2007/5/12

SONY Cyber Shot T100  小物

先日 ほぼ毎日ズボンの後ろポケットに入っていたデジカメ T10が死んだ。
修理という手もあるがこの分野での進歩はすごい。
特別愛着のあったものではなかったので、電気屋さんに行ってみると やはり新製品があった。
しかし、これは今までのカメラの方が小さく、どうかとも考えたが画素数がアップしていたので購入してしまった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

左がT100、右がT10。
表はさほどいいようには思わないが、裏は液晶の大きさがずいぶん違う。
使ってみて また驚いた。
使いやすいしピントや明るさにおいてもずいぶん違う。
これは買って正解でした。

ちなみに写真の上はmicroSDとそのアダプター。
この写真はhTc X01HTで撮ったもの。
そのメモリがmicroSD。
この小さなものに1G 入るなんて すごい時代。
時代の進歩って すごいですね。 
0

2007/5/11

超簡単クッキング  飲食

今日もいそがしい・・。
昼ごはんの時間ができたのは夕方4時。
5時から仕事。
何か食べないと・・・。
冷蔵庫には野菜サラダがあった。
大き目のスープカップにサラダをいれ、溶いた卵をかけて、ラップしてレンジ。
2分で出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します

中はとろりといい感じ。
これでもう少しの間 仕事がんばります。
0

2007/5/10

メバチマグロ  飲食

クリックすると元のサイズで表示します
昨日買ってきたマグロ。
お店のおばちゃんに勧められた。
このおばちゃんはいつもその日の中でおいしいものをキチンと勧めてくれる。
生きた白魚や のれそれ 深層海用水に入ったウニ、ヒオウギ貝、手長エビにアカザエビ等おいしいものが時々置いてある。
さて刺身で食べるか、炙るか、焼くか?
で、表面を焼いて中はレアにしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

刺身は沢山食べれないので、ちょっと火を入れてやるのが好きです。
わさびとしょうゆで、うーん美味。
満足でした。

0

2007/5/9

一人用調理具  小物

最近 昼ごはんを自炊するのが楽しい。
というか、好きなものを好きなだけ食べれるのがうれしい。
昨日は無性に味噌汁が食べたくなり、昆布で出汁をとり若布の味噌汁を作り3杯飲んだ。
鰹節でも出汁を取りたかったけれど 濾すのが面倒だったのでやめた。
で、今日 近所のスーパーへ行くと金物市をやっていた。
大きなものから小さなものまでいろいろ。
最近調理具を見るとたのしい・・。
で、普段あまり目にしない小さな道具をいろいろ買ってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
買いすぎ・・・。
写真では分かりにくいけど どれもとても小さな一人用。
ラーメン用お鍋、蒸し器の下敷き、味噌濾し、バターを溶かす鍋、お玉と出汁やお茶を入れる網類。
うーん 満足。
果たして本当に使うのか?
とりあえず明日 職場に持っていこう。
0

2007/5/8

ニューウェーブ  ガーデニング

春の陽気。
仕事は 忙しい・・・。
オフ会を楽しみに がんばらなければ・・・。

職場の屋上ではバラがいっぱい咲き出しています。
植物の世話をしながら 癒されています。

同じ木でも、時期やタイミングで花の表情が全然違って見えます。
今日は「ニューウェーブ」3連発。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

表情がちがって 見ていて飽きません。

0

2007/5/7

地下鉄に乗って  映画,読書

GWの最後に観たのが浅田次郎氏の「地下鉄に乗って」です。
これも原作は読んでいたので、どのように表現するか楽しみにしていた映画です。
この映画もよくできた映画でした。
ちょっと原作の内容を忘れていた所もあり、映画を観てもすぐに理解ができなかった所があったので、DVDをところどころ戻りながら観ました。
俳優陣が みんないい味を出していました。
時間が経てばまた観てもいいかな?と思います。
ただ、子供には見せたくないシーンがあったのでご注意を。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/5/6

ジェネラル・ルージュの凱旋  映画,読書

クリックすると元のサイズで表示します
今年のGWは読書・DVD三昧。
のんびり読書って最高の贅沢。
で、昨日は海堂 尊氏の「ジェネラル・ルージュの凱旋」。
今回は救急医療が舞台。
この人の本は本当に面白い。
「チーム バチスタの栄光」、「ナイチンゲールの沈黙」、「螺鈿迷宮」とどれも面白かった。
シリーズものなので、今までのつながりがあるので、だんだん面白さが増えてくる感じ。
面白いだけでなく、問題提議が随所に見られる。
できれば順番に読んでいった方が面白いと思います。

0

2007/5/5

父親たちの星条旗  映画,読書

今年のGWは本当にのんびり。
昨日は久しぶりにコスモを動かすと内装がミシミシ。
ちょっと走るともとに戻り、機関系は調子良好。

早寝、早起きで21時就寝、6時起床。
今朝も起きてすぐ、「父親たちの星条旗」を早速見ました。
硫黄島からの手紙とあわせてみると なおいい作品です。
DVDのジャケットには「戦争を終らせた1枚の写真。その真実。」、
「兵士たちは国のために戦ったが、若者たちは友のために死んでいったのだ、という作品の根底に流れる一貫した視点で、戦場における英雄と本当の勇気とは何かを問いかける。激しく感情を揺さぶる、真実の物語。」って書いています。
確かに現場の一線では兵士たちの人間関係も描かれていますが、戦場に向かう戦艦から転落した兵士を助けることなく見捨てて進んでいきます。
若者の命が消えていく、残された者たちの心の中など、ヒーローに仕立て上げられた兵士たちの葛藤や戦場の裏側などが描かれています。
日本でもアメリカでも多くの人に見てもらいたい作品だと感じました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/5/4

硫黄島からの手紙  映画,読書

昨日は「父親たちの星条旗」のDVDの発売日。
DVDは買ってきました。
その前に「硫黄島からの手紙」を見なきゃってことで見ました。
よくできた映画でした。
この映画をアメリカ人のクリント イーストウッドが作ったところに意味があると思います。
ザ ラスト侍でもそうですが、昔の日本人は信念があったと思います。
第二次世界大戦ではおかしな信念でしたが、個人の人間としては美しい存在だったと思います。
そのことを他の国の人が認めてくれるということは非常にいいことだと感じました。
それが現代では崩れつつあることは悲しいことではありますが。
経済至上主義ではなく、いいことはいい 悪いことは悪いと信念をもって生きていきたいと思いました。
0

2007/5/3

鈍感力  映画,読書

さあ 今日から4連休。
今年は特に行事はなし。
ゆっくり読書とDVD鑑賞をするつもり。
で、今日は渡辺淳一氏「鈍感力」を読みました。
感想は「まあ そうかな」という感じ。
どうしてこの本を読もうかと思ったかというと、とにかく渡辺淳一氏の本が読みたくて本屋さんへ行ったら、ドンと積んであったのがこれ。
以前 京都のバーへ行ったところ、実はそこは渡辺淳一氏の行きつけだった。
元 芸子さんのママさんがとってもいい方でサインならいつでももらってくれるし、居合わせたら紹介してくれるとのこと。
で、読んだことが無かったので、読んでおかなきゃって買ってきたが、もっと代表作を買ってくればよかったと後悔。
このGWに読む本とDVDは用意済みなので、渡辺淳一氏の代表作を読むのは先送り。
いつになることやら・・。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ