2006/1/15

kNRニュースが面白い  誉め殺し
2004年度レイアウトコンテストの覇者である啓明氏

昨年のレイアウトコンテストを意外にもスルーされて以来、まったく沈黙されておられるわけでもないのだが、今ひとつ元気に欠けるのではないかと勝手に気を揉んでいたのだが、今年に入って、これまた意外な展開を見せておいでなので御座候。

ビートルズの有名なレコードジャケットのパロディになっているスクリーンショット(恥ずかしながら「あれ、これってどこかで?」と思いつつ、はやぶさ氏のコメントを読むまで気が付きませんでした、切腹)から始まる一連のシリーズ(なのかな?)は、一見しておいちゃん氏お家芸の「紙芝居」のようであって、また少し違うようなので御座る。
おいちゃん氏のそれが俯瞰視点を中心に、トラックプランのダイナミズムに注目して展開されているのに対し、啓明氏のそれは近接視点を中心に、何気ないストラクチャ配置の妙に注目しておられるように思われる也。これまた、先にJunichi氏の動画作品に触れて論じた「VRMレイアウト作品をなんらかの形で衆目に晒さんとするとき、自身のこだわりに相応しい方法論を取る」という話の実例と言えるのでは御座候わずや。

何はともあれ、今しばらくはkNRニュースから目が離せないので御座る。何が飛び出すか、身句意整えて拝見すべし。

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ