2020/12/2 | 投稿者: Maysico


12月になった。
アイデアが浮かんだらスマホに録音し、それをキーボードで弾いて確認して簡単な譜面にし、簡単なデモを作る。
この繰り返しを四六時中やっている。
働いていないように見えるけれど、(笑)それなりに働きつつ!!です!!
寝ても覚めても、ずっと音楽のことを考えている。
曲を作る人は、誰しも、もしかしてアイデアが出てこなかったらどうしよう!という恐怖を持っているだろう。
私もその端くれなのだが、恐怖よりとりあえず作らなくてはいけない状況なので頑張っている。
頑張っているといっても、誰に頼まれたわけでもないし、こんなことをやらなくても、世界中の誰一人困らない。
まさに勝手に好きでやっているだけ。
そのことに、協力してくれる人たちがたくさんいて、私はいつもどんなときも何とも幸せ者。
以下説明引用-----------
作っているものは、インストミュージカル。世界初‼️かも‼️
ストーリーは動画。セリフは楽器で吹くフレーズ、同時に字幕。
ただ言葉をフレーズに置きかえても飛び道具にしかならないから、フレーズのやりとりをつなげたらシーンごとに曲になり得る展開。
その動画を秒数を管理しながらBGM、シーンの展開、締めの音楽を生演奏で。
おおよそこういった感じです。
劇伴音楽のプロにとっては、この程度のことは当たり前でしょうが、私は初めて。だって誰に頼まれもしたことがないから(笑)
演奏する曲は数秒程度のものから、まるっと1曲モノまで50近いアイテムになりそうで、またセリフフレーズを入れたら、、あといくつでしょうか。全部自作編曲なのでこの数週間、一日中曲のことを考え、書き続けています。
ふっと思いつくことが多いのは、電車移動中。マスク越しに周りに聞こえないように小声でフレーズを反芻し続け、スマホに録音しています。
ライブ演奏ではありますが、演奏者はほぼ黒子。パフォーマンス姿は見えましぇーん。
その分音を聞いたら、『あ、これは○ちゃん?』『こっちはもしかして△ちゃん?』
小さなチャレンジですが、サウンドパフォーマンスです。
10数人のチームで実施、当日はライブ配信します。是非ご覧ください。
-------------------
ということで、シーンごとの演奏曲は7割くらいできたが、セリフをフレーズにし、1曲にまとめていく段階に入り、なかなかウホウホになってきた。
年内に作り上げるには、1日4曲ずつでもギリギリ。
誰に頼まれてもないのに(笑)
さて、次のフレーズ、行ってみよ〜!!


2020/10/27 | 投稿者: Maysico


子供の頃習っていたピアノは、練習しても練習してもたいして上手くならず。
小6でやめてしまった。
あれから数十年、サックス教室をやりながらレッスン中はピアノ伴奏をしていると言ってもいい。
カラオケには合わせられない大人スタートの生徒さんが多いことも理由のひとつ。
このところ、生徒さんの録音プロジェクトが続いている。
来月の録音ではカラオケを使おうかと思ったが権利関係もあり。
今度はスタンダードジャズ。ウォーキングベースを弾きながらの伴奏。
ベースライン弾きながらはこれまたインチキだけど得意(笑)
ずっとレッスンでは弾いているが、世間に出す動画にあたっては、どうだろうと自問していたこともある。
自分のソロ演奏を撮るならまだしも?伴奏となるとまた特殊技能なので練習の内容も目標も多少ニュアンスは違う。
しかしふたたび頑張ってみることにした。
生徒さんも自分にとっても良きチャレンジ。
先月の録音でも、自分がアレンジしたこともあってハードルをあげてしまったが、練習したおかげで以前よりマシになった。
来年はピアノでまともなソロ(アドリブ)が弾けるかも!
世の親御さん。自分の場合才能とは言わないですが、後年、結局面白くてこんなに必死に練習するのです。
長い目でお子さんを見守ってください!!(^^)

タグ: ピアノ 伴奏

2020/10/1 | 投稿者: Maysico


コロナ禍が始まった頃だったか。
お誘いいただき審査にも通過して、イチナナというライブ配信認定Liver(パフォーマーという感じ)となった。
このメディアは、どちらかというとひとりで自宅から配信するようなスモールフレームのもの。
自分はこういう動画的なもの、アピールする?ようなものがとてもニガテ。(そうは思われていないだろう!(笑))
しかし、コロナ禍となりひとつくらい何かに挑戦してみようと始めたのだった。
その際ただライブを配信するのではなく、チームを作り、毎回テーマに基づいた音楽番組形式にして頑張ってみようと決めた。
この話をいただくとほぼ同時に、音響や配信技術に長け、さらにそれらを追求していこうという人財を見つけていたこともあった。
毎月2回。現在は思いがけないイレギュラー企画もできて月3回。
他のLiverさんに比べれば、オハナシにならないくらい配信回数が少ない。
それでも毎回の企画はひとりでやっているので、大変なペースだ。
音楽番組なので、当然演奏曲の練習もある。カラオケ音源、譜面、資料作りなど、好きで始めたとはいえ膨大な作業量だ。
配信の回後の3回分くらいは既に用意を進めているから、いざ配信となったときに、いったい今日は何のテーマの日だったかわからなくなるときがある。
世の中の脚本家や放送作家の方のタフさには、アタマが下がる。
それでも、何とか演奏曲の仕込みができている。
やり方のゾーンに入ることができたともいうし、うまく言えないが、ずっと続けてきた何かがものすごく力をくれている気がする。
歳は猛烈にとってきたが、以前よりずっとタフで慌てなくなった。
世の中には、素晴らしい音楽がたくさんある。
そのことを自ら体験できていることは、何よりの栄養だろう。
少しでも多くの方にご覧いただければ嬉しい!!デス。

先月、大リニューアルしたアレイアミュージックのホームページにもライブ配信情報を記載しています。よろしくお願いします。
https://areiamusic.com/blog-standard/

タグ: イチナナ

2020/9/28 | 投稿者: Maysico


来年2月まで生き延びたら!!25周年を迎えるアレイアミュージックカウンシル。
設立当初から、「ただ習うだけでなく、演奏できるようになろう」をモットーにしている教室なだけに、レッスン生の皆さんは、私からの猛烈な無茶振りに耐えている(笑)
そんなことを繰り返しながら四半世紀の時が経ったが、気が付くと、、、
「これやりたいんです、私やりたいです」と自分の思いやアイデアを口にしてくれるように。
長年自分ひとりの意見を通すことが多かったから、他者の意見は貴重。
世の中の方がどんな音楽が好きなのか、求めているのかは、私なんかよりずっと肌で知っていると思う。
違うと思うこともあるかもしれないが、こんな嬉しいことはない。
もう、この際全面的に任せよう。譜面を書いたりアレンジしたりの音楽的なことは一手にやるけれど、そんなこともいずれシェアできていくだろう。
素晴らしい!!!


2020/8/17 | 投稿者: Maysico


かたちあるものとして作られたものを私は簡単に捨てることができない。
きっとケチでひねくれものなのだろう。
ある物体が活躍する時間があまりに短かったりすると、『ごめんね』と言ってしまう。
食品を包む外袋さえそうだし、ましてやぬいぐるみなどとてもとても捨てられない。
我が家には優しかった亡き父が拾ってきたり、かつて戴いたぬいぐるみたちが鎮座している。段ボールなどに入れっぱなしでは苦しいだろうと思うから。
これがさらに楽器となると、たとえどんなに安価なものであったとしてもなんとか有効に使いたい。常にそう考えている。

私にとって1万円は大金。
フリーランスで1万円を稼ぐこと、稼ぎ続けることがどれだけ大変かよくわかる。
教室を始めて約25年。
様々な生徒さんにご縁をいただいてきたが、おひとりおひとりそれぞれの事情を抱えながらも音楽を、サックスに挑戦しようとされるのだ。
物の価値が費用対効果だというおおよその前提は置いておいて。
それぞれのご事情にあわせて、一番良い方法は何かを考え提案することも個人教室ならではの大切な仕事だと思う。
その提案は、(大変だけれど)それでも無理をして良い楽器を買ってくださいもあり、ここだけはお金を遣いましょう、新品にこだわらず中古品で最適なものを見つけましょう、最初ですから安価だけれど充分使えるのでまずはこの機種でいきましょう、、とか。
既によくわからずに安価な初心者モデルを買ってしまわれた場合もある。それでもやはり2、3万円の出費をしている。
ご両親が一生懸命働いて、サックスをやりたいというお子さんに精一杯のプレゼントの2、3万円はどれだけ貴重なものか。
どう頑張ってもこれはちょっとね、の物もあるのかもしれないが、私はこれまでその状況にノーと言ったことはない。
それには、信頼するリペアの方の存在はかかせない。
安価な楽器の場合、リペア代のほうが高くつくからお断りされることもあるのだから。それも当然のことでもある。
どちらかというと、サックスにおいて昔のモデルはのりしろが多い作りになっている。
変な言い方だが、作りが完璧ではない。ホールとキーパッドのはまり具合も良い感じでおおらかなものも多いから、吹き手の実力が問われる部分もあると思う。
対して最近のものは、ホールにぴったりパッドがフィットする作りになっているから吹奏感の安定度は飛躍的に高まったように思う。
ただ、その分もしかしたら個性が発揮できにくくなってきたのか?と感じることもある。
クルマ等も同じなのかもしれない。親切、安全、使いやすい。

縁あって、教室に安価なモデルが回ってきた。
使わないから(全然使えないから)、という理由のようだ。
確かに最初に吹くにはそうかもしれない。
しかし全然吹ける。手を入れればまだまだ吹ける。
ちゃんと手を入れたら、体験レッスンにきてもらったり、しばしの最初の1台となっての役割も充分果たせるはず。
マウスピースやリードの組み合わせを、吹き手の状態にあわせて見極めることももちろん重要な点だ。
いい楽器はそれはそれは素晴らしい。
自分が上手くなるにつれ、またいい音楽を、いい演奏を聴けば聴くほどそう思うだろう。
だが、いろいろな楽しみ方があっても良い。
特に今はコロナ禍、災害、様々なビハインドを乗り越えていくことが、多くの方々にとって大事なことでもある。
そんな中で、何か少しでもお役に立てるなら嬉しい。


2020/8/11 | 投稿者: Maysico


香港が大変だ。
大変なことになっている。
言論の自由がないなど、これが現代なのだろうか。
周庭(アグネス・チョウ)氏、
黎智英(ジミー・ライ)氏らが次々と逮捕されている。
後ろ手に縛られ連行されていく姿は、涙なくして見られない。
人を殺めたとか、そういうことでは全くないではないか。
主張することで一方的に逮捕されるなど、不条理極まりない。

なんとかできないのだろうか?何かできないのだろうか?
武力ではない方法で。恣意的、政治的策略のない真の支援の方法で。
明日、自分たちの身に本当におこってしまう可能性だってある。
現にそうして甚大な犠牲を強いた戦争というものにさえ突き進んでしまったではないか。
日本人にとって特に重要な8月にこのような状況を目の当たりにし、心が動かない人はいないだろう。
苦しんでいる人々のために何か少しでもできないか。



タグ: 香港




AutoPage最新お知らせ