーズです。
フライヤーは2013年のもの。デザインは美保ちゃん。さすがですね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

タグ: 和話 wawa Maysico



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ