2022/4/29 | 投稿者: Maysico


出生率は過去最低、人口は確実に減り続けているのに、マンション、タワーマンションの新規建設は加速しているようだ。
2010年、麻布十番、赤羽橋エリアに教室を移動してから12年。
いったいどれだけの建築物が増えたことか。
東京タワーが見えた方向には、タワーマンションが2棟。
最終的には5棟ものタワーマンションに囲まれてしまいそうだ。
ということは、所在地にこれらの建築物の名まえが記されてゆくわけだ。

ふと考える。
いったいいつから日本語の名づけをしなくなったのだろう。
集合住宅には、横文字をつけなくてはいけないという約束事があるのだろうか。
僭越ながら、その名づけに愛はあるのか。
ステイタス、スタイリッシュ、ゴージャス。ああ全て横文字!
イメージ最優先。
売らなくてはいけないから、商品の名づけは大事な戦略である。
よくわかっている。よーくわかっている。
ここは日本だから日本語でやれと思っているわけではない。
グローバル化社会だから、特に英語は必須だという時代。
それもそうだろう。
また些細な事にこだわって...と笑われることもわかっている。
だが、ここまで横文字の求心力が強いことに恐ろしさも感じる。
いったい何がグローバル化なのだろうとつい首をひねってしまう。

日本語は美しい。表現力も繊細。
例えば、かつての日本の町名がどれだけ陰影、光彩に満ち美しかったか。
例えば、雨が降るさま、晴れの日のさまを現わす言葉の多様性。
忘れてしまったことを思い出すことは難しい。
破壊してしまったことを建て直すことは難しい。

例えば、世界のどんな国々も、少数民族も。
皆、自分たちの言葉に愛と誇りを持っているだろうし、そうであって欲しい。
そしてその文化をお互いに認めあう。
グローバル化は標準化することとは違うのではないか。

教室に向かう道すがら、この混乱の時代、”そういうこと”を大切にしたいと思ったのだった。


2022/3/30 | 投稿者: Maysico


1996年、サックス教室、AREIA SAX COUNCILをスタート。
当時はインターネットが普及しはじた頃。
生徒さんが素晴らしいホームページを作ってくれ、
「センセ、ブログを書いてください。頑張って宣伝してください。」とアドバイスをいただいた。
この数年はめっきり書く回数は減ってしまったが、やめずに26年間続けてきたのだが...
今日、運営会社から2022年8月をもってブログサービスを終了するとのメールが届いた。
MixiやFacebookくらいまでは、文章レベルの交流手段ではあった(ある)が、時代は何より写真(動画)と短文でのメッセージ。
昨今、一日中連発される「イメージ」の時代なのだろう。
写真を撮るのがとてもニガテで、書くのがヘタなくせに文章大好きの自分にとっては、本当に難しい時代!!

このブログはやがて1000本目になる、、、と折に触れて書いてきたのだが、ピッチが上がらずの状態だけに、ブログ終了の知らせは何だかとても悲しい。
26年間、
日々思うこと、
考えたこと、
何かをやっていること、やったこと。
楽しいこと、嬉しいこと。
すべては書けないけれど
心から悲しかったこと、
時に苦しかったこと。

様々な自分なりを記してきたように思う。
活字離れは進む。
しかし、一方で人気作家やエッセイストの方々のさすがの文章によるブログは人気のようだ。
私は音楽も好きだが、ことばも大好き。
たくさんのことばが繋がった文章、ひいては書物も大好き。
しかし、大好きと言えるようになったのは、元々好きだったプラス、読む努力もして、日常に欠かせない習慣にできたからだと思う。
そうなったら、読むことはとても楽しい。
音楽もそう。
ジャズもロックもラテンもクラシックも何でも聴くが、難しいね、と言われるものも聴いたりとか。
そうしているうちに、わかりやすいだけが全てではないということもわかってきた。

ちょっとハナシが脱線したけれど、本ブログは1000本達成まであと20本弱。
実は、1000本書いたら一区切りだと思っていた。
サービス終了の8月まで何とか達成したい。
意味ないことばかり書いて数を稼ぐな、自分!!


2021/11/3 | 投稿者: Maysico


好きな人ができたら、結婚したいって思うのは2,3歳の子供の頃からの不変の情!
どんなに反対されても、好きなものは好き。
そこはオトナにもなれば止められないし、まさに自己責任。
たとえ苦労をしても、たとえうまくいかず別れることになっても、自分たちが選んだ人生なのだから頑張るしかない。
ふたりで協力して、悔いのないように。

スマホやコンピュータでいつでも世界中の人と繋がることができる現代。
手紙と電話しか連絡の術がなかった、たとえば遠距離恋愛でも昔とは隔世の感アリアリ。
しかし。
相手の顔色、様子、息遣いを感じること。日本語特有の「察する」ことは、どんな道具を使っても難しいだろう。
それこそ血の通った人間同士のチカラ以外の何物でもないはず。
そのために人間が存在する意味があるはず。

人は数年の時間の中で変化する。
歳を取る。成長する。
失敗する。問題を抱える。
良いことが多いことを願うが悪いことも。

数年ぶりの再会。涙が溢れるほど嬉しいだろう。
相手が変わらず自分を思っていることを知り(時に怪しかったり(笑)なんちゃって)変わらぬ愛を知ってさぞ盛り上がることだろう!
その盛り上がりに、相手の何かしらの変化を感じ取ることは難しくて当然。
私もそうだったろうし、現にそうだったかもしれない。

奇跡が起こることってたまにある。
一抹の不安、あれっ?大丈夫かな?、まだ完遂していないけれどたぶんいける...
そんなことが問題にならないこともあるし、カミカゼが吹いて払拭されるという奇跡もある。
けれど、世の中に起こる様々な事象をみていれば、なかなかカミカゼは吹いてくれない。

人生を駆けて何事かにまい進している人を、少なくとも周りの誰か、ひいては世間の人々が応援してくれる。
それがなかなかうまく事が運ばなくとも。
応援というものは、かっこいいからではなく、むしろ愚直さ、闘う生き様。そんな姿に惹かれてするものかもしれない。
何よりその人に魅力があるか、何より面白いかどうか!

56歳のおばさんの独り言に過ぎないし、
いろいろな具体的な問題は置いておいて!
ふたりはこの数年の変化とか違和感を感じ始めているのではないか。
良いことも、悪いことも。
4年も待ったのだから、もうひと踏ん張り!
時間をかけて相手との距離をゆっくり埋めたらいい。
結婚までして今更だけれど(笑)
まさに天上からおりてきた生活は、謙虚にゼロから。
家事など下手で構わない。やればいいのだ。
料理も下手で構わない。家事をやるのは夫でも妻でも構わないが、作って食べる食事は家庭生活に大事なこと。
まずは身近な場所で電車に乗り、バスに乗り、スーパーに行き。
その上で、得意な英語や特技をブラッシュアップして次を目指せばいい。
自分が本当にやりたいことを探してほしい。
頑張れば、きっとまだ40にもならないうちに、憧れの海外の地に足をつけて生きていけるかもしれない。
ただしこれは、自分たちのチカラで行うことですネ。

カミカゼは吹かない。
このハナシ、いろいろな視点から見ても、ちょっと意地悪に言えば、今の日本を象徴するようでとても興味深い。
根本的な問題は解決し、説明も必要だったし、今後も必要なはず。
もし既に何か感じるものがあれば、謙虚にリスタートしてほしい。
そして信頼を自らの手で取り戻してほしいと、おばさんは心から願っている。
好きな気持ちは止められない、そこは心底わかるから!


2021/10/27 | 投稿者: Maysico


若き日、4年間にわたり都心のパン屋さんでアルバイトをしていた。
家族経営のお店。
有難いことに私は家族同様に温かく迎えられ、この家の子供たちの一番かわいい盛りの成長に立ち会うことができた。
数々の忘れえぬ思い出と、あんなに穏やかな気持ちと笑顔で過ごせた歳月はなかったかもしれない。
場所柄、時には芸能人や有名人も。育ちの良さが滲み出る方々もたくさん来店された。

働き始めて1年くらい経った頃だったか。
二軒隣に、一点モノ専門のブティックがオープンし、時折店のマダムがパンを買いに来てくださるようになった。
おそらく70歳近かったか、もっとだったかもしれない。
華奢な体型、華やかな顔立ちの異国の女性。
いつも豪華な宝石をまとい、よく似合う見事なお召し物と、マニュキア。いい香りの香水。
目元の皺などどうでもよくなるほど魅力的な笑顔、気風の良さ。
様々なことを乗り越えてきたであろう強さや大胆さ。したたかさ。
香港の方だったと記憶している。
ブティックで扱っている洋服は、あの頃の私にはオトナ過ぎたしお値段も高かったが、お世辞抜きでセンス抜群でよく売れていた。
いい時代だった。

私はこのマダムが大好きだった。
とりわけ、マダムの美しい膝下が。
まっすぐで細くて膝頭が小さくて。
そしてその足をのせるピンヒールの趣味の良さったら!
「そのヒール、マダムに履かれるためにある!」ってくらいお見事。

マダムの膝下には、確かに大陸の大地を歩いてきた民族の歴史を感じる逞しさがあった。
腰高に軽やかに歩きつつ、そこに刻まれてきた悠久の時間(とき)を感じてしまうのだ。
もしかしたら、そんなことも品位というのかもしれない。
天晴れで素敵な女性だった。
あんな風に歳を重ねることができるなら、老いていくのも悪くない。


2021/10/1 | 投稿者: Maysico


ものごとにいつか終わりはあるけれど、この数年、閉園、閉店、取り壊しが相次ぐ。
特に時代と共に生きる遊興施設は、時代の流れとともにその役目を終えるのは必然なのかもしれない。
そんな中、油壷マリンパークが閉園した。
私はこの場所に思い出はないけれど、切ない気持ちでいっぱいだ。

そもそもどこかから人間の勝手で連れてこられた動物たち。
その後、子孫を残して今日までその場所で生きてきた動物たち。
名前をつけて人間と密なコミュニケーションをとる動物たちもいれば、無数のNo nameの魚たちもたくさんいる。

私はガキなので、動物たちにも人間のような感情があると信じている。
閉園にあたっては、例えばおともだちのイルカやアシカやアザラシたちはみんな同じところに引き取られていくのだろうか?
家族が引き裂かれることはないのだろうか?
どの道、自分たちの意思ではなく住み慣れた我が家を引っ越さねばならない。
大好きだった飼育員さんもいるだろうが、やむなくお別れ。
魚たちだってきっとそうに違いない。
どこに連れていかれるのか不安に違いない。
彼らはとっくに野生ではない。
人間の勝手で連れてこられ、人間の勝手な幕引きに巻き込まれてしまう。
せめて最後まで終の棲家で幸せでいさせてほしい。

老朽化ということば。
どのくらいの年月をそう定義づけるのだろう。
ヨーロッパの住宅は、100年くらいでも「新しい」家だったりするのに。
老朽化によって、安全性が損なわれるようではいけない。
が、老朽化は時代遅れの別の言い方か?はたまた美化か?
時代に遅れれば、人は興味をなくし、忘れていく...
ほんとうにそうなのだろうか?
一方で忘れないこと、繰り返される何かもきっとあるはず。
楽器を弾いたり歌ったり。太古の昔から何も変わらない。
これを時代遅れとは言わない。
映画を観ることもそう。
繰り返される何かが、存在し続ける何かが必ずあるはず。

何もかも人間の都合。
SDGsの時代にはなったけれど、人はもっと謙虚に生きることを思い出したほうがいい。
なぜか浮かんだこの曲と共に、そんなことを思った10月の始まり。




2021/9/2 | 投稿者: Maysico


ペーパーレス&デジタルの時代だが、ペーパー愛はモアモアな日々。
この先も変わらないだろうことのひとつは、譜面媒体。
たぶん、、おそらく、、iPadにはしない。
譜面は譜面作成ソフトというものでデジタルで行うが、出力はA4の紙。

第5波という名前のコロナ禍。私も最大のカウンターパンチを喰らっている。
去年もオーマイゴッドだったが、今年はさらにオーマイスパゲティ。
しかーし。笑って落ち着いてこれからのことも考えてきた日々。
その日々のお供は、A4サイズの音楽教本、譜面、参考書や練習問題のあれこれ。
鉛筆、ラインマーカー、ノート。

勉強という行為は、実は大好き。
基本、好奇心旺盛の性分だし、何より計画力と持久力が素晴らしいので(笑)向いているかもしれない。
とはいえ、高校受験以来、何かに向かって猛烈に勉強をしたことは久しくなかったから、ゾーンに入るまではつらかった。
が、ゾーンに入れた今は日常となった。
楽器の練習も同じかもしれない。

ほんとうに、自分は計画力と持久力と実行力だけでできているのかも。
(自惚れにしかきこえないはずだが、自己分析にすぎない。)
しかし大事なことは、頑張ればいいというものではないこと。
その結果が成熟し、ひいてはやったことが世に出ることが望ましいこと。

そんな日々はまだまだ当分続くが、さっきふっと閃いた。
なぜ自分がiPadの譜面がニガテなのか。
iPadにおいては、A4が(自分にとっては)現実的でないから!!
高い!し何より重い。
ついでに、やっぱり液晶を通して紙面を見ることが脳みそにつながらない。
紙面サイズはA4。持ち歩くには大きいし重い。(同じやん...)
しかーし、
紙をめくって書いて書いて、線を引いて引いて引いてが、何より自分を高揚させ前進させることに気づいたのだ。
成果の前に、この気持ちの高揚、モチベーションを持ち続けることはとても大事なこと!
その環境の条件がA4なのだ。
A4万歳!!

タグ: A4サイズ




AutoPage最新お知らせ