2006/1/16

VRM4における目線誘導技術(6)  VRM4魔法書庫
地上カメラ制御列車の応用例で何か面白いものが作れないかと思案していたのですが、不意に思いついたので組み上げてみました。良かったら使ってみてください、ちょっと気持ち悪いですが。

[Download] gws/1.0くるくるカメラキット(β版/334KB)

LZH圧縮されたアーカイブをダウンロードし、適当なツールで解凍してください。中身はテンプレートとなるVRM4レイアウトファイルが1つ、設定変更/新規組み込み用のスクロールが1つと簡易な取扱説明書(readme.txt)です。スクロールはお手元のPCのVRM4がインストールされているフォルダにある wizard フォルダ に放り込んでください。詳しい利用方法については取扱説明書をご参照あれかし。

● 何が出来るのか

デモムービーを作ってみました、こちら。レイアウト上の一地点から360度周囲を展望できるカメラ、という表現でご理解いただけますでしょうか。言葉で説明するよりも、とりあえず組み込んでいただいた方が早いです。

● 利用上の注意点

ムービーでみるとそれほどでもないですが、VRMビュワーで見ると、特に制御列車の速度が速い場合に結構気持ち悪いです。ぶんぶん回すと、吐けちゃうかも知れませんので注意してください。

● 何の役に立つのか

これ自体は特に何も。
後日リリース予定のこの仕組みを外部(センサー)から制御するスクロールによって、被写体編成の動きと独立した任意の目線を投げるカメラを作ることが出来ます。ある意味において、現行VRM4で実現可能な究極の目線誘導兵器です。

0

2006/1/16

冷淡な燃料投下  電波ゆんゆん
fox氏がこの週末に続けて公開されたこれこれについて一言。
おそらく、氏が一番言いたいのは、
手間のかかる事が軽視されて、容易に行なう事が重視されやすい環境では、表現力の根幹にある知識と経験の積み重ねは薄れて行ってしまうように感じたまでの次第です。

なのだろうとは思います。
私自身、具体的な作例などを通さずに、ただ「VRMは不自由だ」「もっと楽にしろ」とだけ発言される方々を苦々しく感じていないワケでもないので、わからないでもないんですが、敢えて申し上げると、それも「論者の立場に依存した程度の問題では?」という気がします。

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ