2021/9/18 | 投稿者: Maysico


やっぱりなかなか簡単にそうはさせてくれない様相になってきた。
大リーグのホームラン王争いは、ここにきて他のライバル達が大谷選手に並び、ついに突き放そうとさえしている。
まさに終盤。
アメリカの大リーガーの底力はとてつもない。

まだまだわからない。
大谷選手は新世代の若者であり、今はたまたまのスランプに過ぎないかもしれないが、そうではないのかもしれない。

『太平洋戦争 最後の証言』というシリーズ3巻をまもなく読破する。
毎度ながら、戦争における日本軍の無謀な計画、朝令暮改、精神論等々の一方で、全てがそうでなかったこともわかる。
何よりも、当時の戦争という形態においては、工業力、生産性に加え、物資の補給力という意味で、とうていアメリカにはかなわなかった。かなうわけもなかった。
だからこそ長期戦において、尻上がりに力の差を見せつけることになったのだ。
山本五十六の『半年くらいなら暴れてみせましょう』の言葉は、ある意味日本というものの特性を言い表しているのかもしれない。

大リーグというのは、その試合数の多さにおいても大変な長期戦だ。
ライバルに優勢に立たれても、自らを立て直すことができる時間もたっぷりある。
後塵を拝していた輩がジリジリと追いつき、気が付いたら横に並び、最後に追い抜いていくということも可能でもある。
もちろんそれには時間という資力だけでなく、そこに登場する人物たちの努力と実力があればこそ。

それにしても、海外の人たちの後半に見せる底力というものは何なのだろう。
グローバル化の時代、あらゆる分野で日本人がトップに立つことも珍しくなくなった。
ナニナニ人だから、という言い方は適切ではないだろう。
それでも尻上がりに調子をあげ、最後に目標を達成できるという気質というか、民族のDNAというか。
そういうものは、生まれ持ってだけのものではないはず。
子供の頃からの育ち方、見ているもの、感性の育み。
比較するなら、そこには差というものがあるのかもしれない。

しかし、その差を単純に埋めることが最優先事項なのか?
それも疑問にも思う。
民族にはそれぞれの特性がある。その国ならではの良さもたくさんある。
足りないところを埋める努力は必須だが、だからといってスタンダードに目標を定めることがいいことなのか?
その国らしさを大事にすることも忘れてはいけないのではないか。

話は飛躍してしまったが、大谷選手頑張れ!
どんな結果になってもこんなに実りある一年はないだろう。
あなたはまだ若い。
経験を生かして長い人生を尻上がりのチカラで生きてほしい!

タグ: 大谷翔平

2021/6/2 | 投稿者: Maysico


様々な意見があってこそと思うので書いてみる。
いつの頃からか、いわゆるお上の発言において”しっかり”という言葉が連発されるようになった。
失礼ながら、他の言い方はご存じないのだろうか?と辟易する。
しっかり、とは
堅固で安定しているさま、また、確実、着実であるさまを表わす、といった意味だそうだ。
意思(意志)を持った言葉であるが、状況に応じて必要な目標、施策、どうしてそうするのかについての考え、ひいては科学的な根拠や実験結果などを述べることが必須なのではないだろうか。

お上というのは、
国民の代表であり、国民が少なくとも最低限、健全で幸せに暮らすための仕事をする人たち。
代弁者であることが、代議士、政治家というもの。
と私は考えているのだが、違うのだろうか?
違っていなければ、国民の意見に耳を傾けることが大事な仕事のひとつ、いや、一番大事な責務でもあるのだと思うが、違うのだろうか。

またこの世の中は、常に赤を赤だという意見の人たちだけでは決してないしあってもいけない。
それは歴史が証明してきたはず。

少なくとも、
他者の意見に耳を傾けた上で、何かを決めるということは、いわば、社会が社会である最低のルールではないのだろうか。
そんなルールの上で決まったことならば、時に全てを受け入れることができなくても、自分の身の処し方を考えることはできる。

何だかすべてが猪突猛進、しっかりだけで、押し切られようとしている。
相撲でいくと、寄り切り。
寄り切られてしまうのは、我々国民の無関心さの歴史の責任も半分。
これからどんな未来になっていくのだろう。


2019/3/21 | 投稿者: Maysico

試合終了後、記者会見だそうだ。
『内容については本人のみぞ知る』とのことだが、8回の降板の際には東京ドーム中が「ありがとう、お疲れ様」の大声援が。
そして、シアトルマリナーズのチームメートひとりひとりとハグして去っていった。
どうやら今日でお別れらしい。
先発の菊池雄星君もチームメートも泣いていた。私も。

18歳から45歳まで、野球選手としては長い選手生活だったし、その間には数々の記録を作り、アメリカで真に尊敬される人物であることは間違いない。
国民栄誉賞も辞退したが、そういうところも大好き。
「まだ途中ですから」って。
そうよね、私などが賛同するのは失礼だが、まだ途中だった。
一番印象的だったのはWBCの2006年そしてなんといっても2009年。
https://no-05.com/wbc-2009/

メジャーのシーズン直前というのに、イチローさんは出場した。
しかもどうやらこの人は、個人のタイトルよりも記録よりも、
チームで勝つこと、皆でちからをあわせて勝つこと。
そのために野球をやっていて、生きているらしかった。
ずっと絶不調だった最後の最後に打った2009年のヒット、
優勝した後の子供のような無邪気な顔が忘れられない。
自分も仕事をキャンセルして、全試合を観ていた。
だってこんなこと一生に何回あるか。二度とないかもしれないのだ。

日々淡々と変わらず精進していく日常。
究極を言うと毎日が同じ。
レベルは違いすぎるが、自分もそうありたいといつも思う。
毎日が同じ。日々淡々と。
自分にとっては音楽と共にある日々の暮らしだが、他に何かやりたいことは究極いうとない。
楽しいかどうかと言われると、楽しいという形容詞ではないかもしれない。
でも充分すぎる。
だからこそイチローさんが大好きだった。

物事にはいつか終わりが来る。
寂しいけれど、イチローさんありがとう。

タグ: イチロー

2016/8/17 | 投稿者: Maysico

リオオリンピックも終盤を迎えました。
毎日朝方まで中継を見ては、ついついもらい泣きをする日々です。
どんな競技の選手も、いったいどれだけの努力を重ねてきたことでしょう。

銅メダルを獲った女子シンクロナイズドスイミングのふたりは、
多いときは一日12時間もの練習を3年間も続けてきたそうです。
12時間...
毎日が地獄かと思いました、の言葉は印象的でした。
個人練習はともかくも、誰かと一緒に繰り返す練習はどれほどのものでしょうか。
自分ではない他者。
苛立ちもあるでしょう。
私たちミュージシャンも、チームとしての練習を繰り返す努力を忘れていないでしょうか?
練習は決して裏切らないです、との石川佳純さんの言葉は、
個人としてもチームとしても、自分にとってうなずくことばかりです。


2010/6/13 | 投稿者: Maysico

本当にいい話。
地方の人口現象、特に郊外の都市、村部の状態はひどい。

一昨年だったか、何十年ぶりかで柳川の川下りをしたけれど、
周辺の空き地、とFOR RENTの看板の多さに正直驚いてしまった。
こうなると川下りの情緒も半分のような・・・だった。

たまに田舎に行く。
するとそこにもコンピューターや携帯なんてものは普通にあるけれど(当たり前か)
しかしあるのは都会の生活とはやはり違うゆったりとした時間と、基本アナログの生活。
今や携帯がないと心から困ってしまうけれど、そんなものもともとはなかったもんね。
情報だってやっぱり少ない。
これだけ世界中で同じものが見られる状況なのに、やっぱり違う。

村長さん、頑張りましたね。南アフリカなんて遥々遠くまでご苦労様。
たとえ、それが中津川の宣伝のためだったとしても、あんな遠くまで行かない。
九州人の、田舎の民の情の深さ。バンザイ。


2009/3/23 | 投稿者: Maysico

今日は何人の人がこの話題で記事を書くのだろう。
バンザイ!!アメリカ撃破。

8回、6-4に追いつかれた日本が猛攻、3点をたたき出したとき。
相手チームであるアメリカの
”人間があきらめる瞬間”を久々に見た気がした。
あれは、ただ打って打たれてというだけでなく、
人間の執念と信念みたいなものが、少しだけ(本当はものすごくと言いたいところだが)アメリカに勝ったのだと思う。

オリンピックの女子ソフトボールのピッチャー上野さんも、金メダルを取ったときそう言っていたっけ。
まさに日本の執念にマイッタっという感じだった。

水際に強い日本人を見ていると、やはりシンプルに嬉しいし勇気をもらう。

観戦していた王さんも嬉しかったことだろう。
城島、川崎、杉内、、
ふくおか!ソフトバンク球団の選手が多いのも嬉しい。
私は、福岡で川崎とすれ違ったもんね〜!!!
やっぱりかっこよかった。宗りん。

明日勝ってくれ!頑張って!




AutoPage最新お知らせ