2006/1/31

2006年1月のまとめ  月刊まとめ
VRM4EG登場のお膳立てをするかの如く、ネットVRM界史上最高の盛り上がりを見せた2006年1月のまとめ。

● 今月のMVPは文句なしにmokoタンに決定!

今、最も注目すべきネットVRMユーザー、それはmoko氏であると申し上げたい。飄々と意表を衝いたネタを出してくるその天性は要注意なので御座候。
<関連記事>
ちょwwwおまwww笑www
方向幕が変更できない?
Good Job!!

● ネットVRM界にも遅れ馳せながらお笑いブーム?

moko氏もそうだが(いや、狙っているワケでもあるまいが)今月は胃がよじれるようなネタが飛び交ったお笑い月間でもあるワケで。
<関連記事>
ちょwwwおまwww透けwww
驚いた話
チャンスだ、キサロハ
自家中毒な話
長老も進め!!
HOBBY WORLDの鉄道写真掲示板へのリンクがわかりにくい件
  ※不幸な出来事もあったが「祭り」は最高に面白かった。
   この時間を用意してくれたfox & RYOMA両氏に多謝。
世の中には概ね三種類の人間しかいない件
やっぱり無視できない
敢えて言おう!!

● 仁義なきネットVRM界、抗争勃発か!?

お笑いと並行して、こういうことが起きるのも、これまたネットVRM界の摩訶不思議なところ。
<関連記事>
疑惑
経緯だけを淡々と
お早いお帰りを寿いで
テメェら、叩ッ斬ってやる!!

● 自薦論考

冷淡な燃料投下
VRMは売れているのか、という素朴な疑問
たまにはとっても真面目な話

以上、2006年1月のまとめにて御座候。
0

2006/1/31

わからない人のありがたさ  VRM4EG
読者の皆さんは既に「VRM4EGってどんなんやねん、そら出せ、やれ出せ」状態かと思いますし、そうであっていただかないと困る(笑)んですが、ちょっと寄り道させてください。私の大切な職場の友人についてのお話です。

Kさんという方がおられて、私よりも少し年上で、高山本線をこよなく愛する鉄道マニアです。今頃VRM News Vol.40を読んで・・・

キハ82!!
!!(・∀・)ぽっぽー!!


だと思います。いや、それはさておき。
実はこれまでに二回、拙Webで話題になってる方です。一回目は、VRM→Nで600x900mmで碓氷峠を作れという無茶を言い出したのがこの人です。それから職場でVRM侍を読んでいて同僚に突っ込まれたのもこの人です。

困った人です...

いや、そういう冗談はさておき。
この方は、私の直接の影響でVRMユーザーになった、現時点で把握している唯一の人でもあります。で、ご本人には申し訳ないのですが、VRMのスキルは駄目です。お手上げみたいです。
で、なぜその人をここで紹介するかと言うと、実は彼こそが拙著「鉄道模型シミュレーター レイアウト設計と製作」、そして今般出版されるVRM4EGの縁の下の力持ちだからです。

「VRMのスキルが駄目なのに?」
皆さんはそう思ったかも知れません。が、それは謬見です。彼は私にとって、日常的に直接お話しすることの出来る唯一のVRMユーザーです。みなさんから見ると、私は何の迷いも躊躇いもなくVRMネタを振りまいているように見えるかも知れませんが、実は常に悩み続けています。毎自作是念以何令衆生得入無上道速成就仏身ですよ、あぁ、意味不明ですね。
とにかく、どうすればネットVRM界隈の皆さんにVRMの面白さが伝わるか、より楽しんでいただけるようになるか、をずーっと考えてるってことです。

で、ここに1つの限界があります。
これは自慢でも何でもないですが、私は本職がIT筋ですし、ゲームプログラミングにも趣味レベルですが精通していて、しかも教育筋で大学院での専門教育を受けています。ですから、VRMの大抵のことはすぐに理解して使いこなせるし、VRMシステムの内部動作もだいたい把握できるし、それを人にわかるように文章にするのもお手のものです。
ですが。だからこそ、私には限界があって、それは「わからない人が何がわからないのか想像がつかない」ということなんです。もちろん、予測はできます。学校の先生だって、児童・生徒が何がわからないのか、どこでつまづくのかを分析・研究しながら指導案を作ってやっていくワケで、それと同じです。でも、わからない人の生の気持ちであるとか、本当はどうして欲しいのか、たとえそれが不条理・非合理なものであっても真のニーズとされるところ、が私には実感をもって理解できません。

そこでKさんの登場になります。私はKさんに上に書いたような私の限界をお話しした上で、わからない人の代表としてわからないなりの声を聞かせて欲しいとお願いしました。今思えば非常に失礼なことかとは思うんですが、彼は別に嫌な顔をするでもなく、快諾してくれました。以来、もちろん大人の世界の事情から彼にも話せないことはあるワケですが、本の草稿も含めて、彼には私の手がけている作業についてなるべく見ていただき、どこがわからないか、わからない人は何を求めるか、についてずっとアドバイスをいただいてきたワケです。
これにどれだけ私が救われたか、ということは、おそらくご理解いただけないとは思いますが、前著にせよVRM4EGにせよ、執筆中に投げ出したくなるような、死にたくなるような気分に陥ったことは一度ならずあります。それくらい全身全霊を賭けてやってます、執筆。VRM侍で手を抜いてるってことはないですが、やはり、読者の方からお金をいただくというプレッシャーは、想像を絶するものです。そういうときに、私が考えもしなかった視点をひょいと出して来て、リフレッシュさせてくれたのがKさんと、他ならぬ私の妻なんですね、と、ちょっとノロケ。

Kさんは、決して上品な方ではありませんが、仕事の面では極めて優秀な方です。私の勤める現場で、彼は毎日云億円というお金の出入りを滞りなく管理する重要なポジションに居て、しかも、手順化されたフローに甘んじることなく、常に「より確実に、より効率的に」を目指して改善と勉強を怠らないエネルギッシュな方です。が、VRMについてはやはり素人です。で、このキレ者だけれどもVRMではイケてない友人が、陰で私を支えていてくれたんだよ、という話は、皆さんにお伝えしておきたいと思いました。

この話の意味するところは、もちろんKさんへの表敬ですが、同時に、もしも読者の皆さんに「自分はghostや啓明さんやしおじさんみたいにVRMには詳しくないから何も言えないな」とお考えの方がおられるとしたら、その間違いに気付いて欲しい、ということです。
わかる人間のうち、自分の知見を他の方にシェアして分かち合いたい、高め合いたいという志を持っている人は、例外なく「わからない人の視点」に飢えています。わかる人間だけに価値があるのではありません。わからない人にも同等の、いや、ときにそれ以上の価値があるのだ、ということを、私とKさんの親交を通して感じていただければ幸いです。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ