2011/9/30

水曜の朝、午前3時  映画,読書

最近 お酒が美味しくない。
ちょっと 疲れ気味。


クリックすると元のサイズで表示します

蓮見圭一氏の「水曜の朝、午前3時」。

池上冬樹氏の解説には
本書はオールド ファッションド ラブソングである。

人間たちが味わう感情、その喜びと不安と哀しみを切実に響かせて、ときにエモーショナルに、ときに内省に沈み、人生の宝探しにおいて必要な豊かな感情と、そして指針となるべき思索をさずけてくれるのである。

とあります。

とてもいい小説。
人生のいろいろな苦労、回り道はすべて、人生の宝物を見つけるためのもの。
主人公は感情の人ですが、共感はもてます。
前向きに生きていける とてもいい作品でした。。



「へしこ」

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ