2010/2/7

今度は愛妻家  映画,読書

今日は朝一番から妻と映画を観てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

「今度は愛妻家」
薬師丸ひろ子の演技が光っていました。
日常を大事にしていなかった男の後悔と悲しみ。
ひねりの部分はそれほどすごいとは思いませんでしたが、時間の中の一人残された男のせつなさを感じました。
今をもっと大切にしなければ と思いました。
すべての人にお勧めの作品でした。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ