2007/4/29

中間台車ご乱心  電波ゆんゆん
堅い活字が続いているので、ビジュアル系(?)のお馬鹿話を1つ。

クリックすると元のサイズで表示します
<DD51 on R243>

上写真は、TOMIX FineTrack(ミニレールを除く)の最急曲線となるC243-45の上に、DD51(TOMIX旧製品)を停車させた状態です。表題にも掲げているように、中間台車がカーブ外側に向かって飛び出しているのがわかります。車輪の上面がこのアングルで見えていますから、これが異常な状態だってのはご理解いただけますね。

無論、リアル鉄道模型もたしなむ方は周知と思いますが、これは本来ありえない急カーブを模型車両が通過するための工夫の1つであって、模型の瑕疵ではありません。見た目のリアリティとレイアウト上のプレイアビリティは、必ずしも一致しないってことですね。

で。

不意に、同じ状態をVRMビュワーで見たらどうなっているんだろう、と疑問に感じたので見てみました。

クリックすると元のサイズで表示します
<VRMではこうなる>


・・・ん?

中間台車車輪の上面が見えませんね。
と言うことは・・・


クリックすると元のサイズで表示します
<ご乱心>

あぁーッ!!

クリックすると元のサイズで表示します
<内側から見ると、もっとご乱心>

あぁーッ!!
0

この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ