2007/12/26

そのときは彼によろしく  映画,読書

連休中にもう一本DVDを観ました。
原作は以前読んでいて、是非映画も観たいと思っていた{そのときは彼によろしく」です。
原作も涙を流しながら読みました。
大体 映画より原作の方が好きなことが多いのですが、これは映画もすごくよかったと思います。
幼馴染の友情がメインですが、主人公のお父さん(お母さんも)すごくいい人で感動します。
ファンタジーで 以前はこのような映画は観ようともしなかったのに、最近は素直に観れます。
若い頃は映画で涙することもなかったのに、最近はぼろぼろ涙してしまいます。
これは子供から大人まで みんなにおすすめの一本です。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ