2008/1/23

火車  映画,読書

今日の大阪も冷たい雨。
雪でないだけ、少しましか・・・。

先週から読んでいた 宮部みゆき氏の「火車」を読み終えました。
580ページぐらいある わりと分厚い本でした。
刑事物のミステリーで、クレジットカードやローンの社会的問題をテーマに、被害者や加害者の人間模様が描かれています。
人の幸せや今の経済社会のあり方等を考えさせられました。
読むのに1週間ぐらいかかりました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ