2007/3/8

モルヒネ  映画,読書

週末の群馬定食屋オフに参加するのに 道中 時間がたっぷりあったので、この本 安達千夏氏の「モルヒネ」を読みました。
ちょっと暗ーい 恋愛小説です。

クリックすると元のサイズで表示します

虐待をする父親により母が自殺。
小学生と幼稚園児の姉妹でほぼ生活をしている中、父の暴力により姉が死亡、父親が拘留。
その妹が施設から養女にいき、医師になり終末期医療に携わる。
突然いなくなったはずの大学時代のピアニストの恋人が仕事をしているときに患者として現れる。
そこから物語がすすんでいきます。
自分の境遇、人の死、人への思い、支えてくれる人々。
いろいろなテーマがあって、いろいろな感じ方がある本だと思います。
すべての人に薦める本ではないように思いますが、私は読んでよかった もう一度読み直したいと思える作品でした。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ