2006/1/30 | 投稿者: ghost

I.MAGiC VRM Newsで既報の通り、工学社から「鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド」という本を出します。やっと全部校正が終わってこれから印刷所へ原稿が行きますから、出版は1ヵ月後くらいだと思います。

で、しばらくVRM侍ではその出版を記念して、こんな内容の本だよーん、買ってねー、みたいな特集をやるんですが、最初にお断り。私が略語を好まないのは皆さんご存知だとは思いますが(厳密には未定義略語が嫌いなんだけれども)何と言うか「鉄道模型シミュレーター」っつー野暮ったい(ぉぃ)正式名称に加えて「エキスパートガイド」とかいう長ったらしい名前なんで、これを繰り返し書いているとそれだけでVRM侍が埋まってしまいそうです。こんな風に。

鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド鉄道模型シミュレーター4エキスパートガイド・・・

あぁ、ハイハイ、もういいですか、そうですか。
で、略称で表記することにします。ズバリ、VRM4EG、頭文字そのまんまです。実はこれは企画を立ち上げた当初から考えていたことなんですが、最初は「アルティメット(究極)ガイド」っていうタイトルにしようと思ってたんです。これを同じように略すと、VRM4UG、でしょ。で、UG、ってのが「アンダーグラウンド(地下活動)」を想起させて、出版計画を半年以上に渡って秘密にしつつ、しかも、まったくそれを気付かせないほどに表の世界で暴れまくっていたボクに似合うじゃないですか。

それはさておき、VRM4EG、です。EGなんでEasyって読んでもいいですね。でも、決して生易しい本じゃないです。なんせ、20万字も書きましたから。拙著「鉄道模型シミュレーター レイアウト設計と製作」の倍以上です。あれも鉄道模型の本とは思えないほど活字に溢れた本でしたが、今回はなおひどい。

ただ、誤解を招かないように申し上げておきますと、純粋に鉄道模型愛好家を対象とした「研究書」として書いた前著と異なり、VRM4EGはその名の通り、VRMビギナーをエキスパートへと脱皮させる導きの書、という位置づけの本ですので、決して難しい本ではありません。豊富な図版とサンプルでわかりやすく書いてあります。字数が多いのは、それだけ取り扱っている話題が多岐に渡るからだ、とご理解ください。
0




AutoPage最新お知らせ